芸能

【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に

『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩

『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩

 数多のスターアナを輩出してきたフジテレビ。なかでも看板である朝の情報番組『めざましテレビ』は4月1日で30周年。同番組は八木亜希子アナや小島奈津子アナなど、人気女性アナがメインキャスターを務めてきた。40歳以上の男性500人にフジの「歴代最高の女性アナ」を決めるアンケートをとると、めざましキャスターをはじめ昭和・平成のレジェンドアナたちが名を連ねた。その結果をうけて、フジテレビと縁が深い山田美保子氏、山中秀樹氏、森脇健児氏の3人が、番組の思い出について語り合った。

山田:『めざましテレビ』が放送30周年を迎えますが、今回集計した500人アンケートの結果を集計すると、トップ3に高島彩アナ(1位)、加藤綾子アナ(2位)、八木亜希子アナ(3位)が入りましたね。奇しくも全員『めざましテレビ』のメインキャスターです。

山中:『めざまし~』はNHK出身の大塚範一アナを引っ張ってきて、八木アナとのコンビでスタートしたのが1994年。当時は日本テレビの『ズームイン!!朝!』が強くて、視聴率は2%くらいしかありませんでした。

森脇:僕は2年目くらいにレギュラーで中継を担当させてもらいましたけど、「視聴率悪いんで」と説明されました(笑)。だけど、どんどん手応えがよくなっていくのを感じましたね。中継先の視聴者さんに「めざましの森脇だ!」なんて言われることもあってね。八木さんとは『プロ野球ニュース』でもご一緒しましたが、アイドルにも勝るとも劣らない華やかさがありました。

山中:私がフジテレビで25年間アナウンサーとして活動してきたなかでも、入社面接での八木アナの印象は強烈でした。リクルートスーツなんてない時代で、彼女に着てきた服装のことを尋ねると『このワンピース、母の手作りなんです』って言うから、役員のおじさん連中はキュンとなっちゃった(笑)。

山田:八木アナや有賀さつきアナ(4位)、河野景子アナ(18位)の“花の3人娘”の頃から、他局も採用の仕方を変えて、華のある人を採るようになったとか。アンケートで1位だった高島アナはどうでしたか?

山中:彼女はまさに別格中の別格。新人研修はデスククラスが持ち回りで担当するんですが、戻ってくると必ず「あの高島彩って何者だ?」っていう話になる。僕も「これは活躍するな」と思いましたね。ニュース原稿を秒数に合わせて削って読む能力も秀でていました。

山田:加藤アナも、民放キー局の内定をすべて貰って、入社前から「スーパー綾子」と呼ばれていた逸材。“お笑い怪獣”明石家さんまさんにも認められた。

森脇:バラエティ番組に出演すると、さんまさんの隣に八木アナがいたり、有賀アナがいたりして、僕ら若手を絶妙な距離感でアシストしてくれた。それで彼女たち自身もどんどん腕を磨いていったように思います。

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン