錦織圭一覧/5ページ

【錦織圭】に関するニュースを集めたページです。

松岡修造 妻に対しては「好きな子をいじめる小学生」になる
松岡修造 妻に対しては「好きな子をいじめる小学生」になる
 錦織圭(24才)の大活躍により、恩師の松岡修造(47才)も大ブレーク中だ。今年上半期の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)の男性部門では計10社で1位となり、9月に発売になった日めくりカレンダー『まいにち、修造!』も爆発的ヒット中。そんな彼は、子育てについても全力投球だ。 もっとも多いときで年間13回行ったことがあるほどディズニーランドが大好きな修造。スリル系のアトラクションの前でおじけづく子供たちに、「できない、無理、はやってみなきゃわからない」と説得し、全部挑戦させた。 子供がいけないことをしたときは徹底的に問いかける。「なぜ? どうして? を子供にぶつけて答えを引き出したいから」と修造は公言しているが、それは就寝前、1時間以上かかることもあるという。 そんな修造と妻の惠美子さんは正反対のタイプで、彼女は早く正解を出して物事をどんどん進めて行く。例えば、休日どこに行くのかについて、惠美子さんが子供と話し合って、「動物園」と決めたとする。しかし修造は「本当に動物園でいいの? 遊園地でなくていいの?」と問い詰める。 これが発端で夫婦げんかになることは日常茶飯事。嫌みな言葉のラリーが延々と続き、長女から「どっちも悪くない」と言われて、ようやく打ち止めになるといったことの繰り返しだという。「修造さんは亭主関白なんですが、それは惠美子さんに甘えてるから。もういっつも惠美子さんに嫌みを言ってます。“その服似合わないよ”とか、ホームパーティーでも“まずい”とは言わないんですが、“こうしたほうがもっといい”と言った後に、“まあ、おいしいよ”って言うんですよ。以前は惠美子さんも言い返していましたが、最近は完全に受け流していますね(苦笑)。 一度、修造さんに“ストレス発散をどうしてるか”って聞いたら、“この人”って惠美子さんを指したことがあったんです。その場にいるみんな、呆れかえっちゃいましたよ。惠美子さんは“はいはい”って笑ってましたけどね。修造さんは彼女の前では、好きな子をいじめる小学生なんですよ」(芸能関係者) ※女性セブン2014年12月11日号
2014.11.28 16:00
女性セブン
松岡修造 気合と努力で長男と長女の出産予定日の移動に成功
松岡修造 気合と努力で長男と長女の出産予定日の移動に成功
 錦織圭(24才)の大フィーバーで、恩師である松岡修造(47才)も大ブレーク中だ。今年上半期の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)の男性部門では計10社で嵐の相葉雅紀(31才)、阿部寛(50才)と並ぶ第1位。また9月に発売になった日めくりカレンダー『まいにち、修造!』も爆発的ヒット中だ。「わがままでなく、あるがままに」「崖っぷち、だーい好き」「後ろを見るな!前も見るな!今を見ろ!」「打ち上げてごらん、心の花火を」「僕は春夏秋冬、いつも紅葉している」など、修造の名言が並ぶ同カレンダーはすでに累計4万部超を売り上げ、品薄状態だという。 人気の秘密は、やっぱり、何事にも熱く一生懸命な性格。熱すぎて、あるCMでは太陽を演じたこともある修造だが、実際、彼が日本にいるときと、海外にいるときとでは温度が随分変わるということがまことしやかに囁かれている。「例えば今年も、松岡さんがソチ五輪のために現地入りしたとき、異例の暖冬で雪不足がニュースになりました。一方の日本は異例の大雪。この事態は、ワイドショーでも大きく取り上げられました」(テレビ局関係者) そんな修造伝説は、実は家庭でも尽きない…。1997年12月に結婚した妻の惠美子さん(48才)は元テレビ東京のアナウンサー。3人の子供(長女・15才、長男・10才、次女・9才)がいるが、長女の出産予定日を巡って、こんな逸話がある。「奥さんが修造さんに“絶対に立ちあってほしい”と言ったんですが、彼には海外出張の仕事が入っていたんです。そしたら修造さんは“じゃあ、予定日を動かそう”と提案したんです」(松岡家の知人) 当時のことを修造は、ある雑誌のインタビューでこう明かしている。《1週間出産を早めるために、階段を毎日何時間も上り下りして、無事に立ちあえました。もちろん僕も妻を励ましながら、一緒に延々上ったり下りたり》 長男のときはさらに過酷な状況だったという。「長男の出産予定日は長期海外出張と重なっていて、立ちあうためには予定日を2週間遅らせる必要があったんです。修造さんは“とにかくじ~っとして動かないように”と奥さんに安静な生活を厳命し成功。無事、立ちあえたと聞きました」(前出・知人)※女性セブン2014年12月11日号
2014.11.27 16:00
女性セブン
帝釈天お家騒動「修行投げ出した息子に任せていいか?」の声
帝釈天お家騒動「修行投げ出した息子に任せていいか?」の声
 日本中が“錦織フィーバー”で沸いたテニスの全米オープン準優勝から1か月。主役の錦織圭選手(24才)は、日本に凱旋するや見事に楽天ジャパンオープンで優勝を果たした。 彼のプレーをその目で見ようと、連日1万人を超える観客が集まり、7日間で7万人という大会記録も更新した。そんな熱気あふれる有明コロシアムから12km離れたある場所もまた、“錦織フィーバー”に沸いていた。 映画『男はつらいよ』の舞台としても有名な、東京・葛飾区の柴又帝釈天である。本尊の毘沙門天は“勝負の神様”として知られている。「錦織選手は、3年前から試合のたびに必勝祈願として帝釈天に参拝していたんです。全米オープン準優勝時にこのことが報じられ、錦織ファンの参拝客が急増しました」(帝釈天参道のある商店主) そんななか、9月10日、帝釈天のトップで“御前様”と呼ばれ慕われていた望月良晃住職(享年81)が他界したのだが、『週刊ポスト』(10月17日号)のスクープによって、彼の死後、お寺内部で錦織もびっくりの“お家騒動”が起きていることが発覚した。「長男で副住職の洋靖さん(46才)を後任に認めるかどうかをめぐり、一悶着ありましてね…。特に問題がなければ住職は世襲されるのが通常なんですが、帝釈天にゆかりの深い別寺の有力住職が、洋靖さんが地域行事に積極的でなく、酒癖も悪いということを理由に、住職就任に反対したんです」(檀家の一人) 一度は別の住職に決まりかけるほど揉めた騒動だが、9月末、洋靖氏が跡継ぎバトルに勝利し、新住職就任が決まったのだという。女性セブンの取材でも、ある帝釈天参道の商店主がこんな話を打ち明けてくれた。「僧侶というのは、若い時にその宗派の大本山を修行で巡りますが、洋靖さんは途中で帰ってきちゃったんですよ。その事件があったので、“彼に任せていいのか”という声は前々からあったんです。修行を最後までやっていないというのがね…。今も不安視する檀家さんはいるんですが、就任したからには私は応援しますよ」(ある商店主) 少なくとも、“必勝お守り”の御利益に影響が出ないことを祈りたい。※女性セブン2014年10月23・30日号
2014.10.09 16:00
女性セブン
錦織フィーバーでテニス人気のV字回復どこまで?
錦織人気でテニスブーム再び スクールの生徒獲得合戦が過熱
 全米オープン準優勝に続き、10月5日まで東京・有明で開催している楽天ジャパン・オープンでも沸き立つ“錦織フィーバー”。 そんな錦織圭選手(24)の勇姿をみて、「昔とった杵柄」とばかりに、久しぶりにテニスラケットを握りたいと思っている人も多いのではなかろうか。近年、低迷していたテニス人気はあちこちで再燃しつつある。 品川プリンスホテルにある「高輪テニスセンター」では、貸しコートの使用料金が1時間1万800円(平日)~1万5000円(土・休日)と高額ながら、多くのテニス愛好者が汗を流している。直近の予約状況をみてみると、使用料が半額になる午前7時~9時の時間帯はすでに<空きなし>の日も多い。 また、テニスの腕を上げたい人や初心者のためのテニススクールへの申し込みも急増している。「全米オープンで錦織の活躍が報じられた9月上旬以降、申込者数は通常の3~4倍に増えました。入会者はスポーツジムの単調な運動に飽きたという若いサラリーマンやOL、会社をリタイアして何か運動を始めたいと考えていたシニア層までさまざま。正直、ここまで錦織人気の影響があるとは思いませんでした」(都内の某テニススクールコーチ) 再び訪れたテニスブームのチャンスを逃すまいと、街中のスクールはあの手この手の入会者獲得合戦を繰り広げている。入会金無料キャンペーン、通常3000円程度する1回のレッスン料の割引、入会を決めた生徒にラケットのプレゼント……。 さらに、コーチ陣入れ替えによるレベル強化や、空調設備の充実など環境面での優位性を競う傾向も出てきた。中には有明コロシアムのセンターコートと同じ床材に改装して足腰への負担を軽減させているスクールまであるというから驚きだ。 10年以上前から運動不足の解消目的でテニススクールに通っているという埼玉県在住の主婦(35)が話す。「ウチには3歳の息子がいるのですが、『今からテニスを教えれば将来1億円プレーヤーも夢ではありませんよ』とコーチから真剣に勧誘されています。ジュニアを育成して強い選手が出ればスクールの名も上がりますからね」 2000年代前半にアニメ『テニスの王子様』が若者のテニス人口増を後押ししたように、現在はNHK・Eテレで放映もされている『ベイビーステップ』(週刊少年マガジンで連載)が人気となり、親と一緒にスクールに通う子供たちも増えたという。 日本テニス協会が昨年3月に発表した「テニス人口等環境実態調査報告書」によると、「年1回以上プレーしている」テニス人口は、2012年時点で373万人。2002年の423万人と比べると10年で50万人減少しているものの、ここ最近の錦織フィーバーがテニス人口をV字回復させていることは間違いない。 韓国・仁川アジア大会では“錦織2世”の呼び声高い西岡良仁選手が19歳という若さで金メダルに輝いた。今後も次代を担うスタープレーヤーが世界を席巻すれば、第四次といわれる日本のテニスブームも不動のものになるだろう。
2014.10.04 07:00
NEWSポストセブン
きれいな男子は目の保養 お手は触れないのが正しいたしなみ
きれいな男子は目の保養 お手は触れないのが正しいたしなみ
 男子フィギュアスケートの高橋大輔選手へのスケート連盟・橋本聖子会長によるキス騒動。こうしたオバさんの若い人へのスキンシップ事情について、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが解説します。 * * * 錦織圭くん、格好よかったですね。「いい夢見せていただきました」とお礼を言いたい気分です。でも「準優勝おめでとう」とは言いません。だって、ご本人はすごく悔しい思いをしているはずですから。ぜひ、表彰台のてっぺんを(テニスは表彰台って乗らないのかしらね)目指して頑張っていただきたいと思います。 久々にスポーツ界は盛り上がりましたが、少々前の話題は、某連盟会長の橋本聖子さんによる、「大ちゃん、無理チュー事件」でした。 いくら華麗な競技とはいえ、旧態依然としたスポーツの世界です。私自身は、縦社会の習わしとして、ああいった「ノリ」はあるのでは、というのが率直な感想です。もちろん、ちょっと腑に落ちない部分はありますが。 でも、それより何より大切なのは、「人のふり見て、わがふり直せ」ということ! そもそもオバさんって、やたらとボディータッチする人、多くありませんか? しかも、肩を軽く「ぽんっ」って感じじゃなくて、ねと~っと触るの。時間にして2~3秒くらい。 若いかたがたは「ハグ」と称して、爽やかなボディータッチがサマになっているけれど、あれとは全く、印象が違います。 私が推測するに、オバさんって無意識に、「スキンシップで若い人の何かを吸い取りたい」と思って行動してしまうのではないかしら。構図としては、テレビの時代劇で可憐な町娘にせまる悪徳商人の越後屋そのもの。しかも町娘はお若い男性で、越後屋がオバさん。イタすぎます。 自分は「セクハラ」とは感じてなくとも、相手が嫌がる行為を強要したら、それはもうオバさんどころか、完全におやじの域です。いいこと? くれぐれも、「きれいな男子は目の保養」どまり。お手は触れないように。※女性セブン2014年10月9日号
2014.09.30 16:00
女性セブン
国体優勝の杉村太蔵「テニスにどれだけ助けられたか」と述懐
国体優勝の杉村太蔵「テニスにどれだけ助けられたか」と述懐
 錦織圭選手(24才)の全米オープン準優勝で日本中が盛り上がったが、実はテニスで国体優勝経験を持つのが元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏(35才)。高校3年生のときに、なみはや国体のテニス少年男子で優勝した腕前を持つ。タイゾーがテニスで得たものとは? * * * ぼくはテニス一家に育ちました。祖父は北海道旭川で初めてテニスをした人物で、自分でテニスクラブを作ってしまったほどのテニス好き。父がそのテニスクラブを継いで経営しているので、実家には2面のテニスコートがあります。そんな環境だから、ぼくは生まれた直後にラケットを握らされていたらしく、小学4年生のときに自然とテニスを始めていました。 今ではテニスをやっていて本当によかったと思っています。テニスにどれだけ助けられたかわかりません。 国会議員時代は、官僚や国会議員の先生がたによくテニスに誘っていただきました。それを機にかわいがっていただき、政策のことなどを勉強させてもらう機会が増えました。 海外に行った際には、テニスコートにラケット1本持って行けばすぐに現地の友人ができますしね。テニスを通じてできた仲間も多いです。 テニスは老若男女ができるスポーツです。50才からでも60才からでも、始めるのに遅いことはないと思います。ダブルスの大会でペアの合計年齢を100才以上に限ったものだってあるんですよ。50才同士のペアでもいいし、70才と30才でもいい。世代を超えて楽しめるんです。 テニスコートは全国どこにでもありますし、ラケットとシューズさえあればすぐにできます。時間も1時間あればたっぷり汗をかけます。年齢に関係なく始められ、気軽にできて、しかも交友関係が広がる。それがテニスの奥深さだと思います。 ぼくは今でも2週間に1回ぐらいのペースで仲間とテニスをやっています。いずれは父、ぼくと家内、2人の子供の3世代でプレーするのが夢ですね。※女性セブン2014年7月10日号
2014.09.22 07:00
女性セブン
全米OP準優勝錦織圭 「借金返済」で「第二の錦織」誕生を期待
全米OP準優勝錦織圭 「借金返済」で「第二の錦織」誕生を期待
 日本人初のグランドスラム大会決勝進出を成し遂げた錦織圭(24)。快挙に関わった企業は軒並み恩恵を受けた。スポンサー契約を結び、ウェアを提供したユニクロ(ファーストリテイリング社)では、錦織モデルのテニスウェアがほぼ完売。ユニクロブランドの世界的認知度はさらに高まった。  全米オープンを独占中継したWOWOWには、準決勝・決勝前に新規加入の申し込みが殺到。「問い合わせ件数は前年同期の約20倍に上った。同社の総加入件数は過去最高を上回ることが確実視されている。  しかしもっと早く、13歳から錦織を支えてきたのは「ソニー」だった。ソニー元副社長で日本テニス協会名誉会長の盛田正明氏が私財1億円を投じて設立した「盛田正明テニスファンド」(MMTF)の支援を受け、錦織は米国の名門IMGアカデミーに留学していた。その後もレッスン料や遠征費、現地の学校の学費など様々な形で援助を受けてきた。 「これまでに17人の留学生を送り出してきたが、審査は厳しく、プロとして活躍できるようになるまで支援を受けられたのは錦織と西岡良仁(18)の2人だけです。“世界に通用する才能を海外に送り出したい”という主旨で始まったMMTFにとって、錦織選手は象徴的な存在になっている」(テニス協会関係者)  今や錦織は、ファンドに「恩返し」する立場になった。MMTFでは、世界ランク100位に入った選手は後輩の育成費用として獲得賞金の10%をファンドに寄付する制度を設けている。MMTFの担当者がいう。 「錦織選手への支援額は公表できませんが、2008年から昨年までの5年間、獲得賞金の1割を還元していただきました。すでに返済は終了しています」  昨年の年収はスポンサー収入も合わせて11億円と推定されている。獲得賞金は1億1800万円ほどだった。今年は全米オープンの賞金だけで1億5000万円。年収は20億円超になるとの見方もある。もし今年も返済が続いていれば、かなりの高額が支払われていたかもしれない。 「盛田氏の過去のインタビューによると、留学時代にプライベートコーチをつけるなど相当な費用を使ったため、錦織選手の場合5年間の寄付でも“完済”とはいかなかった。決して今回のフィーバーでMMTFが潤ったわけではないようです。とはいえ義理堅い錦織選手ですから、今後も色々な形でMMTFをサポートしていくのではないか」(前出・テニス協会関係者)  プレー以外でも日本テニス界を牽引する男なのだ。※週刊ポスト2014年10月3日号
2014.09.20 07:00
週刊ポスト
テニスは年齢問わず始められると杉山愛 50代のテニス事情
テニスは年齢問わず始められると杉山愛 50代のテニス事情
 日本中が沸いた錦織圭選手(24才)の全米オープン準優勝。グランドスラムと呼ばれる大会で日本人が初めて決勝に進んだことはテニス界だけでなく、日本のスポーツ界全体においても歴史的なことだと語るのは元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん(39才)だ。「テニスはサッカーと同様、世界的に競技人口の多いスポーツです。世界各国の強豪を相手に勝ち抜いて決勝まで進んだということは、言葉で表せないぐらいすごいことです」(杉山さん) その歴史的偉業によって、あらためてテニスに関心を抱いた人は少なくないだろう。そもそもテニスは日本人にとって長年憧れだったスポーツ。 1950年代後半には天皇・皇后両陛下が「テニスコートの恋」を実らせ、テニスがブームに。1970年代には『エースをねらえ!』の漫画、アニメが社会現象となり、少女たちはこぞってラケットを握った。 だが、それらのブームに乗ることができなかった人や、あるいは一度始めたもののやめてしまった人も多い。今さら始めるには敷居が高いと思いがちだが、そんなことはない。テニスは年齢問わず始められるスポーツだと杉山さんは力説する。「私が経営するテニススクールでは、50代から始め、70代、80代になっても続けている人はたくさんいます。自分の年齢に合ったスピードでプレーを楽しめますし、ダブルスならパートナーとコート半分ずつを守りますから、それほど広く走り回ることもありません。何より、仲間と汗を流せるという楽しさがあります」 しかもスポーツ未経験者でも短期間で上達することが可能だと杉山さんは言う。「テニススクールに3か月間、週1回通うだけでもラリーをできるようになります。初心者はひたすら上達していくのみなので、ボールがラケットに当たって、ネットを越すだけでうれしいと感じられるはずですよ」 では実際、大人のテニス事情はどうなっているのか。その実態を探るべく東京都新宿区にある『高田馬場シチズンプラザテニススクール』に向かうと…。50代の女性たち3人がラケットを片手にボールを追いかけていた! 彼女たちはスクールで知り合ったテニス仲間で、全員が40代後半から本格的にテニスを始めたという。「この年になって新しいことを始めるのが本当に楽しいです。上達していく過程の面白さや達成感はほかでは味わえない」と主婦の鶴谷さん(56才)が言うと隣で、同じく主婦の割石さん(53才)が大きくうなずく。「6年前から始めました。最初はラケットにボールが当たらなくて。でもコーチの指導を聞いて、その通りにやっていたら当たるようになって、今では仲間同士で試合ができるまでになりました」(割石さん) もうひとりの主婦、黒永さん(53才)とは年代が近く、同じ趣味を持つ仲間としてすぐに意気投合した。「週2~3回ぐらいスクールで練習します。そのあと、みんなでランチして、また区のコートを借りて2時間ほどテニスをします。区によってコート代は違いますが、だいたい2時間1000~1500円なので、人数で割ると1人300~500円で充分楽しめます。とてもリーズナブルです」(黒永さん)※女性セブン2014年10月2日号
2014.09.19 07:00
女性セブン
錦織圭、和田毅ら 出雲大社の御利益大と松江の地元民が語る
錦織圭、和田毅ら 出雲大社の御利益大と松江の地元民が語る
 全米オープン準優勝という歴史的快挙を成し遂げた錦織圭(24才)。彼の偉業は多くの人々に支えられていたが、実はその裏には人知を超えた大いなる存在が彼を後押ししたことも影響があるとか。日本有数のパワースポットに注目し、その力を感じてみよう。 まずは、映画『男はつらいよ』で寅さんの生まれ故郷として知られる東京・葛飾の柴又帝釈天。「この帝釈天さまは勝負事を司るということで、錦織選手も昨年から試合の度に訪れて、必勝祈願に訪れていたんです。ここで売っている『庭球勝守』というお守りを、彼は毎日持ち歩いていたそうです」(寺社関係者) 日本有数のパワースポットも、彼に味方した。松江市の西にある出雲大社だ。「松江もまた、出雲大社の大国主大神様の御加護のもとにあるんです。 去年、60年ぶりに式年遷宮があって、出雲大社は激烈に運気が上がっている、日本一のパワースポットなんですわ。郷里を大切にする錦織選手に出雲大社の御利益があって、勝利への誓いをしてくれたんだって、私ら本気で思っとるんです」(地元住人) 突拍子もない話だが、確かに、今年は出雲にゆかりある人物の躍進が目立つ。 出雲市出身で、7月にメジャーリーグに昇格した、シカゴ・カブスの和田毅投手は、この6試合で3勝1敗と絶好調。2年前に左肘の大手術を受けて苦難の日々を送っていたが、見事復活を遂げ、来季の先発ローテ入りも見えてきている。 また、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー(40才)の妻、弓子夫人(48才)は松江市出身。彼女の献身的な支えがあってか、開幕当初は控え扱いだったイチローはシーズン途中から出場機会を増やし、今ではチーム1、2を争う好打率を残している。「それにね、なんといっても、10月に出雲大社の神職さんと高円宮典子さまの結婚式があるでしょう。こんなにめでたいことが続くのは、出雲大社のパワーのお導きに違いないですよ」(別の地元住人) これらの話について、風水師の生田目浩美さんに話を聞いたところ、なんと、錦織については確かに出雲大社との結びつきが見て取れるのだという。「六十干支といって、60年というのは一巡りして生まれ変わる年なんです。人間も、“還暦”といいますよね。60年ぶりの式年遷宮を経た出雲大社も、生まれ変わった直後の状態で、代替わりの新たなパワーが強く出ています。 そこに来て、錦織選手というのは、東洋古来の占術『九星気学』(生年月日と五行、干支で吉凶を判断する占い術)で見ると『二黒土星』といって、今年は最も“発展的な縁”を呼び寄せる力が強い人なんです。出雲大社の大国主大神は、ご存じ“縁結び”の神様です。錦織選手と神様、双方が“縁”で結ばれ合って、出雲大社の持つ強い好運気が錦織選手に注ぎ込まれたのでしょう」(生田目さん)※女性セブン2014年9月25日号
2014.09.13 16:00
女性セブン
福原愛、宮里美香… 錦織圭の過去の恋人と現在意識する女性
福原愛、宮里美香… 錦織圭の過去の恋人と現在意識する女性
 日本人初となる全米オープンでの準優勝という偉業を成し遂げた錦織圭(24才)が、プロデビューしたのは2007年、17才のときだった。 それから4か月後の2008年2月、ATP(男子プロテニス協会)ツアーで初優勝を果たす。日本人としては松岡修造(46才)以来、2人目の快挙だった。 さらに、2008年の全米オープンでベスト16、2009年にはATPツアー新人賞獲得と、破竹の勢いで快進撃を続けた錦織だが、その陰には、家族やコーチ以外にも、彼の支えとなる人物がいた。それが、恋人の存在である。実は錦織、これまで彼女が途切れたことがないというほど“超モテ男”なのだ。「(米・フロリダの超名門テニススクールの)IMGアカデミーに留学していた時も、新人の子が入って、洗濯の手順がわからずにいると、まっ先に声をかけて自分の洗濯機を貸してあげていました。そんな素朴さに惹かれる女性が、後を絶たないんです」(錦織の知人) そんな錦織だが、2008年12月、卓球の福原愛(25才)との熱愛が『フライデー』で報じられ、世間を仰天させたのは記憶に新しい。「ふたりの出会いは、その年の夏の北京五輪です。選手村で福原さんと同室だったテニスの杉山愛さん(39才)が、ふたりを引き合わせたのがきっかけでした」(前出・テニス関係者) このときはJR原宿駅のホームで人目をはばからずキスする写真まで撮られ、トップアスリート同士のアツすぎる現場に国民は大きな関心を寄せた。だが、お互いに世界を転々とする多忙な生活ですれ違いが生じ、2009年春には破局してしまう。 次に錦織のお相手として報じられたのが、錦織と同じように世界を舞台に戦う同い年の女子プロゴルファー・宮里美香(24才)だった。宮里が錦織と同じフロリダの『IMGゴルフアカデミー』に通っていたこともあり、ふたりは心を通わせるようになったという。だが、この恋もほどなくして終わりを迎えている。 そして、その次に現れた女性こそ、彼が結婚を意識する“婚約者”だった。その女性は、北京五輪の新体操日本代表で、“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)。2011年春に共通の知人の紹介で知り合ったという。「当時、錦織選手は2010年に手術した右肘のリハビリ中でしたが、回復が遅れ、“いつ復帰できるのか…”という不安にさいなまれていました。そんな彼の支えになったのが坪井さんだったんです。早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた彼女は、リハビリ方法についてアドバイスしたり、栄養学を学んで彼の健康管理をサポートしたそうです。また彼女は現在、ヨガのインストラクターをしているんですが、彼の体質を変える手助けになればとヨガを教えたこともあったようです」(前出・錦織の知人) 先の見えないリハビリで気持ちが沈みがちだった錦織は、彼女の献身的な支えに心打たれ、自然と交際がスタートしたのだという。※女性セブン2014年9月25日号
2014.09.12 07:00
女性セブン
錦織圭 年に数度の島根帰省時も、実家の塀で壁打ち練習する
錦織圭 年に数度の島根帰省時も、実家の塀で壁打ち練習する
 日本人として初めてグランドスラムと呼ばれるテニスの4大大会のひとつ全米オープンで準優勝という歴史的快挙を成し遂げた錦織圭選手(24才)。錦織の着るユニクロのテニスウエアや、彼の使用するウィルソンのラケットが軒並み売り切れ、試合の独占放映権を持つWOWOWには視聴申し込みが殺到。前年同期比の10倍以上の申し込みによりフリーダイヤルがパンク、決勝戦を放送した9日未明は、普段15分で済む契約が約2時間待ちになった。 この“錦織特需”の経済効果は300億円ともいわれる。安倍晋三首相(59才)が、「彼はまだ若い。頂点目指してがんばってほしい」と健闘を賞賛するなど、負けてなお、日本中で錦織フィーバーが収まる気配はない。 東の中海、西の宍道湖に臨む水の都・島根県松江市に、国民的ヒーローとなった錦織の実家がある。年に1、2度は帰省するというこの家の近所では、こんな光景が目撃されている。「今も家の塀で壁打ちの練習をしとられるんです。あの錦織選手が、ですよ。昨年に帰省した時なんか、自宅前の小さな公園でお父さんとテニスしてましたね。そりゃ、通りかかった人間はみんな仰天してましたよ(笑い)」(近所住民)※女性セブン2014年9月25日号
2014.09.11 16:00
女性セブン
全米2位・錦織圭の元恋人・福原愛 復縁を願っていると知人語る
全米2位・錦織圭の元恋人・福原愛 復縁を願っていると知人語る
 テニス全米オープン準優勝という快挙を成し遂げた錦織圭(24才)をサポートしているのが、“婚約者”である北京五輪の新体操日本代表で“フェアリージャパン”の一員として活躍した坪井保菜美さん(25才)だ。 早稲田大学でスポーツ科学を専攻していた坪井さんは、リハビリ方法について錦織にアドバイスをしたり、栄養学を学んで健康管理をサポートしたという。 2013年に入ると、錦織の日本国内のツアーには必ず坪井さんが同行し、試合会場には坪井さんの両親も観戦に訪れるようになった。「最近では、試合後の滞在ホテルで、錦織選手と彼の両親、坪井さんという4人で過ごすこともあって、松江の錦織の実家に彼と一緒に帰ることもあるそうです。すでに両家公認の仲であることは間違いなく、結婚も近いとみられています」(スポーツ紙記者) プロテニス選手の生活は過酷の一言で、それを支える妻も生半可な覚悟ではつとまらない。なにしろ彼らは、一年中、世界各地のツアーを回るため、定住地はなく、ほとんどホテル暮らしである。錦織の場合、生活基盤はフロリダにあるものの、そこで過ごせる時間はごくわずか。「例えば、メジャーリーガーの妻も大変だといわれていますが、移動はほぼアメリカ国内だけです。テニス選手の場合、生活習慣が異なる全世界を舞台に、妻は食事をはじめとする健康管理、さらにメンタル面のケアをしなければならないのですから、本当に大変です。でも、坪井さんは今回の全米オープンでも会場で声援を送っていたように、すでに海外ツアーのほぼ全てに同行しており、テニス選手の妻として生きていく覚悟は、充分にできていると思われます」(前出・スポーツ紙記者) 錦織との交際について、岐阜市内にある坪井さんの実家を訪れると、母親は嬉しそうな笑顔を浮かべながらこう話してくれた。「ふたりのおつきあいはとっても順調で、本当に気の合う恋人同士だそうです。ただ、お互い普通の男女だし、彼もまだ若いでしょう。先のことはわからないですよ」 今年の錦織は、4月のバルセロナオープンの優勝賞金1億9000万円に加え、全米オープンの準優勝賞金1億5200万円、契約企業からの特別ボーナス、さらにはユニクロなどのCM収入も大幅アップが見込まれており、年収は10億円の大台を超えるといわれている。 人柄もよく、これだけ稼いでくれる男が婿になってくれるとなれば、不満を持つ母親はいないだろう。 一方で、こんな順風満帆のカップルを、複雑な思いで見つめている女性もいる。錦織の元カノである卓球の福原愛選手(25才)だ。「彼女は、錦織選手と別れた後もメル友で、ずっと連絡は取り合っているようです。というのも、彼女が錦織選手に未練タラタラで、別れた後に彼がこんな国民的スターになって、その傍らには新恋人がいるっていうのが、おもしろくないんです。“なんであの人と…”って愚痴っていたこともあって、心の底では彼女と別れて、自分と復縁してほしいと思っているようです(苦笑)」(福原の知人)※女性セブン2014年9月25日号
2014.09.11 07:00
女性セブン
錦織で注目浴びるコーチング 「スター育成」に必要な条件は
錦織で注目浴びるコーチング 「スター育成」に必要な条件は
 名選手の裏に名コーチあり――。テニスの全米オープンで無類の勝負強さを見せた錦織圭。惜しくも決勝で敗れはしたが、「フィジカル面はもちろん、これまで錦織の弱点でもあったメンタル面を強化したことが準優勝につながった」とテニス関係者は口を揃える。 錦織に「勝てない相手はいない」と言わせるほど徹底的にメンタル指導を行ったのは、コーチのマイケル・チャン氏。対戦相手の実績やランキングにかかわらず、自分のプレーに絶対の自信と「勝つイメージ」を植え付けたのだ。 いま、スポーツ界のみならず企業現場においても、幹部や社員教育で個人の能力を最大限に引き出す指導法を取り入れるところが多くなった。よく経済誌などで特集が組まれている「コーチング」である。 コーチングという言葉だけはすっかり市民権を得た感があるが、具体的にどんな手法なのか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。「実際のプロジェクト立案や数値目標に向けた改善策を指南するコンサルティングと違い、コーチングは社員のパーソナルな部分により踏み込んで、ビジネスマンとしての成長を促します。 あくまで社員の自主性を重んじるので、教えるだけのティーチングとも違います。<自分のどこが問題なのか><その問題をいつまでにどうやって解決するのか>といった“気付き”を与えるのがコーチングの特徴。指導する範囲は、日本人が下手な対人関係、スピーチやプレゼンなどのコミュニケーション術にまで及びます」 日本では5、6年前より本格的に導入され出したコーチングだが、もともと欧米企業のリーダーシップ開発手法として、主に管理職に行われていた。 元GE会長のジャック・ウェルチ氏にコーチングを施した経験のあるマーシャル・ゴールドスミス氏は、著書『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』の中で、経営者やリーダーが陥りやすい28の「悪癖」を指摘している。いくつか紹介しよう。・「いや」「しかし」「でも」で話を始める・否定、もしくは「うまくいくわけないよ、その理由はね」と言う・きちんと他人を認めない・人の話を聞かない 管理職ならずとも「耳が痛い」人は多いだろう。こうしたネガティブ志向を、人事・教育関連のコンサルタントなどと話し合いながら一つずつ解消していくのがコーチングだ。 前出の溝上氏によれば、最近は外部にコーチングを依頼する経費を削減するために、社内で多数のコーチ役を養成して各部門に広げる“内製化”が進んでいるという。だが、コーチングの認識を誤ると、余計に企業風土は乱れていくと懸念する。「まず、大前提として上司と部下の信頼関係がなければコーチングは何の意味もありません。たとえ二人三脚の指導がうまくいっていると思っても、会社が求める人材やノルマの方向性とズレてくれば、いつの間にか宗教的な自己啓発まがいのスタイルになり、最終的にガンバリズムを強要する結果になりかねません」(溝上氏) 本人の自主性を引き出すどころか、上から押し付けるだけのコーチングに陥りやすいというのである。「ブラック企業の人材教育でよくあるのが、“全部お前が悪い”と思い込ませる自己責任意識の醸成です。上司はみな正論を吐きますが、言いっ放し、聞きっ放しが蔓延しています。 コーチングは<こうすれば会社の業績が飛躍的にアップする>という金科玉条の手法ではありません。社員に仕事の“やらされ感”を捨てさせ、上昇意欲と目指すべきゴールは何なのかを一緒に導き出す。時間がかかり根気のいる指導法といえます」(溝上氏) 一朝一夕に結果を求めてコーチングを導入する企業があるならば、錦織のようなスターが育つはずもない。
2014.09.10 07:00
NEWSポストセブン
錦織の活躍同様、カップ麺で世界制覇を狙う日清食品
錦織圭の大躍進 「日清食品の世界戦略にも効果絶大」と識者
 テニス全米オープンで日本人初となる決勝戦(日本時間9日早朝)に挑む錦織圭選手(24)。 日本中が歓喜に包まれ、その経済効果は「数億円規模に及ぶ」(経済アナリスト)との見方も出る中、早くもスポンサー企業は“錦織特需”に沸いている。 国内の独占放映権を持つWOWOWには錦織見たさの新規加入申し込みが後を絶たず、試合のウエアを提供するユニクロでは8月下旬に販売した「錦織モデル」のポロシャツが完売。その他、ウィルソンのラケット、タグ・ホイヤーのスポーツウォッチなど、錦織関連のレプリカ商品はいずれも品薄状態になっている。 だが、もっとも錦織の宣伝効果に期待を寄せるのは、2012年に「3年契約で3億円+出来高払い(推定約5億円)」というビッグな個人所属契約を結んだ日清食品だ。 今大会でも錦織が着替えのシャツやタオルを入れていた非売品のエコバッグが「ひよこちゃんの絵柄(チキンラーメンのキャラクター)がかわいい!」と話題に。日清食品は殺到する問い合わせ電話の対応に追われたという。「日清は創業者(安藤百福氏)の<食とスポーツは健康を支える両輪である>という理念のもと、オリンピックのオフィシャルスポンサーになったり、陸上部の所有、プロゴルファー池田勇太、服部真夕選手との所属契約、最近ではサッカーのマンチェスター・ユナイテッドとスポンサー契約を結んだりと、国内外問わず様々なスポーツ活動のサポートに熱心。 錦織とは2008年よりウエアに『カップヌードル』のパッチ広告をつけるスポンサー契約を結び、2012年の所属契約後に安藤宏基社長(現・日清食品ホールディングスCEO)が、『ロンドン五輪で金メダルを獲ったら特別報奨金に加え、“K(圭)ヌードル”をつくる』と公言するなど、社を挙げて支援してきた」(スポーツ紙記者) ロンドン五輪は惜しくもベスト8止まりだったが、その後の錦織の活躍と全米オープンの快挙を考えたら、決勝の勝敗にかかわらず、報奨金の授与や新たなオリジナル即席麺の発売(錦織監修ラーメンは2012年に第一弾を発売済み)に十分値するだろう。 世界の頂点をうかがう錦織の活躍は、日清食品の知名度を世界に知らしめる絶好の商機といえる。経済誌『月刊BOSS』編集長の関慎夫氏が語る。「日清食品は主力のカップヌードルを世界80か国以上で販売し、累計販売数は330億食を超えるなど即席麺の業界では敵なしと思われがちですが、意外にも海外の売り上げ比率は2割しかありません。 いま、中国やインドネシアなど東南アジアを中心に即席麺の生産ラインを増強し、2025年度までに海外比率を5割にもっていく目標を掲げています。世界の市場を次々と開拓したいという同社のグローバル戦略にとって、世界中に広がる錦織の広告宣伝効果は絶大でしょう」 その一方で、「今大会で錦織が勝ち進んでも日清食品の株価は上がっていない。テニスと関連の薄い業界だけに錦織効果がどこまで食品ビジネスに寄与するかは未知数」(前出の経済アナリスト)との声があるのも事実。 いずれにせよ、国内では過当競争が進む即席麺だが、世界の総需要は1年で1055億食(2013年/世界ラーメン協会調べ)もある巨大市場。アジアやアフリカの中には今後の普及が見込まれる国も多い。 錦織の大躍進と同様、日清食品はどこまで「世界のNISSIN」にのし上がることができるか。
2014.09.09 07:00
NEWSポストセブン
錦織圭の試合は長すぎる?「3セットマッチで十分」と元プロ
錦織圭の試合は長すぎる?「3セットマッチで十分」と元プロ
「どうゲームを終えたのかは覚えていないが、とてもうれしい。初めてベスト4進出を決めてハッピーだ」 テニス4大大会(グランドスラム)のひとつ、全米オープン男子シングルスで全豪覇者のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)を撃破。日本人選手として実に96年ぶりとなるベスト4進出の快挙を成し遂げた錦織圭(24)は、こう素直に喜びを表現した。 8強入りを決めたミロシュ・ラオニッチ(カナダ)戦後には、「決勝に行くまでは、勝てない相手はもういない」と、“頂上決戦”を視野に確かな自信と手応えを感じさせるコメントも残している。それだけ今大会は体調面・精神面ともに絶好調なコンディションなのだろう。 こうなると、否が応にも「全米制覇」の期待は高まる。準決勝(日本時間の9月7日予定)に勝って決勝に進めば、もちろん日本男子では初。現在11位の世界ランキングが一気に5位以内に浮上する可能性もある。 しかし、ファンならずとも気がかりなのは、錦織の試合疲れ。並外れた運動量と瞬発力が要求されるテニスは過酷を極めるスポーツとして知られる。また、4大トーナメントともなると実力が拮抗した選手同士が激しいラリーの応酬を繰り広げるため、試合時間は長くなりがちだ。 錦織もラオニッチ戦でフルセットまでもつれ込む接戦を制したため、終わってみれば時間は午前2時26分、試合時間は4時間19分にも及び今大会最長タイの記録を作ってしまった。中1日置いて臨んだワウリンカ戦でも4時間15分と、粘り勝ちの展開ばかり。さすがの錦織も疲労はかなりのものだろう。 過去を振り返れば、2010年に行われたウィンブルドン選手権の男子シングルス1回戦、ジョン・イスナー(米国)VSニコラ・マユ(フランス)では、日没中断を挟んで3日にわたり計11時間5分とテニス史上最長試合となり語り継がれている。 テニスの試合時間を何とか短くさせる方法はないのか――。この議論は過去にも度々持ち上がっては消えてきた。 元プロテニスプレーヤーの杉山愛氏は、2012年にスポーツ総合サイト内のコラムでこんな見解を示している。<見る立場で言えば、5セットマッチで4時間、5時間、じっと座って見ているのは大変です。やはり観客あってのスポーツですから、エンターテインメントとして、またスポーツビジネスとして見た時には、あまり試合が長くなりすぎるのは問題です>(Sportsnavi/2012年11月7日) グランドスラムの男子シングルスは5セットマッチ方式(3セットを先に取ったほうが勝ち)が採用されている。4ポイント先取で1ゲーム、それを6ゲーム奪ってようやく1セット。1セットに要する平均時間が30~40分、長いと1時間もかかるため、延々と試合が続くことになるのだ。「男子でも3セットマッチでいいのでは?」との声も出る中、前出の杉山氏は3セットマッチへのルール変更には否定的だ。<テニスはアップセット(番狂わせ)の少ない競技です。5セットマッチで3セットを取らなくては勝てないというルールだと、アップセットは起きにくいのです。ところが3セットマッチになると、勢いで押し切られる部分もあるので、トップシードがバタバタと負けることになるでしょう>(前同コラムより) 一方、元プロテニスプレーヤーで法政大学スポーツ健康学部教授の神和住純氏は、時間短縮には賛成だという。「1ゲームごとにサーブ権を交代したり、コートチェンジをしたりとテニスは無駄な時間も多いことは確かです。また、“真のチャンピオンは5セットを戦って勝ち抜いていく”という理論が根底にあるにせよ、3セットマッチでも強い選手は強い。サッカーなどと違って試合時間が読めないからテレビの中継枠にも入れづらいことなども考えると、もう少し時間短縮のルール変更は必要だと思います」 しかし、ルール変更には高い壁が立ち塞がっている。神和住氏が続ける。「男子プロテニス協会(ATP)の国際会議では、時間短縮のやり方が議論されたり、ラリーが続くようにボールを柔らかくしようとか、ネットを高くしようなど、いろいろな話し合いが行われてきましたが、歴史ある協会ゆえに保守派も多く、1つのルールを変えるのも容易なことではありません」 選手には気の毒だが、しばらくは長丁場の“死闘”を見届けるしかなさそうだ。さて、錦織はどこまで体力を回復させることができるか。準決勝の相手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に決まった。「錦織はこれまで課題だったフィジカル面をかなり強化して、5セットを戦い抜く強靭な精神力も身につけています。その自信を持続させたまま世界チャンピオンと堂々と戦い、なんとか決勝に行ってほしいですね」(神和住氏) グランドスラムすべてで16強入りを果たしている錦織。あとは満面の笑みで優勝杯を高々と掲げるだけだ。
2014.09.05 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン