スポーツ

羽生結弦、“母は拒否した”お相手は「仙台の一般人」「周囲が安心できる存在」 億ションで繰り広げられた家族の葛藤

アイスショーへの出演を続け、多くのファンを魅了している(写真/AFP=時事)

アイスショーへの出演を続け、多くのファンを魅了している(写真/AFP=時事)

 完成から間もない宮城県仙台市内のマンションを、羽生結弦(28才)が購入したのは、プロ転向を表明する前の昨年3月のことだ。仙台市内で屈指の高級住宅地に立つマンションの最上階は、約100平方メートルの1室の価格が1億円をくだらない「億ション」。羽生はそんな高級物件の「隣り合った2部屋」を購入していた。そのときから、羽生と意中の相手・X子さんとの「億ション同居」と「入籍発表」までの壮大な計画が動き出していた──。

《この度、私、羽生結弦は入籍する運びとなりました》

 羽生が自身の公式SNSにそう綴ったのは、8月4日の夜だった。一粒万倍日、天赦日、大安の3つの「吉日」が重なる開運日で、「1」並びの午後11時11分の発表だった。

「メッセージには、ファンや周囲への感謝の気持ちや、今後への決意が記されていましたが、入籍までの経緯やお相手の素性には一切触れられていませんでした。ファンの中には、羽生さんをアイドル視していた人もいますし、本人もアイドル的人気を集めていたことを自覚している。入籍が少なからずファン心理に影響することを考慮して、最小限の情報発信に留めたのだと思います」(スケート関係者)

 それでも、ショックを受けたファンは多かったようだ。入籍発表の直後から、フリマアプリには羽生関連のグッズが次々出品された。中には、羽生が一面を飾ったスポーツ新聞が10年分以上まとめ売りされているものもあり、入籍を機に“卒業”を決めた長年のファンもいたようだ。

「羽生さんにとって“ファン離れ”は苦しい思いでしょう。昨年7月のプロ転向以降、羽生さんの“ファンファースト”の姿勢はより鮮明になっていましたからね。

 プロ転向時、規模の大きいマネジメント会社からの声かけは相当数あったそうです。ただ、自分の意図する活動とかけ離れた仕事が舞い込むことを懸念したようです。羽生さんはケガも多く、持病の喘息もあるから、自分のペースで活動していく環境が必要と判断したのでしょう。それが何より、ファンのためにもなると考えてのことでした」(前出・スケート関係者)

 羽生のファンファーストの気持ちは、別の面からも浮かび上がる。

「アマチュア時代、羽生さんへのインタビュー取材は、テレビや新聞、それに一部の雑誌に限定されていました。実はプロ転向時、羽生さん自身は“ネットメディアや週刊誌などにも取材の門戸を広げたい”という希望を明かしていたそうです。

 羽生さんの中には、もっとたくさんの人にスケートを知ってもらい、興味を持ってもらいたい、という思いがあるんです。そのためには幅広いメディアで自身の考えを取り上げてもらう方がいいと考えていたのでしょう。ただ、周囲は羽生さんの気持ちに猛烈に反対した。結局羽生さんが折れましたが、ファンを思っての行動が実現できなかったことに、複雑な心境だったことは想像に難くありません」(前出・スケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン