広瀬すずの最新ニュース/2ページ

【広瀬すず】に関するニュースを集めたページです。

リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
 オフ感たっぷりのスエット姿でも、スリムな体形が一目でわかる。黒いキャップにマスク姿で顔はほとんど見えないが、凜々しい目から放たれるオーラは隠しきれない。4月末、主演舞台『広島ジャンゴ2022』の東京公演を終えた天海祐希(54才)は、ドリンク片手に軽快な足取りで帰路に就いた。「初回直後は、演出家の蓬莱竜太氏(46才)と女優の伊藤沙莉さん(28才)の交際報道、さらに、蓬莱氏がこの舞台終わりに別の女優と飲みに行った報道も出て、別の意味で話題になりました。でも、始まってみれば作品の評判は上々でした」(演劇関係者) 舞台の全関係者がコロナ感染対策で会食を控えていただけに、蓬莱氏の“飲み歩き”に、天海が落胆したとの報道もあったが、「実際は座長として現場を盛り上げることに徹していたようです。天海さんは多くの後輩俳優たちからも慕われる、圧倒的な人望の持ち主ですから」(前出・演劇関係者)と言われた。 そんな“天海信者”の1人が広瀬すず(23才)だ。広瀬が5年前の「日本アカデミー賞」に関してブログで悔しさを吐露した直後、天海に励まされたエピソードが、5月15日放送のバラエティー番組で明かされた。 このとき、広瀬は主演映画『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞に選ばれるも、いずれも最優秀賞には届かなかった。 ブログが話題となった2、3日後、映画の撮影現場で、広瀬が天海の楽屋にあいさつに行くと「腕つかまれて、ドアをバンと閉められて『悔しいだろうけど、もうちょっと傷ついたり、そういう経験もしてほしい。ごめんね、こんなことを言って』と言ってくださって」と説明。広瀬は「恵まれすぎた環境に甘えていたので、『傷つかないと、傷ついた気持ちは知らないし、悔しいと思わないと、悔しいと感じられないな』って。ハッとさせられた」と続けた。 その後、広瀬は、日本アカデミー賞で2018年に最優秀助演女優賞、2021年に最優秀主演女優賞を受賞するなど、いまや名実ともに若手ナンバーワン女優となった。「昨年も、『いのちの停車場』で最優秀助演女優賞を受賞しています。天海さんの励まし以降、彼女は明らかに変わりました」(映画関係者) 前述の伊藤も、17年前の子役時代に天海の主演ドラマ『女王の教室』(日本テレビ系)に生徒役で出演した際、「褒められたことが忘れられない」と明かしている。天海は当時10才の伊藤にこう語りかけたという。「カメラが自分に向いていないシーンでも、必ずあなたは気を抜かずにお芝居をしてる。私は見てる。あなたがいまのままでいてくれれば、誰かが見つけてくれるし認めてくれるから、ずっとそのまま変わらないでいてね」 いち生徒役の振る舞いも見逃さず励ます──なぜ天海は若手俳優に言葉をかけるのか。天海は、1985年に首席で宝塚音楽学校に入学したときに、母から「年相応、分相応であるように」と助言され、以来、座右の銘としてきた。「天海さんはこの言葉に励まされ、救われ、時に戒めてくれたことを感謝しているようです。自分がそうだったように、若い人にとって言葉の力がいかに必要かを理解している。だから彼らに積極的に声をかけているようです」(芸能関係者) 天海はいま、自分自身にこんな言葉をかけているという。「数年前から『豊かな老後を送りたい』と言っています。『物質的、金銭的にだけではない、気持ちの豊かなものをいっぱい積み重ねていきたい』と。それが“野望”だと言っていますね」(前出・芸能関係者) 心の豊かさを求める天海だからこそ、多くの“信者”に支持されるのだろう。※女性セブン2022年6月9日号
2022.05.27 12:29
『恋なんて、本気でやってどうするの?』の撮影を行っていたアリス(2021年10月撮影)
広瀬アリスが休養発表 妹・すずとの切磋琢磨の7年間、弱音を吐かぬド根性
《ここ数年とにかく前を見て駆け抜けてきたのですが どうやらちょこっとお休みが必要のようです》 4月25日、広瀬アリス(27才)が自身のツイッターで「芸能活動の休止」を報告。2日前の23日には、9月に出演予定だった舞台『薔薇とサムライ2-海賊女王の帰還-』の降板が発表されていた。「降板発表時、所属事務所はメディアの取材に“休養するわけではない”と説明していました。ですが一転して本人が休養を発表したことに、安堵した関係者も少なくありません。ここ数年、アリスさんの体調を気にかける声が相次いでいたんです」(芸能関係者) アリスは現在放送中の4月期ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)と『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』(日本テレビ系)で、異例の主演“掛け持ち”をしている。さらに、出演映画『劇場版ラジエーションハウス』、『バブル』の公開を控え、CM契約本数は11本を数える。オーバーワークを指摘する声もあるが、体調不良の要因はそればかりではない。「実はアリスさんは、以前からめまいや頭痛に悩まされていたんです。それなのに、彼女は弱音を一切吐かず、“がむしゃらに働く時期は必要。いまは倒れるまで働きたい”と口に出して自分を鼓舞してきたんです。バスケットボール少女だったこともあって、性格は体育会系。だから体調不良も根性で乗り越えていたんです」(前出・芸能関係者) 前だけを見ていたのは、妹・広瀬すず(23才)との“切磋琢磨”の影響が大きいのかもしれない。アリスは2008年に『ファイブ』(NHK)で女優デビュー。2010年に昼ドラ『明日の光をつかめ』(フジテレビ系)で昼ドラ史上最年少でヒロインを演じ、期待の新人として注目された。その後は脇役で実績を積み、役柄に合わせた習い事を始めるなど努力を重ねていた。 一方、妹のすずが『幽かな彼女』(フジテレビ系)で女優デビューしたのは、2013年のこと。下積みを続けるアリスとは対照的に、すずは瞬く間に女優の階段を駆け上がった。「すずさんはデビューから2年後の2015年に、『学校のカイダン』(日本テレビ系)で主演を務めました。翌年の2016年には、映画『ちはやふる -上の句-』と『怒り』で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と優秀助演女優賞をダブル受賞。わずか3年で若手ナンバーワン女優と呼ばれるまでになったんです」(映画関係者) 妹の活躍が目立ち始めると、アリスは「すずの姉」と揶揄されるようになっていた。「責任感の強いアリスさんは、デビュー当時から期待に応えられないことに罪悪感を抱いていました。次第に塞ぎ込むことが増え、仕事に身が入らないことも多くなっていたんです。そんな期間が7年ほど続きました」(アリスの知人) 今日の活躍につながる転機となったのは、2017年に放送された連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)への出演だった。アリスは「これでダメだったら女優を辞めよう」と覚悟を決めて撮影に挑み、コミカルな女性芸人の役を好演。これが業界関係者の目にとまりオファーが急増した。 だが皮肉にも、この成功がアリスを苦しめることになる。冒頭の休養宣言の前日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、アリスは「主役を演じる機会が増え、心に余裕がなくなった。座長の自分が“引っ張らなきゃ”“笑顔でいなきゃ”と追い込んでしまう」と胸の内を明かした。「あの7年間に逆戻りしてはいけないという気持ちもあったのでしょう。だからこそこれまで以上の根性で、乗り越えようとしてしまったのかもしれません」(前出・アリスの知人)「すずの姉」と呼ぶ人はもういない。ゆっくり静養して、自然体で戻ってきてほしい。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.28 01:20
華原朋美、北川景子、広瀬すず、みちょぱ…強力なメンツが揃う寅年女性たち
華原朋美、北川景子、広瀬すず、みちょぱ…強力なメンツが揃う寅年女性たち
 2022年の干支は「寅」。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、活躍が期待される寅年の女性芸能人について解説する。 * * *36年に1度訪れる「五黄の寅」の皆さんは「U21」で騒がれたメンバー あれだけ封じ込められていたので、もしかしたら日本だけは新型コロナを負かすことができたのかも……という希望的推測は年明け、見事に打ち砕かれてしまいました。 4人までの会食や、2年ぶりの帰省が叶ったかたがたは、短い時間ではありましたが解放感も味わったことでしょう。でも、そうした気持ちも再び不安感や閉塞感へと変わりました。 そうした想いはコチラの“美しき寅年ガール”たちに何とかしていただきたいと思います!「今年の年女はすごく華やか」と教えてくれたのは、メ~テレ『ドデスカ!』のエンタメ担当、Sディレクターでした。用意してくれた「寅年の美人女優ランキング」(出典『ランキングー!』)は10位から、飯豊まりえサン(24才)、上野樹里サン(35才)、齋藤飛鳥サン(23才)、上白石萌音サン(23才)、杏サン(35才)、水野美紀サン(47才)、比嘉愛未サン(35才)、石原さとみサン(35才)、広瀬すずサン(23才)、そして1位は北川景子サン(35才)。確かに、ものすごいメンツです。 年代別に整理してみましょう。まず目立っているのが、今年36才になる皆さん。そもそも縁起がいい“年女”というだけでなく、今年は36年に1度訪れる「五黄の寅」、つまり彼女たちの生まれ年というワケです。 ザッとメンバーを見ると、かつて「U21」というくくりで騒がれた若き人気女優さんたちが15年以上のキャリアを重ねて立派な主演女優さんになったり、多くのテレビCMに出演したりしていることがわかります。 まずは“美人女優”の代名詞で、前述のランキング調査では必ずと言っていいほど1位か、悪くても3位までに入る北川景子サンです。2016年、DAIGOさん(43才)と結婚してからというもの、コメントにDAI語を入れ込むサービスにより、お澄まししているだけではないお人柄が世間に浸透。「どうやっても美人」なルックスながら『家売るオンナ』シリーズ(日本テレビ系)のようなコメディーへのチャレンジも功を奏しています。 そして妊娠を発表した石原さとみサン、お姑さんの平野レミさん(74才)との良好な関係がたびたび取り沙汰される上野樹里サン、ご主人の柄本佑サン(35才)が実はイケメンだったことを世に知らしめた安藤サクラさん(35才)など、パートナーやファミリーの顔が見える、お幸せそうな女優さんも36才の年女。 一方、デビュー時の“お仕事”やイメージとまったく異なる新たなステージで地位を確立したかたも目立ちます。 TBSの“ぶりっ子”アナウンサーだった田中みな実サン(35才)は、美容のカリスマを経て話題のドラマで怪演を続け、現在は女優事務所に所属。もちろんしゃべり手としての腕は鈍っていませんから、イベントやトークバラエティーからも引っ張りだこの希有な存在へと成長されました。 あの紗栄子サン(35才)の“キャリア”や“プライベート”については、『女性セブン』の読者の皆さんには説明不要かと思いますので(苦笑)、近況についてだけ。彼女の主戦場はいま、東京ドーム11個分の広大な牧場、栃木県の『那須ファームヴィレッジ』なのですから仰天させられます。これまでに培った経験や人脈、持ち前の行動力で牧場を立て直した経営者。さすがにスケールが違います。 また、杏サンや長谷川潤サン(35才)のようにプライベートでいろいろあったかたが“立て直し”に着手できるのも36才。さらに昨年、深田恭子サン(39才)の代わりにドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)主演をスパッと引き受けた比嘉愛未サンのような大胆な挑戦も可能となります。「新春ドラマスペシャル『緊急取調室』」(テレビ朝日系)で天海祐希サン(54才)と対峙した比嘉サンからは、新たな幕開けが感じられたものです。24才組の年女は子役出身で芸歴が長いのが目立つ こうしたかたたちを上回るパワフルさを感じさせるのが48才組。後藤久美子サン(47才)、華原朋美サン(47才)、水野美紀サン、山本未來サン(47才)……という、長きにわたり、『女性セブン』誌面を賑わせてくださったツッコミどころ満載な(!)布陣が揃っています。 さぁ、誰からツッコミましょうか。やっぱり朋ちゃんですかね(笑い)。シングルマザーを経て、昨年、ビジネスパートナーの男性と電撃婚。「バラエティーをやってみたい」と熱望する朋ちゃんは、あのマツコ・デラックスさん(49才)をはじめ、バラエティーの大物らが超ウエルカム。そんな場でも必ず歌声を披露してくれる大サービスでは、あの元カレに育てられた高音は健在です。いや〜本当にたくましい。そして、もう安心ですね。 そして、鈴木おさむさん(49才)作のドラマには欠かせない怪優となった水野美紀サンや、「『義母と娘のブルース』2022年 謹賀新年スペシャル」(TBS系)で穏やかな笑みをたたえた山本未來サンは、一周回って存在感あふれる女優さんになられました。 また、ここにきてご主人の爆竹騒動に巻き込まれるも涼やかな後藤久美子サンはサスガという気がします。 では、公私にわたり、まだ凸凹が見られない24才組はどうでしょう。 女優さんでは、広瀬すずサンを筆頭に、上白石萌音サン、福原遥サン(23才)……と芸歴の長いかたたちが目立ちます。決してカワイイだけじゃなく、役柄によってはすごみを見せてくれる広瀬サンは、すでに芸歴10年! 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)での好演や『第72回NHK紅白歌合戦』ではその歌声にも注目が集まった上白石萌音サンは芸歴11年! 2022年度後期の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(同)のヒロインを勝ち取った福原遥サンは子役出身ということで芸歴17年!! さらには“モノ言うギャル”としてバラエティーや情報番組の企画会議で真っ先に名前があがる、みちょぱ(池田美優サン・23才)やにこるん(藤田ニコルさん・23才)も24才組の年女。このメンツも強力ですね。 そもそも寅年生まれは好奇心旺盛で一度決めた目標はどんな困難があっても必ずやり遂げる強い意志と揺るぎない信念、行動力もカリスマ性もあるといいます。 さらには情熱的でロマンチストで愛情表現も激しいのだそうです。 こうした特徴を踏まえると、60才の年女として松田聖子サン(59才)が名前を連ねていることに心から納得してしまいます。“その時期”を私たちが決めることも、もちろん急かすこともできませんが、2022年、還暦を迎える聖子サンが改めて歌声を聴かせてくださることを願ってやみません。 今年は、パワフルで強運な寅年女の皆さんについていきます!構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。撮影/平野哲郎※女性セブン2022年2月3日号
2022.01.25 10:52
矢沢永吉
YAZAWA登場の『情熱大陸』 昨秋からメジャー路線の背景に『鬼滅』も?
 根強いファンを持つ人物ドキュメンタリーの代名詞的な番組『情熱大陸』(MBS・TBS系)に矢沢永吉(72才)が登場することが注目を集めている。矢沢以外にも『情熱大陸』では昨秋ごろから、メジャーな人物を取り上げることが増えている。その背景とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 16日の『情熱大陸』でフィーチャーされるのは、何と矢沢永吉さん。言わずと知れた日本音楽界きっての大物アーティストであり、特別な放送回であることは間違いないでしょう。 しかし、実は昨年11月からの2か月あまり、広瀬すずさん(2週連続)、柄本明さん、サッカー元日本代表・大久保嘉人さん、YOASOBI、和田アキ子さん、フィギュアスケート・坂本花織さん、錦鯉が立て続けに出演するなど、誰もがその名前を知るメジャーな人選が続いていました。 これまで1998年4月から1185回にわたって放送された『情熱大陸』は、さまざまな分野で活躍する人物にバランスよくスポットを当ててきたため、むしろ知名度の低い人のほうが多数派。知られざるヒーローやスペシャリストの出演が過半数を占め、メジャーな人は月に1回程度の出演に過ぎませんでした。 放送1200回の節目が間近に迫ってきた今、なぜ『情熱大陸』は、これほどのメジャー路線に舵を切っているのでしょうか。アニメ『鬼滅の刃』新作がスタート 真っ先に挙げられるのは、アニメ『鬼滅の刃』(フジテレビ系)の影響。昨秋の10月、フジテレビが日曜23時15分から『無限列車編』をスタートし、そのまま新作の『遊郭編』を放送しています。『鬼滅の刃』はすぐに時間帯トップの視聴率を叩き出すなど、他局にとっては大きな脅威。一方、『情熱大陸』は民放主要4局で最下位に甘んじることもあり、何かしらの手を打つ必要性に迫られていました。 ちなみに民放主要4局の裏番組は、日本テレビが日曜ドラマ、テレビ朝日が『関ジャム完全燃SHOW』、フジテレビが『Mr.サンデー』『鬼滅の刃』と、熱心なファンを持つ各ジャンルのコンテンツが勢ぞろい。知名度では『情熱大陸』がトップでも、厳しい戦いを強いられているのです。 実際、『情熱大陸』の視聴率は、昨年4月あたりまで個人2%台後半・世帯5%前後をキープしていましたが、5月以降下がりはじめ、10月までは個人1%台・世帯3%台に落ち込むこともありました。 しかし、メジャー路線に切り替えた11月以降は、以前の個人2%台後半・世帯5%前後を記録することが増え、最新放送の今年1月9日も個人2.9%・世帯5.5%を記録しました。短期的な結果ではあるものの、メジャー路線は着実に結果を出しているようです。 次にふれておかなければいけないのは、コロナ禍の影響。感染予防の観点から『情熱大陸』に限らず、人物密着系のドキュメンタリーは撮影が困難になりました。特に一般人への撮影が難しくなる一方で、短期間の密着で撮れ高が見込めるタレントやアスリートが優先されるのは当然かもしれません。『プロフェッショナル』は放送縮小へ そしてもう1つあげておきたいのは、人物密着ドキュメンタリーというジャンルの“金属疲労”。『情熱大陸』が23年超にわたって放送されているだけではなく、似たコンセプトの『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)も16年にわたって放送され続けてきました。しかもその『プロフェッショナル 仕事の流儀』は今春でレギュラー放送を終了し、月1回程度の特番になると報じられています。 スポニチの報道によると、同局関係者は「長年続く中で、取り上げる職業のジャンルも狭まり、徐々にインパクトが薄れたのは否めないが、ここまで続いたこと自体が偉業」「普段取り上げられることの少ない業界や職人にスポットライトを当てたのは大きな功績」とコメント。 これは「一定の役割を終えた」という意味合いが強い上に、「インパクトが薄れて視聴率が低迷している」というニュアンスを含んでいました。長年レギュラー番組としてハイペースで放送し、さまざまなジャンルの人をカバーし続けてきたことで、「人物密着ドキュメンタリーに対する興味関心がかつてほどではなくなっている」という判断なのでしょう。 しかし、芸能人やアスリートなどのメジャー路線を続けると、どこかプロモーションビデオのように見えてしまうのが人物ドキュメンタリーの難しいところ。また、長年『情熱大陸』を見続けてきた熱心なファンも納得しないでしょう。1月下旬以降はメジャー路線をやめて、再びバランスの取れた人選に戻る可能性もありそうです。 かつてこの番組を取材したとき、「どんな人選で、どんな演出になっても、葉加瀬太郎さんのオープニング『情熱大陸』とエンディング『Etupirka』と、窪田等さんのナレーションは変えない」という制作サイドの矜持を聞きました。深夜帯ながら強力な裏番組がそろう中、ブレない姿勢を貫き通すことがピンチを乗り越え、長寿番組の強みを発揮することにつながっていくのではないでしょうか。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2022.01.16 02:43
今年も注目を集めた人気女優たち(写真/ロケットパンチ)
上白石萌音、永野芽郁、広瀬すず…朝ドラ女優たちの2021記者会見ショット
 2021年ももう残りわずか。昨年から続くコロナの影響で、芸能人が公の場に立つ機会は減ったが、女優たちの輝きはいささかも失われていない。2021年に記者会見を行った、朝ドラヒロインを務めた経験を持つ女優たちの姿を紹介しよう。●永野芽郁(22才) パンツスタイルの警察制服姿だった主演ドラマ『ハコヅメ』では見られなかったスカートスタイルで登場。●上白石萌音(23才) 朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のヒロインに抜擢された上白石。胸元に透け感のあるワンピースは清潔感が漂い、役のイメージにピッタリ。●広瀬すず(23才) 今年は『情熱大陸』に出演し、役柄にあわせて食事制限中と明かしたが、ドレス姿のシルエットを見る限り、もっと食べてもOK?●土屋太鳳(26才) Netflixで配信中の『今際の国のアリス』で主演を務めた土屋。会見には背中と脚を披露する衣装で登場した。●有村架純(28才) 朝ドラ『あまちゃん』『ひよっこ』を経て一流女優の風格を漂わせる有村は、光沢のあるタイトな衣装で大人の魅力をアピールした。※週刊ポスト2021年12月24日号
2021.12.14 15:40
広瀬すずのつもりがちびまる子ちゃんに… 美容室でのオーダー失敗談
広瀬すずのつもりがちびまる子ちゃんに… 美容室でのオーダー失敗談
 美容室にせっかく行ったのに、満足できない仕上がりだった──。自らオーダーした髪型と実際の仕上がりで差が出てしまう経験をしたことはないだろうか。許容できる失敗ならまだしも、致命的なものとなれば人前に出たくなくなるほどダメージは大きい。それは男性でも女性でも同じこと。イメージと現実が異なり、つらい思いをした当事者の声を聞いた。韓流スターのつもりが幼少期の孫悟飯に… IT企業に勤める20代男性・Aさんは、いつも行っていたカット2000円台の美容室美容室で、韓流俳優のようなツーブロックマッシュ風の髪型をオーダー。側面は刈り上げ、後頭部はほどよく後丸みがある髪型だが、想定外の仕上がりになったそうだ。「韓流俳優とは程遠く、もみあげが刈り上げられて、きのこっぽくなりました(笑)。おぼっちゃまヘアーというか、『ドラゴンボール』で言うところの幼少期の孫悟飯みたいな髪型になってしまい、ショックでした。寝てしまったのがいけなったんでしょう。もし起きていれば異変に気が付けていたはずですから。口頭だけでなく、ちゃんと写真も見せれば良かったのか……」(Aさん) しかし、後悔しても髪型は戻らない。このままでは恥ずかしくて会社に行けないと感じたAさんは、すぐに別の美容室に駆け込み、修正してもらい事なきを得たという。「その後、僕にとってはいつもより高いカット5000円台の美容室に行って、『いっそ坊主でもいいです』と半泣きで訴えたところ、どうにか修正してもらえました。今思えば、安い美容室で切ってくれているおじさんが、韓流俳優のイメージをわかっているかどうかは怪しかった。値段の問題だけではないのでしょうけど、“○○みたいに”と伝えることの難しさを痛感した事件でした」(Aさん)想像以上に「80年代アイドルカット」の衝撃 もっとも、画像を持参してオーダーしても失敗することもある。メーカーに勤務する20代女性・Bさんは、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)に出演していた清野菜名や浜辺美波の「聖子ちゃんカット」に興味を持ったという。「“聖子ちゃんカット”という名前は聞いたことあるくらいでしたが、『今日俺』をきっかけに、そのかわいさにハマりました。80年代のアイドルのブロマイドを買ってしまうほど、本当に憧れていました」(Bさん) 思いは募り、自分の髪型を変えてみようと思い立ったBさん。美容室ではインスタグラムに載っていた、そこまで内巻きが強くなく、厚ぼったくない、“現代版にアレンジされた聖子ちゃんカット”の画像を見せたというが、結果は「想像以上に80年代になってしまいました」と苦笑い。「令和アレンジをしてくれませんでした。“ガチ”聖子ちゃんカットは求めていなかったのに……。美容師さんとの会話で『80年代のアイドルが好きで~』みたいなことを言ったからかもしれないと反省しています。カットとパーマで8000円くらいかかりましたけど、もしかしたら、ヘアーアイロンでセットすれば十分だったのでは、と後悔しました」(Bさん)“広瀬すず風”ショートボブのはずが… PR業界で働く30代・Cさんも、何度も美容室で失敗してきたというが、中でも「思わず自分で笑ってしまった」エピソードを教えてくれた。「いろいろと失敗してきましたけど、“広瀬すず風”ショートボブをオーダーした時は、ひどかったです。仕上がりが、ちびまる子ちゃんに……。自分でヘアーアイロンやワックスを駆使してセットしていましたが、当時は鏡を見るのが憂鬱でたまりませんでした。髪を伸ばそうとしていた時期は、『長さはそのままで軽くしてほしい』と頼んだら、2000年代の中島美嘉みたいなウルフカットにされたことも。かっこよさは求めていなかったのに、やたらヤンキーっぽくなって、周囲からはメンタルを心配されました」(Cさん) 後から振り返れば笑い話にもなるが、その時は思わず頭を抱えてしまうような重大な問題。どうしたら失敗を防ぐことができるのだろうか。都内で働く40代の女性美容師はこうアドバイスする。「究極、美容室は美容師とのコミュニケーションなので、切る前に話し合うことが最も大切です。例えば、マネしたい芸能人がいるなら、写真も正面の1枚だけでなく、後ろや横も含めた、複数の角度の写真を用意してもらえると助かります。そのうえで、『この感じで私に似合うようにしてください』という言葉を付け足してください」 明らかに美容師側の責任という場合を除き、失敗したからといって美容師を次々と変えるのも考え物だという。「初めてのところでは、1回で理想通りというのは無理があるものだと考えたほうがいいかもしれません。人によって骨の形や左右の毛量、髪質の違いもあるので、それを初回で把握するのはどうしても難しい。明らかな失敗でなければ、2回目で気に入らなかったところ、しないでほしいことをちゃんと伝えてくれるとうれしいです。美容師の腕も重要ですが、自分好みの美容師を“育てる”視点も大切です」(同前) お金も時間も無駄にしないためにも、美容室に行く前に万全な準備をしておきたい。
2021.09.04 19:11
広瀬アリス&すず 話題の2作で鮮明に、姉妹の俳優としての“違い”
広瀬アリス&すず 話題の2作で鮮明に、姉妹の俳優としての“違い”
 現在公開中の映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。『地獄の花園』は公開後最初の土日2日間で8万7000人を動員し、興行収入は1億1900万円でランキング3位を獲得。『いのちの停車場』も動員数13万5000人、興行収入1億4800万円でランキング初登場1位を獲得し、好スタートを切った。前者には広瀬アリス(26才)が、後者には妹の広瀬すず(22才)が出演し、対極的な両作が話題となっているが、姉妹の俳優としての“違い”について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * 広瀬アリスと広瀬すずが出演し、話題を呼んでいる映画『地獄の花園』と『いのちの停車場』。封切りから4週目に入った現在も、作品を観るために映画館へ足を運ぶ人が増え続けているようだ。2作はまったく異なるタイプの対極的な作品であるため、はしごして楽しむ人も多い印象だ。『地獄の花園』は、お笑い芸人や俳優としてだけでなく、脚本家の顔も持つバカリズム(45才)が手がけたシナリオを、PerfumeやサカナクションなどのMVを手がけてきた関和亮(45才)が監督したもの。日本中の“ヤンキーOL”たちが抗争を繰り広げるという奇想天外な物語だ。 素敵なOLライフに憧れる主人公の直子の職場に、カリスマヤンキーOLの蘭が中途採用されたことをきっかけに、あちこちからヤンキーOLたちが蘭に挑戦を挑みにやって来る。ひょんなことから蘭と仲良くなったカタギのOLである直子も、“地上最強のOL”の座をかけた抗争に巻き込まれてしまう。直子役を永野芽郁(21才)が、蘭役を広瀬アリスが演じており、本作において広瀬アリスは、物語が動くきっかけとなる重要な役どころに配されている。 一方の『いのちの停車場』は、医師で小説家の南杏子による同名小説を、『八日目の蝉』(2012年)などの成島出監督(60才)が吉永小百合(76才)を主演に迎えて映画化したもの。主人公である女性医師が直面する在宅医療の現場から、“命のあり方”が見えてくる作品だ。 東京の救命救急センターで働いていた医師の咲和子(吉永)が、故郷の金沢にある「まほろば診療所」で“在宅医”として活動をスタート。患者を訪問しての診療は咲和子にとって初めての経験で、“患者の生き方を尊重する”という「まほろば」の方針や、行く先々で出会うさまざまな患者とその家族に戸惑いながら、多様な“命のあり方”を知っていくことになる。本作で広瀬すずが扮するのは、「まほろば」で勤務する訪問看護師の星野麻世。新しい環境での再出発を果たす咲和子をサポートする役どころだ。広瀬姉妹のどちらもが、それぞれの作品において重要なポジションについているのである。『地獄の花園』はコメディであり、『いのちの停車場』は社会派ヒューマンドラマ。となれば当然、作品の手触りは異なり、彼女たちが演じる役どころも大きく異なってくる。姉のアリスは“ヤンキーOL”という奇異なキャラクターをエネルギッシュに演じており、一方の妹すずは、大きなトラウマを抱えながらも人々のために奔走する看護師に扮している。どちらも助演のポジションであり、異なる演技のアプローチで作品を支えており、この2人の“違い”が印象的である。 とはいえ、これまでにアリスはシリアスな役もこなしてきた。映画で言えば『銃』(2018年)で演じた、表向きの明るさとは裏腹に、何らかの問題を内に抱えている女子大生役や、高校生から恐妻までを見事に演じ上げたドラマ『知ってるワイフ』(2021年/フジテレビ系)での好演も記憶に新しい。対するすずも、熱い青春モノやコメディ作品に多く出演し、才能を見せてきた。競技かるたに熱中する快活なキャラクターで作品を率いた『ちはやふる』シリーズ(2016年-2018年)や、薬を飲んで仮死状態となった父親を火葬から救うべく奮闘する女子大生をテンション高く演じた『一度死んでみた』(2020年)などが当てはまる。 若手俳優の中でもトップをひた走る姉妹なだけに、キャリアの豊富さを見れば、各作品における彼女たちの演技の振り幅の大きさは明らかだ。しかしやはり俳優には、得意とする役どころというものがあると思う。アリスが得意とするのは、感情をより表に出すような役どころであり、すずは役の感情の内面に迫るような役どころである。 朝ドラ『わろてんか』(2017年-2018年/NHK総合)でアリスが演じた漫才師役は、アリスのコメディエンヌとしての才能を開花させた代表作だし、以降はコミカルな役どころが続いている印象があり、そうでないシリアスな作品と器用に演じ分けているのは事実だ。『Q:A Night At The Kabuki』(2019年)で初舞台を踏んだすずは、ステージ上をパワフルに駆け回り観客を魅了したが、それ以上にキャラクターの内面に迫るシーンに惹きつけられた。大きな身振り手振りよりも、静かに心情を吐露するような細やかな表現が、劇場内の空気を変えていたのを肌で感じた。 その意味で、『地獄の花園』と『いのちの停車場』は、広瀬姉妹の得意な役どころにまさにマッチしており、どちらもハマり役であることは言うまでもないだろう。感染対策をしながら映画館に足を運び、是非姉妹の“違い”を体感して欲しい。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.06.15 11:07
鈴鹿央士
広瀬すずが見出した逸材・鈴鹿央士 『ドラゴン桜』で見せる演技力
 阿部寛(56才)が主演を務める日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)。阿部演じる主人公・桜木の“名言”が毎話炸裂し、放送開始早々から評判は上々だ。本作には若手俳優も多く出演しているが、その中でも特に注目を集めているのが、傲慢で嫌味な生徒・藤井遼役を演じている鈴鹿央士(21才)だ。SNSなどには「藤井の演技がエグすぎる」、「藤井の性根を叩き直してほしい」といった視聴者の声で溢れている。鈴鹿が視聴者を引き付ける理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。 * * * 2005年の前作では最終回の視聴率が20%超えの大ヒットとなり、それだけに早くから注目が集まっていた今回の続編『ドラゴン桜』。落ちこぼれ高校生たちが難関大学・東大を目指し、奮闘していく学園ドラマだ。SNSでは、「桜木先生の言葉が刺さる」、「受験生に限らず、大人が観ても学びがある」といった言葉が並び、これには筆者も同感。桜木の言葉を受けて自身の問題に向き合っていく高校生たちに、自分を重ねてしまっているほどである。 本作は、映画化もされた『アルキメデスの大戦』(講談社)を連載中である漫画家・三田紀房(63才)による『ドラゴン桜2』(講談社)を原作に、ドラマならではオリジナル要素を加えたもの。2005年の前作に続き、主人公の桜木役として阿部が登場しているほか、長澤まさみ(33才)も続投している。長澤といえば前作では東大を目指す高校生役の一人を演じており、今作では東大卒の弁護士として再登場。彼女が桜木の右腕となり、“後輩”たちの導き手となっている。 舞台となるのは、偏差値32で経営破綻寸前の高校・龍海学園。ここへ、かつて落ちこぼれだった龍山高校から東大合格者を輩出し、“学校再建のエキスパート”である元暴走族の弁護士・桜木(阿部)がやってくる。桜木は、龍海学園の再建を請け負うため呼ばれるが、自由な校風を理想とし、進学校化に反対する理事長と対立することになる。そんな中、桜木と水野(長澤)が受け持つ「東大専科」に、それぞれに問題を抱えた生徒たちが集合。東大受験に向けた戦いの火蓋が切られることになる。 前作に引き続き、今作も若手俳優の注目株が勢揃い。メインキャストとなる東大専科の生徒役には、King & Princeの高橋海人(22才)、アイドルから俳優へと見事な転身を果たした平手友梨奈(19才)、映画界で確かなキャリアを築き上げてきた南沙良(18才)、年齢と芸歴がほとんどイコールである加藤清史郎(19才)らが配されている。いずれも俳優としての“これから”を嘱望されている存在だ。だが、若手出演者の中でも最も目が離せないのが、彼らと敵対関係にある生徒を演じる鈴鹿央士(21才)だ。 男性向けファッション誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルも務める鈴鹿は、広瀬すず(22才)との出会いによって芸能の道に進むことになったことは知られているだろうか。広瀬が主演の映画にエキストラとして参加した際に、彼女の目に留まったのだという。鈴鹿はその後、映画『蜜蜂と遠雷』(2019年)で俳優デビューを果たし、以降、朝ドラ出演や連続ドラマの主演など、破竹の勢いで突き進んできた。“超大型新人”と鳴り物入りでデビューしたわけだが、これまでの短いながらも豊富なキャリアを振り返れば、その称号が偽りでないことが分かるはず。しかしこれは、新人俳優だけが持つ“瑞々しさ(フレッシュさ)”があってこそであるのも事実。役を演じること以上に、鈴鹿本人の持つ“素の魅力”が求められてきたのではないかと思う。『ドラゴン桜』で鈴鹿が演じるのは、学年トップの成績を持つ藤井遼。高校入試時に体調を崩したために志望校を断念せねばならず、やむなく龍海学園に入学してきた。それゆえ、彼自身の学力と龍海学園のレベルは不釣り合い。藤井は単身、東大を目指している。そんな彼は、周囲の生徒たちを馬鹿にし見下す生徒であり、我の強い存在だ。今作での鈴鹿は、この“我”をコントロールすることが求められ、それを丁寧に実践しているように思う。 鈴鹿はあくまでも生徒役の一人だ。自由に演じ、それを周囲が支えてくれることでシーンが成立するというのは新人時代の特権で、そこで際立つのが瑞々しさ。しかし今作では、瑞々しさではなく、完全に芝居で勝負している印象だ。同年代の俳優たちとの対等な掛け合いはもちろん、主演の阿部との演技合戦にもそれが垣間見える。 藤井と東大専科の関係において、何かを仕掛けるのは彼の方だ。一所懸命に勉学に取り組もうとする者たちに対して「バカがうつりそう」などと平気で口にする彼の高慢な態度に、本気で腹を立てているのは筆者だけではないだろう。その目と口元には、常に侮蔑的な色が浮かんでいる。しかし当然、仕掛ければ桜木たちの反撃がある。もちろん桜木の方が上手であり、これに対して藤井はリアクションを取らなければならない。鼻を折られた際の藤井の声と表情に注目だ。他人を見下すいつもの調子は乱れ、顔一面には狼狽の色が広がるが、それでも彼の我の強さは崩れ落ちることがない。自身の中にある狼狽と高慢さが拮抗するさまを、声と表情とで巧みに表現しているのだ。「鈴鹿央士から目が離せない」と先述したのには、2つの意味がある。一つは、彼の演じる藤井がいまだに東大専科を敵視しているため、何を仕掛けてくるか分からない存在であるということ。もう一つは、鈴鹿本人の俳優としての変化である。シンデレラボーイは、早くも新人時代を終えようとしているのかもしれない。【折田侑駿】文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。
2021.05.28 18:34
『いのちの停車場』で共演 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが語る
『いのちの停車場』で共演 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが語る
 5月21日に全国公開される映画『いのちの停車場』では、日本映画界を代表する吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずの3人が共演した。「まるで家族みたいな雰囲気でした」──吉永小百合がそう語るように、3人は和やかな、温かな雰囲気をまとっていた。だが、劇中でそれぞれが「いのち」に向き合う中で、葛藤を抱えていたという。3人に「いのち」について聞いた。広瀬:『いのちの停車場』で真っ先に感じたのは現場の温かさです。スタッフやキャストの皆さんがこんなにも吉永さんを大好きで尊敬しているんだと、肌で感じて感動して……。休憩中に子役の男の子と遊んでいると吉永さんも来てくださるのがすごくうれしくて、“こんな経験なかなかできない!”って、かみしめていました。吉永:彼が無邪気に遊んでいるから「ほらほら、本番が始まるわよ」なんてね(笑い)。おふたりとは初めてでしたが作品を拝見していたのでそんな感覚もなく、顔合わせのホン(台本)読みから、まるで家族みたいな雰囲気でしたね。松坂:はい、とても居心地のいい現場でした。ただ、ぼく自身はホン読みでワキ汗が止まらなかったです(苦笑)。特に、吉永さん演じる咲和子先生をはじめ、在宅医療を行うぼくたち「まほろば診療所」の面々が集うバーで、モノマネをする場面。吉永さんや診療所の院長を演じる西田敏行さん、錚々たるキャストの皆さんを前にモノマネなんてド緊張してしまいまして。もうね、ずっとそわそわしていました。吉永:ふふふ。私はモノマネを早期に辞退してしまいました。ズルしました、すみません(笑い)。あのバーはまほろばのみんなの憩いの場でわいわいモノマネしたり、おまんじゅうを食べたり。演じながらも、和気藹々とした時間が素でも楽しかったですね。松坂:命を扱う重たいシーンの合間の、憩いの場でもありましたね。映画を振り返ると、「命のしまい方」という言葉が心に残っています。在宅医療の難しさもある一方、最終的にどんな選択をしていくのか。自分だったらどうだろうと、身近に感じることができました。劇中の人物それぞれの生き方と「命のしまい方」がある。命について、これが答えですと何かひとつを提示するのではなくて、自分ならどうするのかと見る人の心にそっと問いかける作品です。広瀬:亡くなった患者さんの唇にぽんぽんと口紅を載せたり、手に刻まれた闘病の名残をお化粧でやさしくぼかしてあげたり。咲和子先生が手にファンデーションを塗る姿は亡くなったかたへの深い愛情や目に見えない過去が伝わって、忘れられないシーンです。いつか自分のそばにもそういう人ができたらいいなと思いました。吉永さんは初めての医師役だったんですよね。吉永:初めての挑戦でいちばん難しい役柄だったかもしれない。親しい人に別れを告げて旅立つ場に在宅医師として立ち会い、患者さんやその家族に心で寄り添うというのがね、そこはなかなか難しくて迷いながら…。特に老齢の自分の父親の最期については医師として、そして娘としての咲和子の考え方も違うので、悩んだままにエンディングを迎えました。でも、それが逆に自然なのかなって。決められる問題ではないと、演じながら感じていました。松坂:心に寄り添い、命と向き合ってそれぞれに選択した形がそのご家族の正解なのかなと、ぼくは感じました。吉永:そうやって寄り添ってくれる家族の大切さが身に染みて、私も他界した両親や身近な家族を思いやる時間が持てました。自分ができることを家族に尽くすことはとてもすてきなことだと、伝えられたらいいなと思っています。撮影/三浦憲治 取材・文/渡部美也※女性セブン2021年5月20日・27日号
2021.05.17 09:42
父・千葉真一が語る 真剣佑の熱愛とワンオクTakaとの「絶交」報道
父・千葉真一が語る 真剣佑の熱愛とワンオクTakaとの「絶交」報道
 今最も旬な俳優の一人、新田真剣佑(24才)に降って湧いた熱愛報道が、複雑な広がり方を見せている。 4月22日発売の女性セブンが、真剣佑に、今年に入って同棲を始めた交際2年の恋人、A子さんがいると報じた。今年31才になるA子さんは元芸能人で、透明感のある美貌の持ち主。そのA子さんを巡って人気ロックバンド『ONE OK ROCK』のボーカル・Taka(33才)と、トラブルになったという。 真剣佑とA子さんが知り合った当時、彼女には人気スタイリストの夫がいたが、やがて離婚し、真剣佑との交際が始まった。順調だった二人の関係に危機が訪れたのは昨年8月下旬。発端は、TakaがA子さんを含む男女数人で温泉旅行に行ったことだった。「真剣佑さんはA子さんから、複数の男女と連泊することを聞いていなかったんです。しかもTakaさんと真剣佑さんは友人関係で、A子さんと自分が交際していることを知っていたはずなのに、旅行に連れて行ったことに激怒したようです。 真剣佑さんとしては、A子さんよりも友人だと思っていたTakaさんに“裏切られた”気持ちになったようで、口も聞かない絶交状態になったのです」(真剣佑の友人) A子さんとの関係はその後、持ち直し、父親の千葉真一(82才)や弟の眞栄田郷敦(21才)に紹介するなど交際は順調に進んでいるという。その千葉は一連の騒動をどうみていたのだろうか。千葉に聞いた。――真剣佑さんを支えているA子さんと会ったと聞いている。「マッケン(注:千葉は真剣佑のことをこう呼ぶ)の仲間のことは、彼自身が選んでいることですから。彼がこれからどういう人たちを、自分の右とか左とかに置いていくか、あんまり深くは干渉していないですね」――A子さんとは恋人関係で、今後、一緒に渡米するという話もあるそうです。結婚も視野に入っているとか。「え! A子さんとマッケンは恋愛関係なんですか? そういう話? 全然、知らない、知らない! 仕事関係の皆さんとご飯を食べているところに、おれも呼ばれて。その中のひとりとして(A子さんを)紹介されたから、『あ~よろしくお願いします』って言ったんだよ。おれは事務所の人かなと思っていたんですよ。結婚前提? アハハ! 今、それどころじゃないだろアイツ~ったく、しょうがない奴だな。そういうことはなにも言わないんだから(笑い) 怒られると思ってんのかな。アハハ! 怒りやしないのにな、本当のこと言ったって(笑い)。まぁ、いまはそれどころじゃないだろ、あんまりよそ見しない方がいいぞ、とは言ってますよ。まあね、もう大人になったんだから、なにやったってかまわないし、文句言うことはないし。今度会ったら聞いてみますよ! お前、おれになんか隠してることあるだろ、って(笑い)」――森進一さんの長男で、『ONE OK ROCK』のボーカルのTakaさんと、A子さんを巡りトラブルになっているそうですが、ご存知ですか?「Takaさん……? 全然知らないよ。森進一も知らないんだから、その子供も知らないな。おれ、まったくわからないんだよ、日本のことは。マッケンが出てたカルタの映画(注:広瀬すず主演の2016年公開の映画『ちはやふる-上の句-』に真剣佑も出演)の子いるでしょ? あの子も知らなかったんだもん」――広瀬すずさんですか?「そうそう。楽屋でマッケンに紹介されたんだけどさ。まったく知らないんだよな、日本のこと」――5月から真剣佑さんはハリウッドでの映画撮影のため、渡米すると聞いています。父としてアドバイスをされたんですか?「この間、(クリント)イーストウッドの長男坊(スコット・イーストウッド)とマッケンが共演したんですよ(注:2018年公開の映画『パシフィック・リム アップライジング』)。その後1、2本主役が決まってると聞いてるけど。 もちろん、マッケンだけでなく、日本からハリウッドに出ていける俳優がもっともっと増えていけばいいなと思っています。じゃあ日本で何をすればいいのか、行くためにはどうすればいいのかってことを、アドバイスをしています。 まぁ、マッケンは日本のことも、アメリカのことも分かった風になってますから。もう、彼がやることにいちいち、ああやれ、こうやれとは言っていない。お前が思うようにやれ、俺はバックアップするだけだから、と言っています」――自分で決めなさい、というスタンスなんですね。「そうそう。仕事の邪魔になることはダメだけど、そうじゃないことだったら、どんどんやったらいいよって。ハリウッドは日本とはガラッと違うし、マッケンは合うんじゃないかな。もう、なにも心配することはないというか。あとは素敵な、いい役をつくり上げて、いい映画をつくってほしいというだけですね」 最後に千葉は、「それにしてもA子さんのことは知らなかったなぁ……マッケンに電話してみるよ!」と笑顔を見せた。
2021.04.22 09:52
実力は是枝裕和監督も評価 広瀬すずが“演技派”と呼ばれる条件
実力は是枝裕和監督も評価 広瀬すずが“演技派”と呼ばれる条件
 4月11日から放送開始の探偵ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)で、俳優の櫻井翔とダブル主演を務める女優・広瀬すず(22)。これまで様々な映画やテレビドラマに出演し、多数の受賞歴を持つ実力派女優だが、世間から“演技派”と呼ばれることはあまりない。だが、その力は業界で高く評価されているようだ。 もともと10代女性向けファッション誌『Seventeen』の専属モデルとして2012年にキャリアをスタートしたこともあり、その類い稀な美貌は折り紙つきだった。テレビCMで活躍する姿に魅了されたファンも少なくない。だがそのことがかえって、“演技派”としての側面を覆い隠してきてしまったのかもしれない。 2013年にテレビドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)で女優デビューを飾った広瀬は、同年に『謝罪の王様』で映画にも初出演。世間から注目を浴びたのはその2年後、2015年に連続ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)で初主演を務めた時だろう。 同じく2015年には、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された是枝裕和監督の映画『海街diary』に出演。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆ら先輩女優たちと“四姉妹”を熱演した広瀬は、ほぼアドリブでの演技にも挑戦し、日本アカデミー賞をはじめ多数の映画賞で新人賞を受賞した。 その後も数多くの映画賞を受賞してきた広瀬。昨年は主演映画『一度死んでみた』で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を獲得。今年に入ってからはドラマ『桶狭間 OKEHAZAMA〜織田信長 覇王の誕生〜』(フジテレビ系)で時代劇に初挑戦するなど、新境地も開拓し続けている。 そんな広瀬すずの演技について、世間のイメージとは裏腹に映画監督からは高い評価を受けていると、テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏は語る。「世間的なイメージとしては、広瀬すずに“演技派”のイメージはあまりないように思います。しかし、是枝裕和や李相日、坂元裕二といった世評の高い監督や脚本家の映像作品のほか、野田秀樹の舞台作品にも出演しています。 特に是枝監督の広瀬の演技への評価は高く、NHK『あさイチ』に出演したときは彼女のことを『ひとりで立ってる子』『なにものにも寄りかからずに、誰かに媚びることもなく、おもねることもなく、自分の足でちゃんと立ってる』と評していました。 そんな『ひとりで立ってる子』の孤独と自律がない交ぜになったような佇まいを感じさせたものとして、個人的にはドラマ『anone』での抑えた演技が印象的です」(飲用てれび氏) 坂元裕二が脚本を務めた2018年放送のドラマ『anone』(日本テレビ系)で、広瀬はネットカフェで寝泊まりする主人公を演じていた。彼女にとっては10代最後の主演連続ドラマであり、同年には芸能界デビューのきっかけとなった『Seventeen』の専属モデルも卒業。転機となった1年でもあっただろう。 実力を十分に備えた広瀬すず。世間に“演技派”としてのイメージが定着するにはどのようなきっかけが必要なのだろうか。飲用てれび氏は次のように指摘する。「彼女があまり“演技派”と見られないのは、“アイドル女優”というイメージが強いためかもしれません。海外で賞を獲った作品に出演するといったインパクトがあると世評も変わるのかもしれませんが、出演作品と年齢を積み重ねることで、自然と評価が追いついてくるようにも感じます」 11日からスタートする主演ドラマ『ネメシス』は、数多くの賞を受賞した2009年の映画『SR サイタマノラッパー』を手がけたことでも知られる入江悠が総監督を担当。映画ファンからも期待が寄せられている作品だ。広瀬すずが“演技派”と呼ばれるようになる日が来るのは、時間の問題なのかもしれない。◆取材・文/細田成嗣(HEW)
2021.04.09 17:58
指原
腸活ブーム到来で「大便」についてオープンに話せる雰囲気に
 古くから人々は健康になる方法を求め続けてきた。現代の日本に限っても、紅茶キノコやナタデココ、水素水や酵素、ぶら下がり健康法やあらゆるエクササイズの類いまで、さまざまな健康ブームがやって来ては去っていった。 そして、昨今は腸内環境を整えることで健康体を保とうという「腸活」が注目されている。指原莉乃(27才)や広瀬すず(22才)といった有名人も実践し、腸活にすべてを捧げるとさえ言われるモデルの加治ひとみ(33才)が日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』(2020年3月16日放送)で特集されたこともあった。 さまざまなブームに踊らされるも、結局また不健康に悩まされる「不調難民」が長い道のりを経て、いまたどり着いたのが「腸活」である。マーケティングコンサルタントの西川りゅうじんさんが指摘する。「以前の健康ブームと違うのは、食べ物や運動など何かひとつのものに飛びつくのではなく、食事と運動を総合的にとらえ、腸が最も大事なのだと気づいたこと。心身のトータルケアを考えるなかで、健康作りの王道である腸活に注目するようになったのです。 特に女性は腸の悩みに敏感です。女性の死因1位は大腸がんで、2人に1人が3日間便の出ない便秘に悩んでいます。腸が悪いと肌の状態が悪くなることも経験的に知っているし、新型コロナで腸活の免疫力増強やメンタルを回復する力も見直された。女性にとって腸は身近な問題だからこそ、腸活に注目が集まるのでしょう」 消化器内科専門医で江田クリニック院長の江田証さんも、近年、日本人女性の腸内環境が悪化したことが背景にあると指摘する。「もともと日本人は海藻や食物繊維が多い食事でしたが、脂肪の多い西洋食が主流になって腸内環境が悪化しています。なかでも小腸で腸内細菌が過剰に増えることでガスがたまり、お腹が張って便秘になる女性が増えています」 腸活が注目されるとともに、“うんち”に対する意識も変わりつつある。 これまでの日本社会では、排泄や大便について公衆の面前で話すことはタブー視されてきた。学校の男子トイレで「大」の個室に入るといじめられるため、男子トイレをすべて個室にした小学校もあるほどだ。 だが時代は変わりつつある。何しろ冒頭で紹介した通り、いまはトップアイドルがテレビ番組で「うんち日記」を友人に送ることを公言するようになったのだ。「うんちのことをオープンに話すハードルはちょっとずつ低くなっている印象です」 そう語るのは、大便の状態を記録することで腸活を実践するアプリ『ウンログ』広報の長瀬みなみさんだ。「そもそも食べることは出すこととつながっていて、人は生きていれば、みんなうんちをします。腸活は腸内環境を整えることですが、では整ったことがどうしてわかるかと言えば、うんちの色や形を見るからです。腸活という行為の出口であるうんちに注目するのはとても大切です」(長瀬さん) 長瀬さん自身も「うんちの観察」で健康を手に入れた経験がある。28才までずっと便秘で頭痛、生理痛、むくみ、肩こり、イライラなどに悩まされ、自らを「病気のデパート」だと自虐していたというが、「ウンログ」でうんちの観察日記をつけ、腸活を意識した生活をすることにより2年で体重が5kg減り、諸症状が改善して、気持ちが穏やかになった。 腸活の効果を肌で知るからこそ、「もっとうんちについて語ってほしい」と願い、うんちのかぶり物をしてPRに奔走する。「ひとたびネットに上がったら一生消えない時代に、どんどん露出しています(笑い)。これまでの“うんち”に関する描写って、例えば漫画の『Dr.スランプ』に出てくるとぐろを巻いたピンク色などデフォルメされて、どこかファンタジー要素があった。ですがいま、少しずつ“自分ごと”としてうんちを認識し、オープンに話せるような雰囲気になりつつあると思います。私たちも自分が出すものに向き合ってもらうため、うんちのキャラクターも作っていますが、とぐろ巻きではファンタジーになりすぎなので、実際の形や色にしようと心がけています」(長瀬さん) カリスマモデルでありながらも「腸活にとって便はとっても大事なこと!」とうんち発言をいとわない加治ひとみは、ある番組に出演した際、出演者からうんち発言についていじられた。しかしそのとき、共演していた古館伊知郎(65才)が話に割って入り、こう語った。「『便』って『お便り』って書くんだよ。食べたものが口から入って、あらゆる臓器を通って便として出てきて、体のSOSを教えてくれる。だから『お便り』なんだ」 加治が振り返る。「まさしくそれだ!って。どうしてもうんちや排便って言葉が独り歩きして、『女性が言うのはふさわしくない』と言われることもありますが、古館さんの言った通り、これはお便りなんだと思えば、“まったく恥ずかしいことではないんだ”と説得力がありますよね」 さらに、排便記録を公開している指原はこう熱弁した。「下品なものを見せたいというより、健康な私をみんなに知ってほしい」 腸活という終着駅の本当のゴールは、“幸せになること”と“自己肯定感が高まること”なのかもしれない。※女性セブン2020年11月26日号
2020.11.13 11:35
綾瀬はるか、広瀬すず、指原莉乃もハマる腸活 美の常識に
綾瀬はるか、広瀬すず、指原莉乃もハマる腸活 美の常識に
「これを毎日毎日、フワちゃんとか、いろんな人に送っています」。TBS系のバラエティー番組『櫻井・有吉 THE夜会』(6月11日放送)でそう語ったのは指原莉乃(27才)。彼女が言う“これ”とは自分の排便記録。自分のうんちの形、色、におい、スッキリ感をイラストなどから選択し、アプリ上に記録する腸活アプリ「ウンログ」のキャプチャー画面だ。 あまりの“ぶっちゃけ”ぶりにスタジオからはどよめきが起き、YouTuber・フワちゃん(26才)も目を丸くしながら「すごくないですか? 元アイドルが自分のうんこの日記を、みんなにさらしてる」とコメント。「おれに文句があるなら、みそとか納豆を持ってこい。腸活してからにしろ。あのな、腸にいいもの……昆布、ひじき、わかめ、納豆、ヨーグルト」 新型コロナの自粛期間中には、俳優の窪塚洋介(41才)が自身のインスタライブで腸活の大切さを熱弁。ブログ上でも「世界中の人が腸活したら、世界はあっという間に平和になる」とまで綴っている。いま、日本にかつてないほどの「腸活旋風」が巻き起こっている──。 そもそも腸活とは、腸内の環境を整えて、健康な体を手に入れようとすることを指す。いまや指原、窪塚のほかにも、広瀬すず(22才)が「腸もみエステに行っています。自分には腸活が合っている」と記者会見で明かし、綾瀬はるか(35才)の腸年齢が23才だと判明し、永作博美(50才)が甘酒や発酵食品を毎日摂っている腸活愛好家であることを公言するなど、美と健康を体現する人は皆、腸活に励むのが常識になりつつある。 腸に熱い視線を送っているのは芸能人だけではない。医学界でも「腸活」はホットトピックになっている。予防医学専門医の関由佳さんが言う。「昔から東洋医学の世界では、すべての慢性的な病気は腸内環境に関係するといわれていましたが、最近はゲノム解析で腸内細菌の種類や働きなどが同定できるようになり、西洋医学でも腸内環境と病気の関係は大きな注目を集めています。 最新の研究によれば、腸内環境を整えることで認知症や心疾患、糖尿病からうつ病まで幅広い病気を遠ざけるとされているうえ、新型コロナをはじめとするウイルスをシャットアウトする免疫力も高まることが明らかになってきました」 つまり腸活は一時の流行とは一線を画す、老若男女誰しもにかかわりのある大きな時代のうねりなのだ。好きな人ができても1番は腸 そんな中、腸活ブームの象徴ともいえる人気タレントが誕生した。「腸活はハッピーを引き寄せます。体が元気だとマインドもハッピーになる。自分がハッピーになると、どんどんハッピーを引き寄せるんです」 そう語るモデルの加治ひとみ(33才)の人生のモットーは、「腸活は裏切らない」。『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系、3月16日放送)に「生活のすべてを腸に捧げる“腸活おばけ”」として出演した際には、「好きな人ができても1番は腸」などの名言が話題を呼び、あっという間にテレビや雑誌にひっぱりだこに。彼女が腸活にめざめたのは、およそ8年前のことだ。「ピラティスを始めたことがきっかけです。そのときに体を鍛えるだけでなく、食事を中心に体の中身から改善する必要を知り、腸活をスタートしました。腸活をするうえで最も大事なのは、悪いものを体にため込まずに便として出すこと。いわゆるデトックスですね。 そのために食物繊維や発酵食品を多めに摂って、塩分をコントロールするよう心がけました。かといってストイックになりすぎず、食べたいときは、お菓子やお肉を食べます。糖質制限など、これまでの健康法はつらい思いをしながら頑張るタイプのものが多かったけれど、腸活は無理をしないことも、大事な要素なのです」(加治) 心がけたのは毎日のルーティンを守ること。朝、目覚めたら白湯を1杯飲んで、体と腸を温めて代謝をよくすることで便秘を解消する。加えて、腸マッサージを欠かさず、毎日生のりんごを皮ごと食べて食物繊維を吸収する。おかげで免疫力がアップし、腸活を開始してから8年間、大きな病気とは無縁の生活を送っているという。 いまだ特効薬が見つからないコロナ禍において「免疫力」の有無は生死を分けると言っても過言ではない。なぜ腸活が免疫力アップにつながるのか。消化器内科専門医で江田クリニック院長の江田証さんが解説する。「細菌やウイルスなどの病原菌が体内に入ったとき、それを撃退してくれるのが、体に備わっている免疫です。この免疫システムを担っている免疫細胞の約7割は、腸に集まっているため、腸は免疫のカギとなる臓器なのです」 栄養素もウイルスや毒物も、外から入ってくるもののほとんどが腸を介して全身をめぐる。いわば玄関口のような役割を果たす臓器だからこそ、免疫細胞が集中するのだ。江田さんは特に小腸の働きが重要だと続ける。「小腸の粘膜では細胞同士が手をつないだような状態で、病原菌やウイルスが体内に入り込まないようにバリアを張って体を守っている状態です。小腸の腸壁にあるパイエル板と呼ばれる免疫組織の役割は特に重要で、病原菌やウイルスを細胞内に取り込みつつ、日々生まれるいわば免疫細胞の“新人”にこれらと闘う方法を教える訓練所のような役割を果たしている。このように腸の免疫システムは大変高機能ですが、腸内環境が悪くなれば、その機能が弱まり有害なものが体内に入り込んでしまうのです」 体の調子がよくなるとともに「美」の効果も表れてきた。「それまでは、流行の美容を試したりエステに通ったりしていたけれど、2、3日はきれいになっても、すぐにまた戻ってしまう。きれいを持続するには内側からケアすることが大事だとわかりました。食事のコントロールを中心に腸活をすすめるとどんどんお肌がきれいになり、うれしいことに、やせやすい体質になりました」(加治) いまは腸活一本。高額なエステなどに通わずに家でできるケアで充分だという。腸活効果でお肌ツルツル、体脂肪率16%で引き締まりながらもメリハリのあるボディーを手に入れると、人生そのものが好転した。「女性はホルモンの影響で生理前にイライラして人格が変わってしまうことさえありますが、自律神経が整ってそうしたこともなくなった。ベストコンディションなら仕事でも本領を発揮できるし、常に自分らしくいられることで、いい出会いも増えました」(加治)※女性セブン2020年11月26日号
2020.11.13 10:48
女優・森七菜の逸材ぶりに絶賛の声「10代のリアリズム体現」
女優・森七菜の逸材ぶりに絶賛の声「10代のリアリズム体現」
 放送中のドラマ『この恋あたためますか』(TBS系、毎週火曜22時〜)が好評だ。同作は、夢破れたコンビニのアルバイト店員と、業界最下位のコンビニチェーン社長の恋物語。ラブコメの王道を行く味わいで、同じTBS火曜ドラマ枠で今年1月期に放送されたヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』を思い出す視聴者も多いようだ。Twitter上では、「『恋つづ』並に『恋あた』もキュンキュンする」といった声が上がっている。 コンビニチェーン社長役の中村倫也の相手役としてヒロインに抜てきされたのは、弱冠19歳の森七菜。本作をきっかけに彼女を知った視聴者も多いようだが、かねてより“女優・森七菜”を知る人間にとっては、今回の連ドラ初主演は「ようやくか」と感じる出来事かもしれない。 森は、デビュー間もない15歳のとき、『愛のむきだし』や『冷たい熱帯魚』などの映画作品で知られる鬼才・園子温監督のオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』(Amazonプライム・ビデオ)への出演を果たしている。園監督といえば、満島ひかり、二階堂ふみ、真野恵里菜といった女優たちを見出したことで有名だ。もしかすると目ざとい映画ファンは、その時点で森七菜という存在に気付いていたかもしれない。 彼女の名前が一躍世間に広まったのは、なんといっても2019年に公開された新海誠監督の『天気の子』だろう。2000人以上が応募したオーディションを経て、見事、ヒロイン・天野陽菜役の声優の座をつかんだ。新海監督は、同映画の制作発表会見で、「年齢や立ち振る舞いも含めて、陽菜だと思いました。それに、どこか遠いというか、ホーリー(聖なる)な感じがする。不思議な印象ですね」と森を評している。 また、今年1月公開の映画『ラストレター』(岩井俊二監督)では、松たか子が演じる主人公・遠野裕里の娘と、裕里自身の少女時代との一人二役に挑戦したことに加え、主題歌『カエルノウタ』の歌唱も担当した。岩井監督は、「つい最近まで大分の学生さんだったので、『大丈夫かな?』と心配もしましたが、現場で全く物怖じもせず、アドリブまでかましていた。自由奔放にやられていたので、『すごい逸材だ!』と思いました」と完成披露試写会で語っていた。“若手女優マニア”と呼ばれる映画ブロガーのCDB氏は、『ラストレター』での森の演技がとくに印象に残っているらしい。「森七菜さんと広瀬すずさんが姉妹を演じた『ラストレター』では、ふたりの演技がはっきり違いました。森七菜さんはあえて声を張らないこもった演技で、彼女が思う“10代のリアリズム”を目指している印象でした。姉役の広瀬さんはじめ錚々たる共演者とはリズムの違う演技で、普通、新人女優が先輩の前でこんなチャレンジをするのは勇気がいることです。 でも森七菜さんはインタビューで、『私は昔から広瀬すずさんのファンで彼女を信頼していて、お芝居のときは遠慮なしでぶつかる以心伝心があった気がしました』と語っており、彼女の思い切った演技を受け止めた広瀬さんも、森さんのことを高く評価したと聞きます。『天気の子』の陽菜役ではアニメ的に声を張った演技もしていますが、実写作品では意識して“森七菜流リアリズム”の演技を目指しているのだと思います。先輩俳優に加えて、岩井俊二や新海誠など彼女の実力を認める名監督も日ごとに増え、公開中の映画『青くて痛くて脆い』や放送中の『恋あた』でもまた少しずつ違う変化を見せている。強いハートを持った、将来が楽しみな女優です」 自身の考えるリアリズムを追求し、女優としての大器を感じさせる森。連ドラ初主演は、彼女の快進撃の第一歩に過ぎないのかもしれない。●取材・文/原田イチボ(HEW)
2020.10.30 15:44
清原果耶、浜辺美波、富田望生… 今をときめくU-25女優8人
清原果耶、浜辺美波、富田望生… 今をときめくU-25女優8人
 新型コロナウイルスによる影響で放送を見合わせていた新ドラマが続々と放送され始めている。そんな新ドラマや、次期放送予定のドラマで注目されているのが、若手女優たちだ。すでに大活躍しているU-25女優を紹介する。◆清原果耶(かや・18才)2015年『あさが来た』(NHK連続テレビ小説)で女優デビュー。2019年に山田孝之がプロデュースした映画『デイアンドナイト』のヒロイン役に抜擢。オーディションでは、清原の演技に山田は喜びのあまり涙したとか。京王電鉄のCMではギターを手に透明感ある歌声で、名曲「雨にぬれても」を披露。女優として貫禄あふれる演技力はもはや別格!?◆浜辺美波(19才) 長澤まさみを輩出した東宝シンデレラオーディションで2011年にニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。2017年にベストセラー小説の実写化映画『君の膵臓をたべたい』で、膵臓病を患う主人公を演じ、涙ぐみながらも微笑む姿に心打たれた人も多い。夏放送予定の新ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では横浜流星とW主演が決まっている。◆富田望生(みう・20才) ポップな衣装に身を包み、気持ちのいい食べっぷりを見せた『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)で桃子を演じた富田。映画『ソロモンの偽証』(2015年)に出演し、役作りのため15kg太ったという努力家。話題を呼んだドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)の出演や、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で主人公の親友役を演じ、確かな演技力で唯一無二の存在感を弱冠ハタチにして確立している。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で木曜レギュラーに加わるなど今後バラエティーでの活躍も期待!◆小芝風花(23才) 最終回を迎えた『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の苺役で迫真の告白シーンを見せ話題となった小芝。2011年に『ガールズオーディション2011』でグランプリを受賞し芸能界入り。映画『魔女の宅急便』(2014年)で主役・キキを演じて、ブルーリボン賞新人賞などを受賞し一躍話題に。連続ドラマ初主演の『トクサツガガガ』(NHK)では特撮ヒーロー好きの個性的なキャラクターを演じるなど、シリアスからコミカルまで幅広い役をこなす注目株!◆堀田真由(22才) 2015年にドラマ『テミスの求刑』(WOWOW)で仲里依紗(30)の妹役として女優デビュー。社会現象にもなったドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)や連続テレビ小説『エール』(NHK)など話題作に多数出演。雑誌『non-no』専属モデルも務めるなど、同性からの支持も高い。“美少女タレントの登竜門”ともいわれる『ゼクシィ』CMガールに今年抜擢され、可憐なウエディング姿を披露し話題に。◆森七菜(18才) 新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』で約2000人の中からオーディションを勝ち抜きヒロイン役として注目された森。映画『ラストレター』では広瀬すず(22)の妹役で出演し、主題歌も務め歌手デビューを果たす。『オロナミンC』のCMキャラクタ―に起用され、10代らしい若さ弾ける姿にパワーをもらえたという人続々。◆吉川愛(20才) 5才でドリンク飲料のCMに出演。ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)に出演するなど子役として活躍するも、学業を優先するため2016年に引退。翌年、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)で復帰し、“恋つづ”で優等生ナース役を好演。子役時代からの演技力の高さにさらに磨きをかけた吉川の活躍から目が離せない!◆白石聖(21才) 高校生の頃、原宿の竹下通りでスカウトされ芸能界入りしたシンデレラガール。ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)の怪演が話題に。ドラマ『だから私は推しました』(NHK)では、自分に自信を持てない地下アイドルを演じ、役の幅広さと存在感を発揮した。スキンケアブランド『キュレル』(花王)のCMでは、透明感のある美肌も披露。撮影/浅野剛、平野哲郎、矢口和也※女性セブン2020年7月16日号
2020.07.07 07:44
静かに車へ
長澤まさみ 理想の脚1位を封印、私服では美脚を隠す理由
 屈託のない笑顔でスタッフとハイタッチ。無邪気な子供のように爆笑しながら車に乗り込む――。長澤まさみ(33才)の切り替えの早さを垣間見た瞬間だった。 6月15日、長澤は都内で行われた主演映画『MOTHER マザー』の完成披露舞台挨拶に登壇。セクシーなグレーのシースルーシャツ姿で、演じる破滅的な母親役の妖艶な雰囲気を漂わせ、観客を魅了した。しかし帰宅時は一転、ゆるいロングのワンピース姿で、冒頭のようにはしゃぐ、完全なリラックスモードに。 身長168cmで小顔の8頭身。6月には女性ファッション誌『anan』の女性読者が選ぶ「理想の脚の芸能人ランキング」で、菜々緒(31才)や新木優子(26才)らを抑えて、堂々の1位に輝いた。昨年公開の映画『キングダム』では、ド迫力のアクションシーンと共にあらわになった色白で細長い美脚も話題となった。「フランスのカンヌ国際映画祭に長澤さんは何度も出ていますが、衣装が毎回ゴージャスでセクシーです。美脚がのぞくスリットが入ったドレスや胸の谷間を強調したドレス…2015年に『海街diary』がカンヌに出品されましたが、主演の綾瀬はるかさんをはじめ、広瀬すずさん、夏帆さんと並んだときも、チューブトップのボディーラインが強調されたロングドレスで、報道陣からも『海外でも通じるスタイル』と絶賛されて、カメラのフラッシュを一身に集めていました」(テレビ局関係者) ところが冒頭のように私生活では、芸能界屈指のスタイルは隠されることが多いという。「パンツやロングスカートばかりで、脚を出すことはまずありません。高身長なので、普段からヒールも履きませんし、シンプルに夏はスラックスにTシャツ、あるいはロングのワンピースがほとんどです。舞台上では自分が見られていることを熟知して、サービス精神を発揮、女優として演じ続けているのだと思います。女優は彼女のように私服にギャップのある人が少なくありません」(芸能関係者) 7月には前出の『MOTHER マザー』に加えて『コンフィデンスマンJP プリンセス編』と主演映画が立て続けに公開される。あらためて長澤の魅力を再確認する夏となりそうだ。※女性セブン2020年7月16日号
2020.07.04 07:43
いま観たい名作ドラマ『35歳の高校生』 主演クラス生徒役で勢揃い
いま観たい名作ドラマ『35歳の高校生』 主演クラス生徒役で勢揃い
 新型コロナの影響で、楽しみにしていた新ドラマの放送も延期となり、悶々とする日々──。そんなあなたの心を満たすため、放送作家の山田美保子さんが「昔といまを見比べる」をテーマに過去の名作ドラマをセレクト。今回は、現在の主演クラスが生徒役で総出演している『35歳の高校生』を紹介します。【『35歳の高校生』】・日本テレビ 2013年4月~・出演:米倉涼子・渡哲也・溝端淳平・山崎賢人 ほか・主題歌:『Flower Song』EXILE・脚本:山浦雅大/高橋悠也・あらすじ:スクールカーストに支配されつつ高校3年の新学期を迎えた生徒たちのクラスに、1人の編入生がやって来る。35歳の高校生・馬場亜矢子(米倉涼子)は、高級外車で登校し、昼休みには喫煙所で一服。年上というだけでなく、「群れる」も「媚びる」もせず「空気を読む」こともしない亜矢子を生徒たちは「ババア」と呼んでからかうが…。以下、山田さんの解説だ。『3年B組金八先生』(TBS系)の昔から、学園ドラマの生徒役は後のスターの宝庫。近年では「ヤンクミ」=仲間由紀恵サン(40才)が3シリーズにわたって教え続けた『ごくせん』(日本テレビ系)シリーズから巣立った皆さんが“好成績”といわれています。メーンの生徒役は役名が与えられていましたが、“その他大勢”のクラスメートは、芸名と役名(下の名前)が同じだったんですよね。でも、その中にも、上地雄輔クン(41才)や松山ケンイチくん(35才)、さいねい龍二クン(38才)が! あ、『35歳の高校生』に話を戻しましょう。とにかく米倉涼子サン(44才)の同級生はいまの主演級が勢揃い。まず男子は、山崎賢人クン(25才)、菅田将暉クン(27才)、高杉真宙クン(23才)、野村周平クン(26才)、上遠野太洸クン(27才)。そして女子には、新川優愛チャン(26才)、森川葵チャン(24才)、広瀬アリスちゃん(25才)、そして私がずっと応援している小島藤子チャン(26才)…、どうしてこんなにも揃ったのかと。 ファンの皆さんの間でも、業界でも、このことは語り草になっていて、失礼ながら、主演の米倉サンや、その他、大人の出演者の皆さんがかすんでしまいそうなのです。 当然、まだまだ全国区ではない「高校生」たちだったのですが、その後の活躍はここに記すまでもありませんよね。 実は同クールには、中学校が舞台になった香取慎吾クン(43才)主演の『幽かな彼女』(2013 年・フジテレビ系)もあって、こちらは、SixTONESの森本慎太郎クン(22才)、King & Princeの神宮寺勇太クン(22才)、岩橋玄樹クン(23才)。女子には広瀬すずチャン(21才)、上白石萌歌チャン(20才)、山本舞香チャン(22才)、荒川ちかチャン(20才)ら、これまた宝庫だったのです。『幽かな彼女』の主題歌は、SMAPの『Joy!!』。エンディングにキャストが揃って踊るトレンドを作った作品でもありました。きっと、『35歳の高校生』と併せて楽しめますよ。 個人的にはKis-My-Ft2の北山宏光クン(34才)の先生役もツボでした。◆構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2020年5月7・14日号
2020.04.30 07:39
広瀬すずと吉沢亮が教えてくれた「恥ずかしエピソード」
広瀬すずと吉沢亮が教えてくれた「恥ずかしエピソード」
 映画『一度死んでみた』(公開中)の公開初日記念ミサに、出演者の広瀬すず、吉沢亮らが登壇した。 インタビューに答えるなかで「(撮影中に)爆発音のおならが出てしまって」「花粉や梅雨の季節になるとあごが痛む」など、思わぬ素顔を次々と見せてくれた吉沢。恥ずかしエピソードにはにかんだ様子を見せていた。一同は、新型コロナウイルス感染拡大の収束も祈ったという。撮影/矢口和也
2020.03.28 16:39
広瀬すずのライブシーンに大友康平「めちゃめちゃ売れるよ」
広瀬すずのライブシーンに大友康平「めちゃめちゃ売れるよ」
 映画『一度死んでみた』大ヒット祈願ミサに、主演の広瀬すずと出演者の吉沢亮と堤真一、そして浜崎慎治監督が登場した。ミサは東京の青山迎賓館で行われた。 父親のことが大嫌いなデスメタルバンドのボーカル女子大生・七瀬(広瀬)はいまだに反抗期で、父(提)と衝突ばかり。しかし、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んでしまった父を生き返らせるために奮闘することに──という物語。 デスメタルバンドのボーカル役ということで、ライブシーンもある広瀬。共演した大友康平から劇中曲について「めちゃくちゃ売れるよ、これ」と言われたという。公開は3月20日。撮影/小彼英一
2020.03.16 16:39
リリー・フランキー 「老い」と「死」への思い語った
リリー・フランキー 「老い」と「死」への思い語った
「週刊ポストの取材なら、僕よりもすずのほうがよかったんじゃない?」──出演映画の舞台挨拶を控えたこの日、リリー・フランキー(56)は本誌カメラの前へ立つと開口一番、照れくさそうな表情で主演を務める広瀬すずの名を挙げた。劇中で広瀬が見せる人差し指を立てるポーズにも快く応じたが、気恥ずかしさもあるのか、どこか落ち着かない様子だ。「普段はなんにもポーズしないですね。写真を撮られていることを意識している自分がいや、みたいなものがあって。映画では役のお芝居をしているのでなんでもないんですが、今回は自分の名前で取材を受けているので。こうした機会でも僕は雑誌側の人間というか、物を書いたり、イラストを描いたりしている人の感覚が今も強いんです。イラストレーターや作家なのに、“写真はこっちからお願いします”なんて言うのはちょっとどうよ、とも思いますし」 3月20日公開の『一度死んでみた』では、反抗期をこじらせ父親を嫌う女子大生の七瀬に扮した広瀬がコメディに初挑戦。父・計(堤真一)が経営する製薬会社の就職面接では人差し指を突き立てる“デスポーズ”をかまし、ボーカルを務めるデスメタルバンドではシャウトにヘッドバンギングと弾けている。「監督は堤さんと出ていた『ヒノノニトン』のCMディレクターで、初めての監督作品をコメディですずを主役にして撮ると聞いて、お祝いに飲んだ時に“すずをスベらせたら許さないぞ”って。彼女とは是枝(裕和)さんの『海街diary』以来、親子役など何度も共演していますが、当時はまだ15歳でした。お姉ちゃん(広瀬アリス)の父役もやっていて、気持ちとしてはもう親も同然じゃないですか。何かあれば気になりますし、目の中に入れてかわいがっている感覚です」 劇中では“一度死んでくれ~!”と父への不満をライブで爆発させる七瀬だったが、ある日、父が本当に死んでしまったと知らされて大騒動を巻き起こす。だが実際は「2日間だけ死んじゃう薬」を父が飲んだせいで、リリーは仮死状態の計が三途の川で出会うあの世への案内人・火野として登場する。「死なずに死んだふりをする薬だと言われても、僕は生き返れる保証を信じないですねぇ。でも今日、舞台挨拶に行くという気持ちで仏壇に線香をあげていた時には“この映画みたいにこの人たちがみんな死んだふりをしていたらいいな”と思いました。自分が年を取るにつれて身近な人が亡くなり、仏壇の中がどんどん人口過密になっていくので」 2011年にみうらじゅんとの対談をまとめた『どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか』(扶桑社刊)では、本当に世の人々が怖がっているのは「死」ではなく「老い」だと語っていたリリー。「当時はみうらさんが50代、僕が40代で死ぬという感覚がまだリアルじゃなかった。どうも死ぬらしいよと聞きかじった感じで本を作りましたが、さすがに60代と50代になると、聞きかじりじゃなくて現実問題になりますからね。医者でも体のためにたばこをやめなさい、ではなくやめてはどうですか、と言われるようになる。 たばこを吸い続けて寿命を縮めるも、やめて延ばすも、こちらの人生設計に委ねられる世代になってきた。だからそろそろ、終の仕事に入らないといけないんじゃないですか。いつ死んでもいいようにって、書きかけの原稿や人からもらった手紙など、見られたくないものは処分しておくとか」 老いに対する意識も変わった。「10代や20代のグラビアの子を語る連載をみうらさんとしているので、孫世代の彼女たちと対比して、自分たちの老いについてよく話します。“まさか60ぐらいになって10代の子の水着についてべらべらしゃべってお金をもらうなんて、こんな仕事があるとは思ってなかったね”って。人がなまじ長生きになったばかりにヘンな仕事をするじいさんもいるんですよ。 思えば昔の人は早熟でしたよね。山口百恵がステージにマイクを置いた時は店を2軒潰したママぐらいの雰囲気だったのが、当時21歳。今のアイドルはかわいらしいパフスリーブを着ていますもんね。昔ならそんな若作りして、なんて言われたけど、“じいさんの向こう側”ができた人生100年時代には徐々に老いていかないと。 銀座のクラブでもホステスさんはいいとして、社長が年下になってくるとかなりきつい。だけど銀座は飲む人が僕よりも年上だからまだいいんです。20年間事務所が代官山でしたが、もっと大人がいる街へいかないと精神的に老けると思い、銀座へ引っ越しました(笑い)」 かつては、「意味のあるじいさんになりたい」とも語っていたが──。「いいふうに年を重ねたい、とかはまったく考えなくなりました。若い頃は公園でボーッとしているじいさんは空を見ていると思っていたのに、今になるとじいさんは子供を遊ばせに来たママのケツを見ているとわかる。年を取ればもっとちゃんとするものだという幻想がありましたが、男なんて、結局死ぬまであんまり変わらない。週刊ポストでも『GORO』時代のノスタルジーなグラビアの後にED特集をやっていると“男は一生このままなんだ、これでいいんだ”ってある意味、元気が出ますもんね。 でも、こないだドラマで一緒だった70代の細野晴臣さんが『テレビドラマはやったことがないけどリリーが出るっていうからさ』とチャレンジする姿を見て、かっこいい大人だなって思いました。俺はこうだからこうはしない、と自ら型にはまる人よりも、常にチャレンジする人のほうが色っぽいですよね」 意味のあるじいさんよりも色っぽい大人、という感覚に56歳の現在地が表われている。10年後のリリーは老いや人生について何と語るだろうか。●リリー・フランキー/1963年生まれ、福岡県出身。武蔵野美術大学卒業。イラストやデザイン、文筆、写真、音楽、俳優など多方面で活躍。3月20日公開『一度死んでみた』に天国への案内人役で出演する。■撮影/田中智久  取材・文/渡部美也※週刊ポスト2020年3月20日号
2020.03.10 11:37

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
「来月もまた食べるぞ!」3000円前後の高級パフェを愛する「パフェ活シニア」たちの声
「来月もまた食べるぞ!」3000円前後の高級パフェを愛する「パフェ活シニア」たちの声
マネーポストWEB
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン