スポーツ

【阪神タイガース38年ぶり日本一】江夏豊×田淵幸一、黄金バッテリーが思う存分語り合う

江夏豊(左)と田淵幸一は今シーズンの阪神タイガースをどう見た?(撮影/藤岡雅樹)

江夏豊(左)と田淵幸一は今シーズンの阪神タイガースをどう見た?(撮影/藤岡雅樹)

 最終戦までもつれる激闘の末、38年ぶりの日本シリーズ制覇を果たした阪神タイガース。その戦いぶりをレジェンドOBはどう見たのか──。「黄金バッテリー」と呼ばれた江夏豊(75)と田淵幸一(77)が緊急対談。岡田彰布監督(65)の手腕から「4番の矜持」まで語り尽くす。

「大山はよう頑張った」

田淵:やっぱり阪神が勝つのは格別に嬉しいよな。

江夏:そりゃそうよ。ただ今年のセ・リーグはほかに脅威となるチームがいなかったな。選手の層はナンバーワンやったし、それを上手いこと使えるかどうかが、唯一の疑問やった。それを監督になった岡田が各選手の性格を見抜いて上手く起用した。色んな面でよく勉強していたと思う。

田淵:特に「四球を増やすスタイル」が大きい。犠打、犠飛を合わせた数字がリーグナンバーワン。やっぱり強いチームは細かい野球ができてる。2003年に星野(仙一)が監督でリーグ優勝した時、星野がキャンプで当時のオーナーの久万(俊二郎)さんに説教したの。「こんなカネの使い方したらいかん」って。そこで初めて球団が査定を変えた。4番が打って給料上がるのは当たり前。犠打、犠飛でも給料を上げるのが大事。その辺を岡田がフロントに直談判したらしいしな。

江夏:だって、選手を見てごらんなさいよ。大した選手いないんだもん。それでもチームがひとつになれば、大きく動かなくてもチームの戦力は上がってくる。そうさせたのは岡田の手腕だし、阪神からオリックスの監督をやった経験じゃないかな。

田淵:あと今年はピッチャーが良かった。若手も多かったしね。岡田野球のポイントは「堅い守備」だよ。相変わらず失策数は多いけど、試合の流れを変えるようなエラーは格段に減った。豊も言ったように、一番必要なものを加えられる監督を呼んだんじゃないの。あれは岡田がいた「早稲田野球」だよ(笑)。

江夏:守備位置を固定できたのも大きい。サード佐藤(輝明・24)、セカンド中野(拓夢・27)、ショート木浪(聖也・29)、ファースト大山(悠輔・28)。でもサードからファーストにコンバートされた大山、やっぱり傷ついたと思うよ。彼のプレーは派手さこそないけど、いいプレーがいっぱいあった。4番としても1年間ほんまによく頑張ったよな。ブチのほうがその辺、よくわかるんやない?

田淵:ヤクルトの村上(宗隆・23)より四球が多いんだからね。とにかく阪神ファンは4番に対して厳しいから、ダメな時の叩かれ方がハンパじゃない。「給料泥棒!」と野次られ、物は飛んでくるわ、車は落書きされるわ、昔は大変だったよ。

江夏:“アメとムチ”がすごかったな。

田淵:俺が西武に行って拍子抜けしたのは2三振、3三振しても「が~んばれ~田淵」だったこと。新生チームだから、ファンも野次のやり方がわかんないわけ。人間キツいことを言われると、カッとなる。豊なんて特にそうだけど、その怒りで成長する奴もいるからね。

江夏:今年のチームで言えば、大竹(耕太郎・28)かな。ソフトバンクを出されて、見返してやろうと死ぬ気でやってる感じがあった。俺と同じサウスポーでコントロール重視だしな。彼が出てきたのは阪神を救ったよ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン