国内

眞子さん、極秘通院を支える2人の日本人女医 佳代さんは「お金がなくて」が口癖

近頃はメンタルの波が激しいという(写真は昨年末)

近頃はメンタルの波が激しいという(写真は昨年末)

 午前9時過ぎ、ニューヨーク・マンハッタンの中心地区で非常事態が発生した。消防車がけたたましいサイレンを響かせながら、クリスマスの飾り付けで華やぐ12月中旬の街並みを疾走し、現場の高級マンションに急ぐ。火事だ。10名ほどの消防士が我先にと建物の中へ消えていくと同時に、鳴り響く非常ベルに驚いた住人たちが、着の身着のままで飛び出してくる。

 30分ほど経過しただろうか。大事に至ることなく無事に鎮火され、消防士はホッとした表情を見せた。幸いボヤで済んだものの、もしも大惨事となっていたら、住人だけでなく日本中が言葉を失っただろう。現場マンションは小室圭さんと眞子さんの自宅でもあるからだ──。

 小室さん夫婦がニューヨークで暮らして1年が経った。当初こそ、スーパーマーケットで買い物を楽しむ眞子さんや、仲睦まじく手をつないで散歩をするふたりの姿が頻繁に目撃されたものだが、最近は影を潜めているようだ。近所の行きつけのベーカリーの店員も「前はよく来ていたけれど、かれこれ1か月以上見ていない」と話す。在米の日系メディア関係者の話。

「最近、小室さんが法律事務所に出勤しているかどうかは疑わしいです。以前はだいたい決まった時間に歩いて職場に向かっていたのをよく見かけたけれど、最近はその様子すらない。引っ越したのではないかと噂が立ったほどです」

 生活が様変わりした理由の1つには、ニューヨーク州司法試験合格が挙げられるだろう。小室さんは、法務助手を卒業し、早ければ年明けにも弁護士として働く見込みだ。

「出社するかリモートで勤務するかは、基本的に個人の裁量です。対面ミーティングなどで出社する必要がないスタッフは、自宅で作業をすることも多いですね。そもそも12月頭から休暇に入っているスタッフも一定数いて、なかには新年まで休む人もいます」(小室さんの勤務先関係者)

 もう1つの理由は眞子さんの体調面にありそうだ。

「聞いたところによると、近頃の眞子さんは気持ちの浮き沈みが激しい様子だといいます。渡米前から複雑性PTSDを患っていると公表していましたからね……。小室さんは妻につきっきりでいるために、出勤日数をセーブしているとも聞きました。眞子さんの外出機会はめっきり減り、スーパーなどへの買い出しは、デリバリーを頼っているとか。ただし、内密にメンタルケアと妊娠のための通院はしているそうですよ」(在米ジャーナリスト)

 眞子さんは人一倍芯が強く、一度決めたことは最後まで貫き通すことで知られる。“完璧主義”ともとれる彼女の降嫁後の生活はかねて心配されてきた。

「皇室では職員が身の回りのお世話をしていましたから、眞子さんにとって家事や家計管理は初めての体験でしょう。加えて妊活ともなると、パンクしてしまうのではないかと……」(宮内庁関係者)

 そうした事態を憂慮してか、現在も在ニューヨーク日本国総領事館には秋篠宮さまと昵懇の総領事が着任し “小室家担当”のスタッフが配置されているという。

「眞子さんは相談先として総領事館を頼りにしています。妊活や病院のことも密に連絡を取り合っているでしょうね」(前出・在米ジャーナリスト)

 皇室にいた頃の眞子さんは、東京の「セレブ産院御三家」の1つである愛育病院(東京・港区)にかかることが多かった。紀子さまが悠仁さまを出産されたこともあり、秋篠宮家と同院の縁は深い。なかでも特筆すべきは、悠仁さまの出産チームの一員で、現在は名誉院長の産婦人科医・安達知子氏と眞子さんとの関係だ。

「安達氏は2022年の春以降に極秘渡米し、眞子さんに接触して妊娠や出産に関するアドバイスを授けたそうです。旧知の同性同士、相談しやすい面もあったのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 とはいえ安達氏の拠点は東京であり、日常的に眞子さんに寄り添うのは難しい。そこで浮上したのが、2人の日本人女性医師だという。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン