国内

小室圭さん・眞子さん夫妻が豪邸にまもなく引っ越し 母・佳代さんは3年越し渡米へ向けて準備か

小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が…

小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が準備か

 ニューヨーク郊外の長閑な住宅地に、ひときわ目を引く白亜の大豪邸。8月、この邸宅が小室圭さんの通っていた米フォーダム大学の副学長から、中国出身の夫婦の手に渡った。価格はなんと、約2億2000円だったという。

 ところが、大金をはたいて彼らが購入した“自宅”は、しばらくもぬけの殻。伸び放題だった庭の草がようやく刈り取られたのは10月末のことで、くしくも眞子さんと小室さんが引っ越しの準備を始めた時期と重なるのだった。

「小室さん夫婦が渡米以降住んでいたマンションの部屋は、11月中旬に“空室”となりました。引っ越し先として目されているのが、中国出身オーナーから賃借する白亜の大豪邸です。実は、この家には11月以降、リノベーション業者がせわしなく出入りしています。改修工事完了後、晴れてふたりは新居に引っ越しを完了させるのではないでしょうか」(在米ジャーナリスト)

 小室さん夫婦のニューヨーク生活は3年目に突入した。2月に弁護士登録を果たして以降、激務に追われる小室さんに対し、眞子さんの就職はかんばしくないという。

「眞子さんは、展示作品へ解説文書を寄せたメトロポリタン美術館(MET)で学芸員として働きたいようですが、当初、協力していた日本美術部門の責任者が、彼女と距離を置き始めたようなのです」(前出・在米ジャーナリスト)

 眞子さんには「元皇族」という唯一無二の肩書があるものの、最大のネックとなっているのが、博士号の資格を持っていないということだ。

「METは世界最高峰の美術館です。いくら元ロイヤルとはいえ、眞子さんを特別扱いするわけにはいかないというのが実情なのでしょう。眞子さんは心機一転、箔をつけるためにニューヨークにある大学院の美術専攻に進もうと考えているようです」(美術関係者)

 眞子さんは、人生で初めて希望する仕事に就けないという、危機的状況に置かれているといってもいいだろう。そんな彼女の様子を、いたく心配している人物がいるという。

「小室さんの母・佳代さんです。佳代さんは、交際当初から眞子さんのことを真剣に気にかけてきた。ふたりが渡米してからは、“お嫁さんに会いたい”と口癖のように話しています」(小室家の知人)

 佳代さんは、時には仕事を掛け持ちしながら、女手ひとつで小室さんを育て上げた。

「佳代さんはかねて海外セレブ生活に憧れてきました。しかしそれ以上に、息子を仕事に、嫁を勉強に専念させてあげたいという気持ちが強いのでしょう。現在、佳代さんは神奈川県横浜市内の2DKのマンションで父親と同居中ですが、荷物の整理を始めるなど、2人で渡米する準備を進めているといいます」(前出・小室家の知人)

 冒頭の改装中の邸宅は2階建て。1階は主にリビング、ダイニングなどの共用スペース。2階はプライベートスペースで、3つのベッドルームや子供部屋がある。眞子さんと小室さんだけでは、むしろ持て余してしまうだろう。

「皇室では職員が身の回りのお世話をしていましたから、広大な敷地の掃除や、料理や洗濯といったさまざまな家事は、眞子さんにとって不慣れなものであることは間違いありません。佳代さんの支えがあることは、大学院進学、ひいては将来的な就職に向けて、大きなメリットでしょう。3年越しとなりましたが、ついに佳代さんの渡米が果たされるときがきたようです」(皇室記者)

 2023年のクリスマスは、小室さん一家にとって特別なものとなる──。

※女性セブン2024年1月1日号

関連記事

トピックス

結婚の報道が世界中で注目された大谷翔平
《新婚生活の行方》大谷翔平、現実的には難しい「妻をずっと隠す」、“表に出ざるを得ない”アメリカ特有の事情も
NEWSポストセブン
結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン