国内

財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える

「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)

「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)

 借りたものをそのままパクる、自分のものにしてしまうことを俗に「借りパク」と呼び、セコい、卑しいなど蔑みの意味を込めて使われている。その借りパクをするつもりかと疑いたくなるのが交通事故で重い障害を負った人の療養などに充てる自賠責保険(自動車損害賠償保険)を借りたままの財務省。鈴木俊一財務相が「申し訳ないと思っているが、そういう中で着実に確実に繰り戻し、誠意をもってお返ししていくことが大切だと思っている」と会見で述べて話題となった。俳人で著作家の日野百草氏が、借りパク疑惑があるなか値上げが決まっている自賠責保険の行く末について考えた。

 * * *
 自動車、オートバイなどユーザーすべてが強制的に入る自賠責(自動車損害賠償責任)保険。交通事故被害者の救済と、ユーザーの対人賠償に使われるとされてきた自賠責が、約6000億円(5952億円・2022年度末)も政府および財務省の便利なお財布として使われたまま、今日現在も完済されない。

 そして貸し出している側の国土交通省は「被害者支援の充実」として2023年度からの賦課金(現在32円)の値上げを発表した。被害者支援を充実させるためと言うなら財務省が6000億円、耳を揃えて返せば済む話を一般ユーザー=国民に対する値上げで対応するとした。最大で150円、額だけ見ればたいしたことはないと思うかもしれないが、もとを正せば財務省が返さないままの6000億円を返せば済む話で、財務省が返さないから国民に負担では納得できるはずもない。筆者はこの件を各媒体で取り上げてきたが、運用益の低金利による減少は仕方がないにせよ、財務省が返さないから値上げなのに「被害者支援を充実」という言い訳はあまりに理不尽であり、「ごまかし」であると受け止められても仕方のない話である。

 これに対して2022年11月11日、鈴木俊一財務大臣は「申し訳ない」と述べた。そして「1回でお返しするのは無理」として完済の目処のないことも認めた。2022年度は54億円の返済でこのままなら100年経っても完済できない。鈴木財務相はこれに7億円の繰り戻しと補正予算の12.5億円を追加すると表明したが、このペースでも完済まで85年かかる。つまり22世紀まで自賠責の積立金は返ってこない。

 2017年、当時のJAF(日本自動車連盟)会長はこの件に関して「踏み倒されるのでは」と予期していたが、まさしく、こんな返済計画は政府および財務省による「事実上の踏み倒し」宣言と言っても構わないだろう。そもそも、この6000億円は自賠責の積立金であり、道路特定財源などの目的税を一般会計に留保するなどの手口とも違う。民間ならば「詐欺」「泥棒」のそしりを受けても仕方のない行為である。

 しかし不思議なことに、この返済先延ばしの値上げは与野党による圧倒的多数で2022年6月9日に可決、成立している(6月15日公布)。自民、公明、国民、立憲、維新が賛成に回り、反対は共産党とれいわ、院内会派の有志の会のみである。これはどういうことか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン