芸能

【全文公開】松本潤「嵐を壊したくない」、二宮和也と全面激突か 延期された5人での再始動計画

愛車を駆る二宮和也

松本潤と二宮和也が衝突か(写真は2023年5月)

 個性を生かしながらも、常に「グループ」に軸足を置いてきた嵐に転換点が訪れた。活動休止となった2020年末までの21年間、1人も欠けず、メンバー内での序列もなかった彼らに起こった想定外の事態。

 周りを囲む木々が少しずつ葉を落とし始め、空が秋らしく澄んだ東京・上野動物園。小さな女の子を肩車する二宮和也(40才)の傍らには、ぴったり寄り添うベビーカーを押す妻の姿があった。

「お目当てはジャイアントパンダだったようで、ニノはノーマスク。彼は今年の春からツイッター(現『X』)を始め、家族の存在を匂わせる投稿がチラホラありましたが、一家で堂々と外出するようになるとは……。心境の変化を感じましたね」(居合わせたファン)

 10月25日、旧ジャニーズの公式サイト「ファミリークラブ」から二宮の個人ページが削除された。前日に同事務所からの独立を発表したばかりだった。

 対照的なのが同じ嵐の松本潤(40才)だ。27日にFCサイトの動画で、主演するNHK大河ドラマ『どうする家康』の撮影風景を記録した初のソロ写真集を、12月に発売することを明かした。

「動画に登場した松潤は『松本潤のファンの皆さん、大野くん櫻井くん相葉くん二宮くんが好きなかたも、もしよかったら手に取ってください。買ってね!』とアピール。かなりハイテンションでした」(嵐のファン)

 ジャニー喜多川氏の性加害問題でCM契約の更新見送りなどが相次ぐなか、二宮はFCサイトで《1回目の事務所の会見以降、自分の活動にも多くの影響が起き始め、正直な話、僕も怖くなった》と記し、独立を決断した胸中を明かした。

「二宮さんは嵐のメンバーに直接、独立することを伝えたようです。気になるのは11月末で事務所を離れる岡田准一さん(42才)と違い、二宮さんが『退所』という言葉を使っていないこと。嵐の活動は続けるようなので、グループとして事務所とエージェント契約を交わす意向なのかもしれません」(芸能関係者)

 独立の2日後、Xに《朝起きて、まず仕事、問い合わせのメールを確認。今までにない動きで新鮮です》と心境を綴った二宮だが、独立発表前から異変はあったという。

「事務所の後輩3人と立ち上げたYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』の10月4日の動画では、二宮さんが『この4人で会社作った方がいいのか』と独立をほのめかす発言をしていました。事務所を離れてすぐに個人事務所の公式サイトを実姉と制作すると報告したことからも、彼の頭のなかにはずっと独立の二文字があったはずです」(前出・芸能関係者)

 二宮の独立は嵐の今後にどう影響するのか。嵐と事務所との新たな契約については、10月2日放送の『news zero』(日本テレビ系)にて、櫻井翔(41才)が「事務所で、嵐のメンバー5人揃って説明を受けました」と明かした。しかし、全メンバーが招集されたこの話し合いでは、契約以外のことも議論されていたという。

「来年のデビュー25周年イヤーを迎える嵐の再始動計画を練り直そうとしたようです。しかしジャニー氏の問題が収束しないなかでの再始動は難しいという結論に達した。25周年というタイミングを逸したことで、グループ活動に対するメンバーのモチベーションが下がってしまったことは否めません」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン