(時事通信フォト)

海外メディアも報道(時事通信フォト)

「動画を売ったらお金になるかも」

 BBCの報道に続き、『週刊文春』の取材に応じるなどして、この問題を訴えたのが元Jr.のカウアン・オカモト氏(26才)だった。4月12日、カウアン氏は日本外国特派員協会で会見を開き、被害の実態を実名告発した。

「事務所に在籍していた2012年から2016年までの4年間に、合宿所と呼ばれるジャニー氏の自宅などで15回以上にわたって性的な被害を受けたといいます。初めて行為があったのは15才のときで、当時ジャニー氏は81才。合宿所に出入りしていたJr.のほぼ全員が被害に遭い、4年間のうちに『100から200人は被害に遭っていたと思う』と話し、世間に衝撃を与えました」(前出・芸能関係者)

 もっともリュウ氏はそれらの数字には懐疑的だ。

「4年間で200人はさすがに考えられないと思います。ぼくはジャニーさんに合鍵を渡されて合宿所に出入りしていましたが、そんなに大勢が出入りするのを見たことがない。ほかの人はたいていジャニーさんの車で来ていたので、一度に来る人数は限られていました」

 それでも人数の多寡にかかわらず、判断能力が充分とは言えない少年への性虐待は、それが事実なら許されざる行為である。勇気ある告発者となったカウアン氏とはいかなる人物なのか。

「両親はともに日系ブラジル人で同期はKing & Princeの平野紫耀さんら。Sexy Zoneのバックで踊っていた頃から、ソロで歌を披露するほど目立つ存在でした。ポルトガル語と英語に堪能でジャニーさんとは流ちょうな英語でコミュニケーションを取ることもあったようです。平野さんと神宮寺勇太さん、岩橋玄樹さんの4人で『Sexy Boyz』というグループとして活動した時期もありました」(別の芸能関係者)

 2016年の退所後、一時は同時期に辞めた3人のJr.とANTIMEというグループで活動していた。ルーツのあるブラジルと日本の懸け橋になることを目標に、ブラジルでも活動したが、ここ数年は拠点を日本に置いていた。コロナ禍の影響もあり、活動が制限され苦しんでいた面もあったという。元同居人でミュージシャンのDuuy氏が意外な素顔を明かす。

「カウアンさんとは2022年1月から半年ほど一緒に過ごしていました。地方にいたぼくに一緒に音楽をやろうと声をかけてくれて引っ越し費用も出してくれたのですが、上京後に指示された仕事はFXの運用でした。最終的には200万円以上の損失を出し、借りてないお金の借用書を書かされたこともあります。“根性を叩き直せ”と引っ越しのバイトをやらされましたが給料は取られ、ほかの仕事でも、まともなギャラは払ってもらえませんでした」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン