佐藤健の最新ニュース/6ページ

【佐藤健】に関するニュースを集めたページです。

人妻なのに「婚外恋愛の彼氏」で格付けし合う女たち
人妻なのに「婚外恋愛の彼氏」で格付けし合う女たち
 港区麻布界隈に住む、セレブな「麻布妻」たち。彼女たちの中には、婚外恋愛を楽しんでいる女性も多い。しかも、不倫相手まで格付けし合うという──麻布妻でライターの高木希美氏がリポートする。 * * * 子供を実家に預けられたので、近所に住む優子さん(仮名、以下同)の家で開かれた飲み会に参加してきました。大手商社で働いている優子さんのご主人は出張でいないため、麻布妻4人で女子トークです。他の参加者は、ギョーカイで働く玲子さんと、知人の中でも一番若いママの莉紗さん。 莉紗さんが用意してくれたタパスと、優子さんが料理してくれた牛肉のタリアータ、私が持っていったチーズでワインが進みます。 子供たちが疲れて寝てしまった頃、酔った優子さんが「私、いま彼氏がいて……」と言い出しました。すると玲子さんが動じずに言います。「どんな人?」 普通、ママ友の中でこんな会話になったら「え? どういうこと?」「浮気?」「旦那さんにバレないの?」なんて騒ぐのが一般的だと思いますが、麻布妻の間では「彼氏がいる」という人は少なくないのです。夫たちも経済力があるからか、「彼女」がいるという話はよく聞こえてきます。もちろん「浮気なんて許せない!」という麻布妻もいるのですが、私の周囲では多少の遊びは黙認している人も多いのが実情。だから、妻たちも外に彼氏がいるというケースが少なくないのです。「レスが長いから、耐えられなくて~。高校の時の同級生なんだけど、地元帰った時に仲間うちで飲んだ帰りにちょっと色々あって、そっからときどき会う感じ。気心知れてるし、特に何も求めてないから楽なんだよね」「わかる~」と玲子さん。「うちも子供が生まれてから『パパとママ』って感じになっちゃって、あんまりそういう気にならないから、苦しくて。私は年下のバーテンダー、たまに呼び出してるよ。写真見て? 佐藤健に似てない? バーを何軒か経営していて、雑誌にも出てるし、けっこう成功してるんだよね。私も取材で知り合ってさ。優子さんの彼は、同級生って言うけど、仕事何してるの?」「え、メーカーの営業かな?」「あー、普通のリーマンか~」 玲子さんの得意技、「私ギョーカイで働いてますマウンティング」です。なんと優子さんの婚外恋愛の彼氏までマウンティングし始めました。 一番若い莉紗さんが真顔で聞きます。「それって年下の場合、どうするんですか、食事代とか、ホテル代とか」 玲子さんは、「うーん、たまに向こうも頑張るけど、基本は私かな? 私も稼いでるし。別にいいのよ、遊びだから」。「私は彼氏はいないんですけど…」と前置きして、莉紗さんが言います。「私は絶対、お金出したくないです~。年上しか無理だし、わざわざ浮気するなら夫より格上じゃないと……。それに、トキメキたいから、高いホテルじゃないと行きたくないかも。そのホテル代を自分で出すなんてイヤですね~」 特に嫌味で言っているわけでもなさそうな莉紗さんの言葉が、玲子さんに刺さります。玲子さんにとっては、「夫より格下」の相手と「安いホテル」に「自分でお金を出して行っている」とディスられたように聞こえたと思います。 玲子さんは苦し紛れに言いました。「まだ莉紗さん若いもんね。男に出して欲しいよね。私たちみたいに莉紗さんより年齢重ねると、パパ活するって感じじゃないから、男に奢られるより奢ってあげたいの。わかるかな!」 不倫相手まで格付けし合う女たち──麻布妻は、つくづく世間の常識と離れている部分があるな……と思った会話でした。
2019.03.11 15:40
(写真は2018年)
佐藤健 高級焼き鳥から高級焼肉への「肉食ハシゴ」な熱い夜
 俳優・佐藤健(29才)が、“肉食”ぶりを発揮した夜をキャッチした──。「すいません、追加で、つくねとささみを!」熱帯夜となった7月上旬の夜9時頃、都内の高級焼き鳥店のカウンター席に佐藤健(29才)の姿があった。ビッグTシャツ、ハーフパンツにレギンス、ヘアバンドと、いずれも黒ずくめのラフな格好で、トーク番組に出演する時のボソッとしたしゃべり方とは違い、注文の声がよく通る。「男性と2人連れで、スマホの動画を見ながら真剣な表情で話をしていたので、相手は仕事の関係者だったみたい。佐藤さんは連れの男性よりも食べていて、芋焼酎の水割りを何度もおかわりしていたので、“あの細い体にそんなに入るの?”ってビックリしました。10時過ぎに佐藤さんがクレジットカードで会計して店を出ましたが、“ごちそうさまでした。おいしかったです。また来ますね”と深々とお辞儀をして、とても礼儀正しかったですね」(居合わせた客) NHK朝ドラ『半分、青い。』で主人公の幼なじみの律を演じている佐藤。ドラマが新展開になって出番が減り、“律ロス”に陥っている女性ファンも多いが、7月10日からは綾瀬はるか(33才)と共演するドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)がスタート。放送1回目の視聴率は11.5%と好発進した。 多忙なはずの佐藤だが、焼き鳥店の後に向かったのは自宅ではなく、車で3分ほど移動しただけの焼き肉店だった。 いわゆる予約の取れない人気店で、全席個室。メニューは基本的には1万円のコースのみ。足りない場合にのみ追加の肉やキムチなどを注文できるシステムになっている。「この焼き肉店は俳優の城田優(32才)の高校時代の同級生がやっていて、城田も経営にかかわっているとか。佐藤は城田と仲がいいので、気の置けない友人の店で、自由に楽しみたかったのではないでしょうか」(芸能関係者) それにしても、焼き鳥店でさんざん飲み食いした後に焼き肉とは、驚くほどの“肉食”ぶり。容姿端麗、成績優秀な律とは対照的に、『義母と娘のブルース』で演じる麦田章はパン屋の2代目店長で、元ヤンキーでおおざっぱな性格の“ダメ男”。ギャップの大きな役を演じ分けるには、相当な「栄養補給」が必要だったのかも?※女性セブン2018年8月2日号
2019.03.11 15:41
朝ドラ豆知識、永野芽郁のスイッチの入り方や共演者との関係
朝ドラ豆知識、永野芽郁のスイッチの入り方や共演者との関係
 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が好調だ。岐阜県・梟(ふくろう)町という架空の町で1971年に生まれた楡野鈴愛(永野芽郁・18才)が、左耳の聴力を失うも、漫画家を志すために上京し、奮闘する姿を描く。6月19日の放送回では、過去最高の視聴率23.2%を記録した。 数々の恋愛ドラマを手掛けてきた脚本家・北川悦吏子の作品だけに、鈴愛と幼なじみの律(佐藤健・29才)や、上京して出会ったマアくんこと朝井正人(中村倫也・31才)との関係性も見どころの1つ。 ただ、恋愛以外にも、鈴愛の漫画家としての葛藤や、岐阜の家族との絆など注目ポイントが盛りだくさんの『半分、青い。』の裏エピソードをご紹介。 多くの共演者が驚いているというのが、永野の演技だという。東京の憩いの場であるバー「おもかげ」のマスター役・東根作寿英が語る。「リハーサルをやったらすぐに“ゾーン”に入る感じで、毎回すごいなと思いながら見ています。“今スイッチが入ったな”という瞬間がすぐわかるんです」 鈴愛たちが通う高校の担任・山田先生としても出演し、岐阜ことばを指導している尾関伸次(38才)も話す。「芽郁ちゃんはマアくんと仲がいいシーンの時は、待ち時間の時に、佐藤(健)くんに自然とそっけなくなったりするんですよ。普段の芽郁ちゃんって誰にも壁を作らず接しているのですが、清(古畑星夏・21才)とのとっくみあいのシーンの後は、今までに見たことのない表情になって、口数が少なかった。感情を引きずるほど、役に入り込んでいたんでしょうね」 魅力的な家族が織りなすストーリーも本作の魅力。鈴愛の1つ違いの弟・草太を演じる上村海成は、実際には永野より年上の21才。上村はオーディションでこの役を勝ち取った。「オーディションでは、一緒に受けた子の中に、すごく朝ドラっぽい雰囲気の子がいたので、帰り道にこれは落ちたなって思っていました。合格の連絡をいただいたときは、別の役かなと思っていました(笑い)」(上村) 実は上村は永野、古畑とファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)のモデルをしていたという接点があり、雑誌の撮影では何回も共演している。「『ニコラ』時代はみんな学生だったので、仕事という実感があまりなかったんです。ですので、その時に一緒だった子と、仕事としての意識をもち取り組んでいる今の現場で共演するとなると、学校の友達と一緒に仕事することになっちゃったという感覚に近い気持ちなんです」(上村) 鈴愛の実家・楡野家のムードメーカーは一家のおじいちゃん、仙吉を演じる中村雅俊(67才)だという。そんな彼が、特に意気投合しているのが前出の上村だ。 2人のシーンで印象深かったのが、サザンオールスターズの『真夏の果実』を一緒に歌うシーン。昭和生まれの視聴者なら、桑田佳祐と中村の関係にニヤリとするだろう。「雅俊さんは、“楽屋においでよ、歌の練習しよう”と練習につきあってくださったり、キーを合わせてくれたりしました。本番では雅俊さんの歌声だけを聴きたくて、途中で何回も歌うのをやめようかなと思いました(笑い)。本当に贅沢すぎる経験でした」(上村)※女性セブン2018年7月12日号
2019.03.11 15:41
朝ドラ『半分、青い。』 神回は月曜日にもってくる
朝ドラ『半分、青い。』 神回は月曜日にもってくる
 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が好調だ。岐阜県・梟(ふくろう)町という架空の町で1971年に生まれた楡野鈴愛(永野芽郁・18才)が、左耳の聴力を失うも、漫画家を志すために上京し、奮闘する姿を描く。6月19日の放送回では、過去最高の視聴率23.2%を記録した。 数々の恋愛ドラマを手掛けてきた脚本家・北川悦吏子の作品だけに、鈴愛と幼なじみの律(佐藤健・29才)や、上京して出会ったマアくんこと朝井正人(中村倫也・31才)との関係性も見どころの1つ。鈴愛からの告白を断り、引っ越してしまい出演がなくなったマアくんを惜しむ、“マアくんロス”現象も起こった。 制作統括の勝田夏子さんは、2005年の朝ドラ『風のハルカ』で中村と出会ったが、「ここまで話題になるとは」と驚きの表情を見せた。「北川さんが中村さんの雰囲気を見て、あて書きをしたことに中村さんがしっかりと演技力で応えて、マアくんロスを生んだんでしょうね」 恋愛以外にも、鈴愛の漫画家としての葛藤や、岐阜の家族との絆など注目ポイントが盛りだくさんの『半分、青い。』。その裏エピソードを集めました!◆北川悦吏子は神回を月曜日にもってくる 北川が自身のツイッターで、「神回」「私の中のマックス」と予告していたのが6月11日の放送回。鈴愛と律が喫茶「おもかげ」で別れ話をする内容だった。もう1つ北川が「神回」として書いたというのが、6月25日の放送で、ひさびさに鈴愛と律が岐阜で再会し、律がプロポーズをするシーン。奇しくも2回とも月曜日の放送だ。「北川さんのドラマは、週の最初にピークがあり、真ん中でステージが突然変わるので、見ているかたにとっては、“これって本当に同じ番組なのかな”という衝撃があるかもしれません。時間をあざやかに飛ばして、なぜこうなったのか徐々に明かしていく作劇も魅力なんです」(勝田さん) 次回の神回も月曜日にあるかもしれない!◆方言指導の先生は先生役の俳優さん!? 鈴愛や律に、岐阜ことばを指導している岐阜県・土岐市出身の尾関伸次(38才)は、本作に鈴愛たちが通う高校の担任、山田先生としても出演している俳優だ。「俳優を始めた頃に、『天花』(2004年)という朝ドラで勝田さんとお仕事をしたのがきっかけで、今回もお声がけいただきました。まさか俳優業だけではなく、方言指導もやるとは思っていなくて、びっくりしましたね。地元を離れて15年経つので、私が教えた方言がおかしかったらどうしようという不安要素は大いにありましたね。敬語だと方言のニュアンスが出にくいので、芽郁ちゃんとは普段の会話でもタメ口で話そうというルールを徹底しました」(尾関)◆ともしびとおもかげの「ふぎょぎょ」な共通点 梟町で鈴愛たちが通っていた喫茶「ともしび」のママ(ふせえり・55才)と、東京の憩いの場である「おもかげ」のマスター(東根作寿英・46才)は、かつて「中津川フォークジャンボリーで出会って交際していた」という裏設定がある。「衣装合わせのときに監督から設定を聞きましたが、ふせさんとはこれまで1回も会ったことがないんですよね(笑い)」(東根作) マスターのアフロヘアは“クセ”の強い主人ということを表しているらしく、ふせも同じくクセ毛のつけ毛で登場している。「衣装にもぼくはサックス、ふせさんはりんごのブローチをつけていたりと共通点があるんです。確かにクセが強いキャラだけど、訪れる人のプライベートになるべく立ち入らず、安心して長時間いられる店作りを心がけています。若い子たちの長いせりふ回しがあるシーンは“大変そうだな”と思いながら、静かにコップを拭いています(笑い)」(東根作)※女性セブン2018年7月12日号
2019.03.11 15:41
男劇団 青山表参道X 特撮ヒーロー出身者多く親子ファンも
男劇団 青山表参道X 特撮ヒーロー出身者多く親子ファンも
 米倉涼子や上戸彩などが所属する芸能プロダクション・オスカープロモーションから、2017年11月に誕生した初の男性パフォーマンス集団「男劇団 青山表参道X」。総勢30人のイケメンが所属し、1日20本以上の取材が殺到し、中心メンバーは、立て続けに来年の連続ドラマや映画出演が舞い込むなど、発足時から大きな注目を集めている。連続ドラマや映画出演を来年まで控えるなど、これまでは個人活動が目立っていたメンバーたちだが、ついに待望の旗揚げ公演が6月に上演決定。残りわずかとなったチケット争奪戦に乗り遅れて後悔しないために、2018年のブレイク筆頭株といわれる「男劇団」の魅力に注目した。【特撮ヒーローもの出身者多数! ママにも子供にもウケる】松坂桃李、佐藤健、菅田将暉など数々のスターを輩出してきた「仮面ライダーシリーズ」や「戦隊ヒーローシリーズ」などの特撮ヒーローものは、今や若手イケメン俳優の登竜門。関係者の注目度も高い。「男劇団 青山表参道X」のメンバーの中にも、『仮面ライダーエグゼイド』主演・宝生永夢役の飯島寛貴、『仮面ライダーゴースト』主演・天空寺タケル役の西銘駿、『獣王戦隊キョウリュウジャー』キョウリュウグリーン・立風館ソウジ役の塩野瑛久など、特撮ヒーローもの出身者がそろう。そのため、「男劇団」のファンイベントでは、仮面ライダーの衣装を着た小さな男の子の姿も。親子そろって参加するファンの姿が目立つ。ヒーローもの以外でも、舞台やドラマで下積み時代を経験しているメンバーが多く、結成間もないグループとは思えない総合力の高さがある。【平均身長178.5cmの長身ぞろい】総勢30人のメンバーは、“美の総合商社”をうたい文句にするオスカープロモーションが、所属男性タレントの中から自信を持って選び抜いたサラブレッドたち。ルックスのよさはもちろん、日本人男性の平均をおよそ7cmも上回る「平均身長178.5cm」を誇る劇団員には、田中ジョシュア、明珍隼人、池上翔などファッション誌のモデルとして活躍中のメンバーも。女性セブン10号(2018年3月15日号)のグラビアでリーダーの栗山航、塩野瑛久、立花裕大が披露したセクシーな肉体美も大きな反響を呼んだ。【チケットは30分でSOLD OUT】芝居、歌、ダンス、お笑い、ゲームコーナーなど盛りだくさんの内容で昨年末から毎月開催されているファンイベントは、毎回30分で完売するプラチナチケット。さらに、毎回大行列となるのが缶バッジや生写真などを販売するグッズ売り場。とくに、定本楓馬を筆頭とする2.5次元ミュージカル出演者には熱心なファンも多く、販売開始早々に売り切れてしまうことも。イベントを重ねるごとに売れ行きは右肩上がりだそうで、「イベント終了後では完売している可能性が高いですね」(事務所関係者)ということなので、お目当てのメンバーのグッズは早目にゲットを!【旗揚げ公演がいよいよ開幕!】「男劇団」結成時から念願だった旗揚げ公演が、6月14日からアイア 2.5 シアタートーキョーで上演する。キャスト入れ替え制で4日間、計6公演となる初の作品『SHIRO TORA~beyond the time~』は、数々の舞台経験を重ねてきた実力派はもちろん、今回が舞台初挑戦となるメンバーも多数出演。今しか見られない彼らのフレッシュな魅力を、ぜひ劇場で目撃して。◇男劇団 青山表参道X旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』6月14日(木)~17日(日)全6公演あらすじ/福島県の名門男子校、私立城山高校。学園祭を目前に、演劇部は部員不足による廃部の危機にさらされていた。学園祭で賞を取り、一発逆転を狙う部員たちは、白虎隊を題材にした舞台を企画。白虎隊最後の地、飯盛山で稽古をしていると、現代にタイムスリップした白虎隊の隊士たちが現れて…!? 予測不能な青春エンターテイメント作品!公式サイトhttps://oscar-aox.jp/special/shirotora/
2019.03.11 15:43
豊川悦司 朝ドラでの巨匠漫画家役で「56歳の魅力」が躍動
豊川悦司 朝ドラでの巨匠漫画家役で「56歳の魅力」が躍動
 地位や権力が人を魅力的に見せるとは限らない。愛される「おっさん」でいることは相当難易度が高い。ただ、モデルがいないわけではない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 * * *「おっさんの可愛さ」「カワイイおぢさんの魅力」。それを発見できたことが、今期のドラマにおける最大の収穫かもしれません。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系土曜午後11時15分)は主演・田中圭。彼に恋するヒロイン(?)に吉田鋼太郎、その恋敵に林遣都。おっさんらが繰り広げる爆笑純愛物語にWebでは話題が集中。「かわいい」と大評判をとる黒澤武蔵役の吉田剛太郎。公式インスタグラム・裏アカウント『武蔵の部屋』フォロワーは40万人に迫る勢いで、「コンフィデンス」「視聴熱ウイークリーランキング」の満足度調査や視聴熱調査でも堂々1位を獲得しました。 自慢ではありませんが、このドラマの魅力については開始時に直感し、一早く4月28日の当コラムで触れました。ですので今回はもう一人の真打ち、今躍動している「カワイイおっさん」について触れたいと思います。 それは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で鈴愛(永野芽郁)が弟子入りした巨匠漫画家・秋風羽織を演じている豊川悦司さん。 秋風羽織という漫画家は、漫画に対してとことん真摯で妥協しない人気作家。名前から女性を想像するけれど、その正体はかなり風変わりな偏屈おやじ。犬とウサギだけを愛し、ロン毛、サングラス、黒装束で身を固め五平餅が大好き。風貌はどことなく佐村河内某を連想させるものが……。 ヒロイン・鈴愛を事務所に雇うことにした秋風。ですが、あくまで「メシアシ(飯作りのアシスタント)」として。鈴愛の漫画の才能については、評価ゼロ。むしろ「岐阜のサル」「五平餅要員」と呼び捨てて相手にせず。中途半端な情状酌量が皆無で冷淡なところも秋風の魅力であり爽快さかもしれません。 鈴愛を相手にしない一方で、美しい男には目が無い。鈴愛の幼なじみ、律(佐藤健)を「タジオ」と勝手に名付けてクロッキーのモデルに採用……と破天荒きわまりない秋風先生。ちなみに、タジオとは『ヴェニスに死す』に登場する貴族の美少年の名前です。そう、秋風羽織は、まさか現実にはありえないような虚構的人物なのです。 ファッションから言葉使い、身振り手振りまで、ふざけたキャラクター。それを徹底して役作りして演じ切っている役者・豊川悦司のパワーは凄い。ありっこないものを、ありそうに変えてしまう演技の力にアッパレです。 徹底的にキャラクター作りをしている気配は随所に感じられます。例えば、冷凍焼きおにぎりを電子レンジに入れるシーン。電子レンジの扉を開けると、そこに置き忘れた大切なネーム原稿が発見される。このシーン、大きな見所の一つです。クビになっていた鈴愛はそれで救われ漫画家への道を一歩踏み出すのですから。おにぎりの載った皿を持つ秋風の表情、指先の形、そして間合いの取り方。細部の細部まで詰め切っている。このシーンの意味が際立つための演技的計算でしょう。 しかも、秋風の面白いのはどこか純でカワイらしくて、けなげなところ。5年前に手術したガンが再発したかもしれない、と泣く姿は実にいじらしい。秋風羽織という役柄に56歳の豊川さんの魅力が、はちきれんばかりに詰まっているのです。 豊川悦司さんといえば、かつては大人の色香漂う二枚目役で鳴らした人。90年代には常盤貴子と共演した『愛していると言ってくれ』で耳が不自由な青年画家のピュアな恋愛模様を描き出して大ブレイク。誰もが知っている有名役者の割に、簡単にはバラエティなどに出ず、テレビでのトークも少なく等身大の姿や実生活についても神秘的なベールに包まれている。ということはつまり、「演技ですべてを判断してください」というメッセージでしょう。 年をとっておっさんになれば、その年齢だからこそできる魅力的な演技を見せつける。立ち止まらず、年を経るごとに変化していく。そんな輝かしきおっさん役者のけなげさ、カワイらしさにラブを感じます。
2019.03.11 15:43
『半分、青い。』 左耳聞こえないヒロインは脚本家の実体験
『半分、青い。』 左耳聞こえないヒロインは脚本家の実体験
 4月2日からスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の平均視聴率が2週続けて20%の大台にのり、絶好調だ。公式SNSのフォロワー数も放送開始時に16万5000人を超え、人気の高かった前々作の朝ドラ『ひよっこ』の3倍を記録している。 物語の舞台は、岐阜県の東美濃市という架空の町。1971年7月7日に生まれた鈴愛(すずめ・永野芽郁、18才)と、律(佐藤健、29才)を中心に、情緒あふれる人間ドラマが描かれる。 ドラマの初回では、鈴愛が生まれる前のCGで作られた胎児がナレーションを担当し、ストーリーを進めるという斬新さが話題になった。制作統括の勝田夏子さんが話す。「脚本家の北川悦吏子さんから主人公が胎児の状態で1週間分書きたいと提案されたのですが、話し合いの結果、2日になったんです。でも、北川さんの発想力だったら、1週間でも面白いものになっていたかもしれませんね」 今後も、北川さんならではの発想で、視聴者を驚かせてくれそうだ。本誌・女性セブンでもさっそく「ふぎょぎょ!」なトリビアをチェック!◆名前、誕生日、偶然の一致の連続! ヒロインの鈴愛を演じる永野は、小学3年生のときにスカウトされて芸能界入り。2017年には、『ひるなかの流星』で映画初主演を飾るが、その役名も「すずめ」だった。 また、本作では、鈴愛と律は同じ病院で同じ日に生まれるという設定だが、実は鈴愛の母親である晴を演じる松雪泰子(45才)と、律の母親・和子を演じる原田知世(50才)も、ともに11月28日生まれなのだ。◆左耳の聞こえないヒロインは北川さんの実体験から 鈴愛は、小学3年生のときに、左耳の聴力を失う。しかし、耳鳴りのことを「左耳に小人がいて歌っている」と表現したり、高校生になってからは、大きなつけ耳をして授業を受けたりと、いつもポジティブ。 実はこの設定は、北川さん自身が3年ほど前に左耳を失聴したことに端を発する。北川さんも鈴愛のように、「親しい人が聞こえる耳の側にいつも寄り添ってくれる」とポジティブに考え、「これはドラマの設定になる!」と直感したそう。※女性セブン2018年5月10・17日号
2019.03.11 15:43
朝ドラでゲイを演じる志尊淳、役作りへのこだわり
朝ドラでゲイを演じる志尊淳、役作りへのこだわり
 左耳の聴力を失いながらも、持ち前のポジティブさで数々の困難を乗り越えていく──NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・鈴愛(すずめ・永野芽郁、18才)の明るさに毎朝心を奪われている人が続出している。そこで、『半分、青い。』に関する豆知識を紹介! バブル時代に上京した鈴愛が律(佐藤健、29才)と律の友人のモテ男、朝井正人(中村倫也、31才)とともに、ディスコに繰り出すシーンがある。このシーンには、お立ち台の上のディスコクイーンが約20名、フロアで踊る客と店員が約70名も出演する。衣装を担当した東京衣裳の澤谷良さんが撮影を振り返る。「通常のエキストラは、ヘアメイクも洋服も自前が多いのですが、時代背景もあるので、今回は衣装を人数分用意しました。全員にバブル期のメイクをするのも大変でしたね」 他にも、鈴愛が働く「オフィス・ティンカーベル」にやってくる編集者にも当時の空気が色濃く反映されているとのこと。画面の隅々まで要チェックだ。◆志尊淳、ジェンダーへのこだわり 漫画家・秋風羽織(豊川悦司、56才)のオフィスで働くゲイの美青年・藤堂誠役を演じているのは志尊淳(23才)。彼は今年1月に放送されたドラマ『女子的生活』(NHK)で、心は女性、恋愛対象も女性という役を演じた。制作統括の勝田夏子さんは志尊の役作りについてこう話す。「『女子的生活』の時にすごく勉強されたみたいで、今回の役についても、“この人が好きなのは男性なんですよね? 男のメンタルで男性が好きなんですか? それとも女性のメンタルで男性が好きなんですか?”と、役柄について、真剣に聞いてこられました。私たちは米国のドラマ『glee』に出てくるカートというキャラをイメージしていたのですが、志尊さんがそこまで考えてくれていて、本当に頼もしい限りです」◆オープニング映像は1か月ごとに変化!? タイトルにちなんだ“青い”空にさまざまな形の雲が浮かび、それを何かに見立てるというアイデアが印象的なオープニング映像。オープニング映像の監督を務めるくろやなぎてっぺいさんが話す。「毎朝空を見て、いい雲が出ていたらカメラマンに連絡して撮ってもらっていました」 最後の雲のカットは、毎月変わるとのこと。いつ変わるのか注意して見ると、自分だけの発見にウキウキできそうだ。 10話では鈴愛の耳を診てくれる医師の役で眞島秀和(41才)がスペシャルゲストで登場し、「この回しか出ないの?」とSNSをにぎわせた。今後もこうしたゲストがふいに現れるかもしれない。一瞬たりとも『半分、青い。』から目が離せない!※女性セブン2018年5月10・17日号
2019.03.11 15:43
新朝ドラ高視聴率支える松雪泰子と原田知世、意外な共通点
新朝ドラ高視聴率支える松雪泰子と原田知世、意外な共通点
 放送開始2週目も平均視聴率20%の大台をキープした連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)。ヒロインの初登場シーンは「CGの胎児」で、同じ日に同じ病院で生まれた運命の相手と「命名前に出会いを果たす」といった朝ドラ史でも異例の仕掛けが話題をさらっている。 ヒロイン役の永野芽郁(18才)と、その幼なじみを演じる佐藤健(29才)の恋の行方に負けず劣らず注目を集めているのが、2人の母親を演じる松雪泰子(45才)と原田知世(50才)だ。 同じ商店街でそれぞれ夫婦で食堂を切り盛りする松雪演じる晴と写真館を営む原田演じる和子は、町の人気を二分する「美人おかみ」。「2人の好演が高視聴率を支えていると評判です。男性陣がチャンネルを合わせるのだとか。実はこの2人、意外な私生活での共通点も多いんです」(NHK関係者) 年齢こそ5才違うが松雪も原田も11月28日生まれと同じ誕生日。松雪は佐賀、原田は長崎と同じ九州出身というだけでなく、松雪はギタリストの門脇学(52才)と、原田はイラストレーターのエドツワキ氏(51才)と、ともにアーティストと結婚、離婚歴があることまで一緒なのだ。「撮影現場では、松雪さん、原田さんに風吹ジュンさん(65才)、余貴美子さん(61才)などを加えた大御所グループで話していることが多いですね。どんな場面にしよう、など演技について意見を交わすこともあるみたいです。松雪さんは、演出側にも興味があるようで、いつか監督として映像作品を撮ることを目標にしているストイックなタイプ。 一方の原田さんも、ほんわかしたイメージに反して台本や演出について積極的に自分の考えを述べていくタイプ。誕生日やプロフィールほどの『完全一致』というわけではないでしょうが、息はピッタリのようです」(芸能関係者)※女性セブン2018年5月3日号
2019.03.11 15:44
『半分、青い。』 風変わりなタイトルに込められた生活哲学
『半分、青い。』 風変わりなタイトルに込められた生活哲学
 今回の朝ドラは冒険的で野心的な作品である、といえそうだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。 * * * 今週いよいよスタートしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。主人公が胎児のまま、この世にまだ存在しないうちから登場という斬新なスタート。 楡野鈴愛役の永野芽郁と萩尾律役の佐藤健が、胎児の声のナレーションをする、という面白い趣向。それだけではありません。ナレーション担当が次々に替わっていくのもユニーク。ピンピンコロリと亡くなった祖母が、空の上からみんなを眺めつつ語る。 というように、今回の朝ドラは異色のチャレンジが満載。早くも視聴者の関心を惹きつけています。 時代考証でもカンカンガクガク、議論がわき起こっています。例えば1960年代に放送された「マグマ大使」の特撮ネタを80年代の小学生・鈴愛が知っているのは時代的にヘン、といった指摘。あるいは昭和の時代にビニール傘はおかしい、普及していなかったのでは、という声。つまり、実に細かい点まで視聴者の関心が及んでいる。言ってみればそれは「関心度の高さ」を示している。 制作側の狙い通り、ということ。つっこみも含め話題になればなるほど、まだ見ていないという視聴者も「ちょっと見てみようか」と興味をそそられるのですから。 ナレーションや時代の細かい作り込みも魅力的ですが、それ以上に注目すべきことがあります。この朝ドラの大きな可能性を指し示しているポイントがあります。 それは『半分、青い。』というちょっと風変わりなタイトル。 最初に耳にした時、みなさんは何を思い浮かべたでしょうか? 甘酸っぱい青春、まだ大人になりきっていないみずみずしさ、青臭さ、未成熟ゆえの葛藤……私はそんなことを連想しました。でも、表層的なこと以上にもっと深い何かが埋まっていそうなのです。 脚本担当・北川悦吏子さんはNHKの番組Webサイトでこう答えています。「私自身もこのドラマのヒロインのように左耳を失聴しました。ある雨の日に傘をさしていると、左側だけ雨の音がしないんですね。私的には、それがちょっとおもしろいなと感じていて、これはドラマになるんじゃないかと思っていました。タイトルの『半分、青い。』もそのとき一緒に思いついたんです」   半分の空は、雨音がしている。雨が降っている。しかし、半分は雨音がしなくて、青い。雨天か晴天か。面白いと思うか、悲観的になるか。この世は肯定的にも否定的にも映る。天国にも地獄にもなりうる。 つまり一つの状況下(片耳が聞こえない)でも、それをどう捉えるかによってまったく違う印象が生まれてくる、ということ。『半分、青い。』という一見シンプルなタイトルにそうした深遠なる意味が含まれている、と。 特に今の時代の日本人にとって「重要な問いかけ」になっていることがポイントです。なぜなら、人生について多くの人が悲観的になりがちだから。否定的になりがちだから。 生真面目な性格の人が多いと言われるこの国。秩序を尊重し道徳を守って、コツコツと真面目に努力し生きていく。他人との調和を大事にする傾向も強い。それは外国から高く評価される、いわば日本人の美徳でしょう。 しかしそれは一方で、世間一般のものの見方を疑わず受け入れる生き方につながり、違う個性を認められず集団の中で同調圧力を生じさせることにもつながることがあります。一元的な見方に流されがち、ということにも。壁が立ちはだかるとすぐ否定的なことをイメージしたり悲観的になってしまうのも、生真面目で決まりごとを疑うことが苦手な人の習性なのかもしれません。 タイトルの『半分、青い。』は鋭く問いかけてくる。本当にそうなの? それでいいの? と。雨音を聞き「今日は天気が良くないな」と悲観するあなた、それは本当なの? 今日は雨。しずくが光っていて特にキレイ、しっとり湿った葉っぱや石が輝いている。お肌も乾燥せずつるつるでいられる……と、面白いことはどこにでもありどこにでも見つかる。全ては自分がどう捉えるか、どう感じ取るかにかかっている。『半分、青い。』に込められたそんな生活哲学。このドラマに大きな期待を感じる理由です。 この問いかけは、禅宗の有名な言葉「日々是好日(にちにちこれこうにち)」にも通じます。意味するところは、晴天であろうと嵐であろうと何かを失った日だろうと何かを得た日だろうと、ただ毎日は好日である、ということ。その「好」も、良いとか好きという一般的な意味あいを越えて、全てを好しとして受け入れる姿勢。「今日は雨が降っている、雨もまた楽しい」と過ごす。「雨の日=マイナス」と捉えてしまうワンパターンの発想そのものを、よし超えてしまえ、といった感覚です。 ちなみに今週金曜日のラストシーンは糸電話。鈴愛と律は糸電話を使って名前を呼び合いました。そう、まさしくお互い「一つの耳」を使っての温かなコミュニケーション。見過ごすことのできない、意味深なシーンでした。
2019.03.11 15:44
『半分、青い。』 1週目から異例の仕掛けラッシュで話題作り
『半分、青い。』 1週目から異例の仕掛けラッシュで話題作り
 4月に始まった永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)。朝ドラでは今までの作品とは違った演出などがネット上でたびたび話題を呼ぶが、このドラマは1週目からそうした仕掛けが「異例」というほど立て続けに繰り出されている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがこの「異例」の事態について解説する。 * * * 前作『わろてんか』、前々作『ひよっこ』、前々々作『べっぴんさん』を上回る初回視聴率21.8%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録するなど、幸先いいスタートを切った朝ドラ『半分、青い。』。 放送前から「句読点を混ぜたユニークなタイトル」や「ヒロインの胎児時代からはじまる」ことが話題を集めていましたが、その他にも「あれっ? 何か違うぞ」と思わせる仕掛けが、まだ1週目にも関わらずたくさん見られるのです。◆「生まれた直後」ドラマ史上最速の出会い 確かに、CGで描かれた胎児の朝ドラ登場は、異例の仕掛けと言っていいでしょう。しかも妊娠発覚時、ヒロインの母・晴(松雪泰子)は、「(妊娠しないように)気をつけとったし、やってまった……。そもそもウチ、食堂忙しくてあんまりそういうこと(子作り)はしてないのに……どうしよう」と言っていました。「母親がヒロインの妊娠を喜ばない」というシーンは、朝ドラでは異例です。 もちろんそれには理由があり、晴には腎臓の持病があるため、子どもを産む気はなかったのですが、次のシーンでも晴は夫の宇太郎(滝藤賢一)に「どうしたい?」と聞き、夫は「俺は晴さんが元気なのがいい。晴さんが第一や」と返事。胎児のヒロイン(永野芽郁)が「ウソ!? 私は?」とツッコミを入れるほど、子どもは二の次でした。産むかどうか迷われたあげく、お産中も痛みから「もう子どもなんかいらん!」、生まれたあとも「サルみたい」と言いたい放題です。 その「胎児がナレーションを担当している」のも異例の仕掛け。なかには「私、眠い。気持ちいい。ここは世界で一番気持ちいい場所。ふわふわのポワンポワン」「(へその緒が絡まる命の危機に)エッ、私生まれてこないうちに終わりますか? お母さんの顔見たいです! 私、生まれたい!」などの実況中継風もありました。今後、ナレーションはヒロインの祖母・廉子役の風吹ジュンさんに代わることから、胎児のナレーションは第1週目のために考えられた仕掛けであることが分かります。 ただ、2話の終盤、難産の末にヒロインは生まれ、胎児のCGはここでお役御免。しかし、すぐさま「ヒロインと相手役が生まれた日に出会う」という異例の仕掛けが用意されていました。同じ病院で、ほぼ同じタイミングで生まれ、隣同士のベッドで寝ていたのです。「生まれた直後で、まだ命名前の出会い」という点では、ドラマ史上最速と言えるでしょう。◆1週目からCG→新生児→小3とヒロインがリレー  続く3話では、「ヒロインの命名でまるごと1話分使う」という異例の仕掛けが見られました。2話のオープニングに「あっ、私、お腹の中の赤ちゃんです。名前はまだない」という胎児のセリフを入れたのは、3話の異例ぶりを印象づける前振りだったのです。けっきょくヒロインの名前は、鈴愛(すずめ)に決定。4話からは小学3年生の時代が描かれています。 ここまでヒロインは、「CGの胎児から、新生児の子役、小学3年生の子役と、すでに2度のリレー」が行われました。1週目にして2度のリレーが行われたことが異例の仕掛けであり、なかでも新生児の子役を起用したことで、「生まれたばかりの新生児2人が互いを意識するように見つめ合いながら寝ている」という名シーンが生まれたのです。 その他では、「ヒロインの願望がサブタイトルになっている」ことも異例の仕掛け。1週目のサブタイトルは「生まれたい!」でしたが、2週目は「聞きたい!」、3週目は「恋したい!」と、今後も最後まで続いていくそうです。 当作はスタート前から、近年ヒットの法則と言われていた「実在の人物」「戦前戦後の物語」などを排除したことが話題となっていました。「新たな朝ドラを作ろう」という攻めの姿勢だからこそ、1週目から異例の仕掛けが盛り込まれているのではないでしょうか。◆好スタートを支えるベテラン俳優たち 1週目では早い仕掛けで話題を集めて好スタートにつなげましたが、2週目でも「鈴愛は小学3年生で左耳が聴こえなくなってしまう」という異例の展開が予定されています。ただ当作は、決して暗い物語ではありません。オープニングを見れば分かるように、鈴愛の類まれな発想力やユニークな感性を生かした物語であり、春の到来に相応しい明るさと爽やかさがベースにあるため、安心して見ていられる朝ドラになりそうです。 最後にふれておきたいのは、異例の早い仕掛けを支えている実績十分のベテラン俳優たち。前述した滝藤賢一さんと松雪泰子さんに加えて、祖父・仙吉役の中村雅俊さん、祖母・廉子役の風吹ジュンさん、運命の相手・律(佐藤健)の父・弥一役に谷原章介さん、母・和子役に原田知世さん、病院長・貴美香役の余貴美子さんらが、作品に安定感と安心感をもたらしています。視聴率の好結果も、「ベテラン俳優たちがリアルタイム視聴の多い中高年層を魅了しているのが大きい」と言えるでしょう。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.03.11 15:44
時代劇の新潮流はノーちょんまげ 「曇天」、「銀魂」も
時代劇の新潮流はノーちょんまげ 「曇天」、「銀魂」も
 ドラマや映画の定番ジャンルのひとつ、時代劇。ここ最近、その傾向にある変化が見られるという。時代劇評論家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 公開中の映画『曇天に笑う』。アニメや舞台化もされた人気漫画の実写化ということで、さっそくチェックしてきた。  時は明治維新後。300年に一度、曇天に現れるという破壊神「オロチ(大蛇)」をめぐって、長年、町を守ってきた曇三兄弟(福士蒼汰、中山優馬、若山燿人)が、オロチパワーで政府転覆を狙う風魔一族らと戦う。そこに岩倉具視(東山紀之)肝いりの精鋭部隊五人組もからんで、クライマックスは大激闘に。福士蒼汰はじめ、桐山漣、古川雄輝、大東俊介らが暴れる暴れる。『踊る大捜査線』の本広克行監督によるハイスピードのチャンバラアクションに仕上がっている。 この作品を見て私が思ったのは、最近は明治を舞台にした「ノーちょんまげ時代劇」が多いということ。近年では佐藤健の『るろうに剣心』シリーズ、小栗旬の『銀魂』などがその代表だ。実際、『曇天に笑う』の予告編でも『銀魂』の坂田銀時、『るろうに剣心』の緋村剣心と同じ時代、もうひとりのヒーローがいたと、曇天火のことを紹介。銀時、剣心ファンにもしっかりアピールしている。 ノーちょんまげ三作品に共通しているのは、とにかく主役が二枚目でお茶目なこと。曇天火は「ここじゃ俺が掟だ!」と町を守り抜くかっこいい男かと思ったら、「なんつって」とにやにや顔に。思えば、剣心も剣の腕はすごいが世間知らずの純情男だったし、銀時にいたっては「宇宙一バカな侍」なんてことを言われている。その一方で、彼らにはそれぞれ苦闘の過去もあるのだ。 曇天火は、謎の面をつけた風魔の男に両親を惨殺され、剣心はかつて「人斬り」として多くの殺傷をしてきた。ツンツンの銀髪を逆立てて「ちわー」とへらへらしている銀時だって、宇宙攘夷戦(なんなのそれは?)でその名をとどろかせた猛者なのである。強さとともに過去の傷があってちょっとおバカ。まさに女の子に好かれるキャラクターということなんですな。 また、主人公が圧倒的に不利な状況で戦うことも共通点。その目的は必ず、「誰かを守るため」と決まっている。曇天火も風魔に捕まった弟を救うべく、とんでもない人数相手に鉄扇ひとつで突進していく。多勢に無勢。これは時代劇ヒーローのお約束でもあるのだが、ノーちょんまげ作品でもしっかり踏襲されているのは面白い。  さらにノーちょんまげ作品のポイントは、和装、洋装どっちもオッケーというところ。『曇天に笑う』も天火は白い着流し、弟の空丸(中山)は忍者風、精鋭部隊は洋装の軍服で勢ぞろい。「昔」も「歴史」も感じさせないコスプレ的要素が画面にあふれる。出演者がほぼ全員二枚目男と振り切ったキャスティングで、ノーちょんまげの王道を行く。 身分制度も取っ払われ、混沌とした時代だからこそ、なんでもアリ。大河ドラマ『西郷どん』もほどなく明治時代に突入する。ザンギリ頭の西郷どんも苦労が続く。明治維新150年の今年、まだまだノーちょんまげの人物の動向に注目が集まりそうだ。
2019.03.11 15:45
佐藤健、28才で高校生役を演じての感想は?
佐藤健、28才で高校生役を演じての感想は?
 映画『いぬやしき』の新宿プレミアムイベントが行われ、出演者の木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、佐藤信介監督が登場した。同作は全10巻で累計310万部を誇る奥浩哉の同名コミック。 人気漫画の実写化で、初の悪役、しかも高校生役に挑戦した28才の佐藤。「そろそろ高校生役は厳しいんじゃないのかと言われたら、ぐうの音も出ないわけです」と話し出したが、共演者たちに、「高校生にしか見えなかった」と言われ、うれしそうにドヤ顔。■撮影/小彼英一
2019.03.11 15:45
女人禁制は因習・宗教・天皇制だけの単純な枠組ではない
女人禁制は因習・宗教・天皇制だけの単純な枠組ではない
 不祥事続きのために、角界は現代に合わせて変わるべきだとの声もある。だが、そこには改革が容易なものと、難しいものがあるだろう。改革が難しいものの中でも象徴的な「女人禁制」の慣わしについて、どのような思想が重なり合っているのか、評論家の呉智英氏が解き明かす。 * * * 年末年始、角界の不祥事が続いた。下位力士への暴行事件。横綱白鵬の品格に欠けるふるまい。いずれも近代スポーツではない伝統体技だからこそ起きる問題だ。教育にも取り入れられている陸上競技や球技では、こんなことはない。暴力事件があれば関係者の処分は当然。競技に求められるのはルールを守ることのみ。しかし、大相撲は伝統体技だから近代スポーツとは違う思想に貫かれている。現代の良識との齟齬も生じる。 だが、暴力や品格の問題は比較的簡単に改革が可能だ。暴力をやめたところで困ることは何もないし、品格も単にルール化すればすむ話だろう。しかし、これまでも度々問題になった「女人禁制」はそう簡単に「改革」はできまい。 二月十一日付朝日新聞(東京本社版)は、この問題を取り上げている。 それによると、江戸期までは千秋楽以外女性の相撲観戦はできなかったという。幕末の四賢侯と称される山内容堂の助言で明治初年から女性の観戦ができるようになる。しかし、今も土俵には女性は立てない。一九九〇年森山真弓官房長官は総理大臣杯授与に際し土俵に立てなかったし、二〇〇〇年太田房江大阪府知事も府知事賞授与に際し同じことを体験した。 この女人禁制は、能力論ではなく、宗教的な「穢れ(けがれ)」思想から来ている。能力論なら科学的論証によって改革を促すこともできようが、宗教に対して科学的論証は無意味だ。神事に起源を持つ相撲であれば、改革は容易ではない。 この女人禁制を因習・宗教・天皇制・政治権力という枠組でとらえる人も多かろうが、ことはそう単純ではない。 佐藤健『南伝仏教の旅』(中公新書)という興味深い旅行記がある。1989年の刊行だから、情報は少し古いし、何より古書価が高くなっている。それでも読んで損はない好著だ。 この中にタイについての一章がある。タイでは憲法で信教の自由は認められているが、小乗仏教(いわゆる上座部仏教)が国教となっている。国王は仏教の守護者であり、国民の九割以上が熱心な仏教徒である。国民の王室への敬慕の念も強い。しかし、そうであるからこそ、我々にとって意外に思えることもある。 プミポン国王(当時)の二女シリントーン王女は、美貌と気品で絶大な人気を誇る。王女が国民的功労者を表彰する時は延々二時間もテレビ中継が行なわれる。表彰される人は恭しく拝礼し賞を戴く。しかし、受賞者が僧侶の場合はちがう。僧侶は一礼もせず、手ずから賞品を受け取ることもしない。逆に王女が僧侶に拝礼し、賞を「もらっていただく」のだ。 佐藤は、ここに王権と宗教権威の拮抗関係を見る。しかし、さらに穢れ思想も指摘しないわけにはいかない。僧侶は、たとえ王女であろうと「穢れである女」に触れられないのだ。最も反動的である女性蔑視思想が王権思想に楔を打ち込む逆説がここにある。●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。※週刊ポスト2018年3月9日号
2019.03.11 15:46
巨人・沢村とのスピード婚でも有名な森アナ
森麻季 再婚相手は年商50億「ムーミン社長」
『ムーミン』の舞台はフィンランドなのか、それとも架空の「ムーミン谷」なのか――今年の大学入試センター試験で出題された「ムーミン問題」は、大手全国紙でも取り上げられるなど大きな話題を集めた。 ムーミンは、フィンランド出身の作家、トーベ・ヤンソンが1945年に書いた小説が原作で、その後マンガ化され、全世界で愛されるキャラクターにまで成長した。 日本でのムーミンの著作権を管理しているのは、国内の翻訳出版のマーケットシェアで60%を占める大手エージェント会社だ。昨年12月中旬、都内のパーティー会場で同社の忘年会が行われた。「冒頭、挨拶に立った社長のAさんが、“いろいろとご心配をおかけしましたが、ようやく結婚しました!”って結婚を発表したんです。そうして壇上に迎え入れたのが、アナウンサーの森麻季さんでした。森さんはその夜、司会もしていらっしゃいました」(会の参加者) 森麻季は、2011年にプロ野球・巨人の澤村拓一投手と結婚したが、2013年はじめにスピード離婚。昨年2月に再婚を発表していた。「お相手は会社経営者の一般男性とだけ発表しましたが、素性は明かしていませんでした。実はそのお相手こそ、Aさんだったんです」(出版関係者) A氏は同社創業者の御曹司で、慶応大学を卒業後、アメリカのスタンフォード大学大学院へ進んだ秀才。ニューヨークのタレントマネジメント会社で働いた経験もある国際派で、俳優・佐藤健に似たイケメンだ。「同社は爆発的なヒットを飛ばしたピーター・ドラッカーに関連する版権も一括して担っている業界のガリバー。年間売上高は50億円を超えます。森さんとAさんは、知人の紹介で知り合ったそうですよ」(前出・出版関係者) 森は4月末にも第一子を出産予定。そうなると“ムーミンママ”ってこと?
2019.03.11 15:47
土屋太鳳が佐藤健にケーキの「ファーストバイト」
土屋太鳳が佐藤健にケーキの「ファーストバイト」
 実話を基にした映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台挨拶が12月16日に行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督が登場した。 同作は2015年、YouTubeに投稿された動画を基にしたもの。岡山県に住むカップルが結婚を間近に控えていたが、新婦を突然の原因不明の病が襲い、8年間意識不明になる。その間新郎は待ち続け、その末に奇跡が起きたのだ。新婦は目覚め、二人は結婚した。 舞台挨拶では、結婚式のように土屋が佐藤に「ファーストバイト」をしたほか、佐藤から土屋に向けて長文の手紙を読むシーンもあり、結婚式が再現されたかのようだった。■撮影/平野哲郎
2019.03.11 14:37
ドラマ、映画のPR会見 芸能人と会えるファンミーティング化
ドラマ、映画のPR会見 芸能人と会えるファンミーティング化
 最近の記者発表会が、とにかくすごいんです! 関係者のみに公開されることが多かった会見にファンをご招待して、憧れの芸能人との距離がぐっと縮まる企画が盛りだくさん。“ファンミ”に進化した会見の様子を、プレーバック!!◆ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系、10月23日より毎週月曜21時~) 篠原涼子が演じる主婦・佐藤智子が、政治未経験ながら市議会議員を目指すドラマ。放送に先駆けて行われたファンミーティングでは、ファンによる選挙風ポスターの人気投票や質問に答えたり、サイン入りノートを抽選でプレゼント!(10月13日、ファンミーティング)  議員役の篠原涼子、高橋一生、前田敦子、トレンディエンジェル斎藤司の選挙用ポスターから、ファンが自分のお気に入りに投票。得票数が最も多かったのは、高橋一生。当選の花をポスターにつける役を指名された石田ゆり子が、高橋本人の胸元につけようとしてしまい、会場のファンが「かわいい」を連呼! ファンからの質問にズバリ答えます! 事前に募集した質問にNGナシで回答。意外な素顔が明かされてファンも大喜び。Q:撮影中に気づいた共演者の意外な素顔を教えて「一生さんが意外にも“スイーツ男子”なんです!」と篠原が明かすと、「最近、パンケーキが好きです」と高橋が告白。「チョコも好きだよね? (甘いものが好きなのは)お疲れだから?」と言う篠原の問いに、「お疲れではなくて(笑い)、甘いものは以前から食べちゃうんですよね。断トツでチョコが好きです!」(高橋)。Q:美の秘訣を教えて篠原「やっぱり、保湿が大切! あとは水分補給。一生さんが1日1食で運動もされていて、すごいんです」石田「肌は保湿、大切ですよね。大人になってから、運動はピラティスをずっとやっています」Q:ラブロマンスはありますか?高橋「ふふっ(笑い)。どうでしょうね。人間関係が交錯していくので、片思いや両思いの恋愛も絡んでいくかもしれません」◆映画『亜人』“エンドレスおもてなし舞台挨拶”と銘打たれたイベントだけあって、ファンが喜ぶ“ツボ”をみごとに押さえたおもてなし。(10月5日、大ヒット御礼舞台挨拶) 通常の記者発表会では、マスコミ関係者以外は撮影禁止だが、この日は観客も撮影OK! 携帯電話を一斉にかざす観客を見て、「異様な雰囲気」と、佐藤健がのけぞる場面も。話題の“デートなうにつかっていいよ”を模して、佐藤が席でポップコーンを食べる写真を撮ったり、ファンからの生質問にも回答。◆ドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系、毎週木曜22時~) 刑事役を演じていることから、スーツ姿で登場した神木隆之介。ファンから「カッコいい!」という声が飛ぶと、「うれしいですね。スーツを着ただけで、ほめられるなんて」と優しい笑顔を見せた。(10月10日、完成披露試写会) 子役時代から一線で活躍し続ける神木も、今では24才に。「今までは就活生みたいな役でスーツを着ることが多くて、役でちゃんと就職したことがなかったから」と、すっかり男らしく大人になった姿で語る様子にファンもほれぼれ。◆ドラマ『重要参考人探偵』(テレビ朝日系、10月20日より毎週金曜23時15分~) Kis-My-Ft2の玉森裕太と、NEWSの小山慶一郎が劇中でモデルを演じることから、ファンの前で“生着替え”対決を。 ステージ上に用意された衣装を使ってコーディネートを組んだあと、首だけ見えるボックスの中で生着替え。小山が「玉ちゃん、今“パンイチ”です」と実況し、玉森は脱いだ服を投げ捨てるパフォーマンスを見せるとファンから黄色い歓声が! ドラマの中では小山が肉体美を見せるシーンもあるそうで、ファンの期待も膨らむばかり。(10月15日、記者会見) 劇中でモデル事務所の社長がスカーフを取り入れたファッションをしていることから、玉森はスカーフをコーデのポイントに。「とにかくお金を持っていそうな感じにした」という小山。コーデ対決の審査員を務めた共演者の新木優子(23)がこのコーデを気に入り、小山が勝利。◆映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』(10月28日土曜より公開) その場で挙手した生徒たちの質問に的確なアドバイスを送る生田の姿に、生徒はもちろん広瀬も感激しきりだった。(10月14日、特別課外授業イベント)・生徒のお悩み「いつかジャニーズ事務所に入りたい」 生田に憧れているという先生が、生徒に負けじと悩みを相談。「ジャニーズ事務所に入りたい場合、ジャニーズJr.からはじめていただかないといけないので、まずはダンスとかお芝居を頑張っていただけたら」と、生田が大真面目にアドバイス。生徒の笑いを誘った。・生徒のお悩み「芸能界で活躍してみたい! アドバイスはありますか?」「家族とか友達とか、身の回りの人を大切にすること。身近な人を大切にできない人は、遠くの人を幸せにできないかなと思います」と生田。広瀬も「かっこいい! 私もその通りだと思います。伊藤先生、さすがです」と、大興奮。■撮影/高柳茂※女性セブン2017年11月2日号
2019.03.11 14:39
佐藤健が「#デートなうに使っていいよ」と許可出す
佐藤健が「#デートなうに使っていいよ」と許可出す
 映画『亜人』の大ヒットを祝し、主演の佐藤健(28)がスマホ撮影を許可するなど、異例ずくめの“エンドレスおもてなし舞台挨拶”を開催。ポップコーンを頬張る写真は、“#佐藤健と映画館で亜人デートなう#に使っていいよ” と公式ツイッターに投稿された。 これに対しては、「嬉しすぎて映画どころじゃなくる笑」といった喜ぶ声のほか、実際に自分と佐藤のコラージュ写真、熊が大股開きをしていたり、男性を横に配置したコラージュ写真などが登場した。■撮影/高柳茂
2019.03.11 14:39
相手役は常に10歳以上 年上俳優キラー・永野芽郁の強み
相手役は常に10歳以上 年上俳優キラー・永野芽郁の強み
 今後の活躍が期待される次世代の女優のひとり、永野芽郁(17才)。来春スタートの連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインに抜擢されたことでますます注目が集まっている。ドラマ通の間で彼女は、“年上俳優キラー”といわれる存在だという。いったいなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその理由を明らかにしながら、“女優・永野芽郁”の魅力に迫る。 * * * 今月22日、来春スタートの朝ドラ『半分、青い。』(NHK)の出演者発表会見が行われ、主演を務める永野芽郁さんの相手役は、佐藤健さんであることが明らかになりました。 会見で話題となったのは、永野さんと佐藤さんの年齢差。永野さんの17歳に対して佐藤さんは28歳であり、11歳もの年齢差があるのです。ドラマでは「同じ日に同じ病院で生まれた運命の二人」という設定だけに、どう年齢差を埋めていくのか。二人の演技プランに注目が集まるでしょう。 しかし、永野さんが年上俳優とコンビを組むのは同作だけではありません。現在放送中の『僕たちがやりました』(フジテレビ系)では29歳の窪田正孝さん(年齢差12歳)、10月公開の映画『ミックス。』では29歳の瀬戸康史さん(年齢差12歳)との恋模様が描かれています。 さらに過去を振り返っても、映画『俺物語!!』では当時32歳の鈴木亮平さん(年齢差17歳)、映画『ひるなかの流星』では当時28歳の三浦翔平さん(年齢差11歳)、イレギュラーな形ではありますが、ドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)では当時42歳の声優・櫻井孝宏さん(年齢差26歳、紙袋をかぶった男性役)の相手役として出演する“年上俳優キラー”でした。『UQモバイル』のCMで34歳の深田恭子さん(年齢差17歳)と28歳の多部未華子さん(年齢差11歳)と三姉妹を違和感なく演じていることも含め、なぜ永野さんはこれほど年齢差のある俳優と共演しているのでしょうか。◆20代女優に負けない愛嬌と度胸 起用理由について『こえ恋』の渡邊愛美プロデューサーは、「感情豊かに変化する表情、そしていつも相手の話に真剣に耳を傾ける永野さんの姿は、まさに“ゆいこ”(ヒロイン)そのものだと感じました」とコメント。 一方、『半分、青い。』の勝田夏子制作統括は、「ヒロインは、すっとぼけ力のある女の子。永野さんのみずみずしい大らかさ、えも言われぬ愛嬌と胆力、そして北川(悦吏子)脚本にマッチした自由な演技テンポ、どれもぴったりでした。それでいて、時折ハッとするほど大人びた顔を見せ、俳優としての勘と瞬発力にも恵まれています」と絶賛していました。 ドラマ主演に抜てきした2人のコメントから分かるのは、永野さんの感情表現の巧みさ。表情がクルクル変わる愛嬌と、物おじせず年上俳優の演技についていける度胸は、20代女優にも負けないものがあるのです。 作品によって「ピュアな少女」と「イマドキの女子高生」を演じ分けられるのも魅力の1つ。異なるキャラクターを演じ分けられるのは、小学生時代から現在までモデルとしてさまざまな衣装とヘアメイクで、カメラに撮られ続けてきたからでしょう。「演技のテクニックがある」というより、「佇まいそのものでリアリティを持たせている」という印象を受けます。 また、視聴者の年齢層が上がっているテレビ業界において、永野さんのような昭和の面影を残す顔立ちは好感度大。『カルピスウォーター』『積水ハウス』などのCMに出演していることからも、年齢層を超えて受け入れられやすいルックスであることがわかります。◆17歳でスターになった上戸彩の再来か もう1つ忘れてはいけないのは、20代後半の俳優との好相性。前述した佐藤健さん、窪田正孝さん、瀬戸康史さんと永野さんが対峙しても、顔や身長などのバランスがよく、10歳以上の年齢差を感じさせず、甘酸っぱいムードを醸し出せるのです。 その甘酸っぱいムードを象徴しているのはキスシーン。10歳以上年上の俳優とキスシーンをすると必然的にいやらしいムードになりがちなのですが、永野さんにはそれがありません。そもそも女子高生女優であるにも関わらず、年上俳優とのキスシーンに挑める思い切りの良さも同世代にはない強みであり、特筆すべきと言えます。 朝ドラは、ひと回りどころか、ふた回り以上年上の多くの中堅・ベテラン俳優に囲まれて芝居をするだけに、ますますその強みが磨かれるでしょう。このまま順調な女優業を歩んでいけば、10代のうちに刑事や医師などさまざまな職業を演じる機会が得られるのではないでしょうか。 つまり、“年上俳優キラー”であることは大器の証。2000年代前半、上戸彩さんは永野さんと同じ17歳のときに『高校教師』(TBS系)で藤木直人さん(年齢差13歳)、『ひと夏のパパへ』(TBS系)で北村一輝さん(年齢差16歳)、18歳のときに『エースをねらえ』(テレビ朝日系)で内野聖陽さん(年齢差17歳)と共演してスターダムに駆け上がりました。朝ドラヒロインの抜てきもあり、永野さんには上戸さんをも上回るステップアップが期待されています。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.03.11 14:42
野球も勉強も(写真:アフロ)
甲子園には確かに「文武両道の球児」もいる
 甲子園は「プロ注目の選手」ばかりではない。ごく普通の高校生たちもプレーしている。野球と勉強に頑張る選手たちについて、現地からフリーライター・神田憲行氏がレポートする * * *「昨日は自主練習で秘密特訓しました。内容? それは秘密ですから言えませんねえ」 試合前の取材で、彦根東のショート1番の原晟也はそう言って報道陣を笑わせた。原晟也は陽気な性格で、すきあらば面白いことをいって報道陣を笑わせようとする。「進路は大学進学で、志望校は横浜国立大学です。都会で一人暮らしして社会の荒波に揉まれてみたい。オリンピックもありますし」 また笑わせた。 彦根東は滋賀県屈指の公立進学校だ。原晟也の兄も彦根東高校野球部で、現役で京都大学に合格している。 いまチームでいちばん成績が良いのは、レフトで3番を打つ高村真湖人。文系学年160人中16番という。「志望大学は神戸大学経済学部。商社マンになりたいんですよ」 彦根東は授業が始まる前の朝7時30分から、全校生徒が登校して教室や図書館で勉強する習慣がある。高村は始発電車に乗って、他の生徒より早い朝7時から学校で勉強している。「30分でも積み重ねれば大きいと思って」 そこまで勉強が出来る生徒がなぜ野球をやって甲子園でプレーしているのか。「僕は甲子園に出たくて、東高に来たんですよ。東高が初めて甲子園に出たときに中学生で、真っ赤なアルプスで応援しました。そのとき、絶対ここに入って甲子園に出ると決めました」 彦根東は今大会が二度目の出場。初出場は2013年、初戦で花巻東に敗れたものの、アルプスが赤いポロシャツを着た応援団で埋まり、甲子園を湧かせた。学校がある彦根城の城主・井伊家の武具「井伊の赤備え」にちなんだものである。 中学生時代にそのアルプスで応援して、雰囲気に憧れて野球部に入学した生徒も多い。 彦根東は初戦を勝ったものの、2回戦で青森山田に敗れた。 4点差を追いかけた9回ツーアウトから三塁打を放った原晟也は、スタンドの拍手に合わせて頭でリズムを刻みながら三塁ベースからリードする。だが次打者のライナーを青森山田の三塁手が好捕したのを見て、天を仰いだ。 試合後の原晟に聞いた。──これで勉強に切り替えますか?「うーん、ちょっと難しいですね(笑) でも2年半、真剣に野球に打ち込めたので、勉強にも打ち込めると思います」 と、原晟也は朗らかに話した後、急に顔を崩した。「やっぱり、もっと野球がしたかったな、と……」 彦根東と同じく、今大会の進学校として注目を集めたのが東筑である。福岡大会では九産大九州、福岡工大城東、西日本短大付属と強豪を破った。しかもさらに決勝戦で今春の選抜8強の福岡大大濠を降ろして甲子園出場を決めたことで、高校野球ファンを驚かせた。「チームで誰がいちばん成績が良いんですか」と聞いて回って、「あいつです」と全員が指をさしたのが控え投手の背番号10の山本悠可。「君がいちばん成績がいいんですか?」と訊ねるとコクリと頷いた。 理系で30番。志望は京都大学工学部。得意科目は物理。「目に見えない電子から惑星のような大きなものまで勉強するので面白いです」 山本は毎日3時間の練習を終えたあと、21時ごろ帰宅。それから就寝する12時までが、食事、お風呂、勉強などの時間だ。思ったより、毎日の勉強時間が少ない。「勉強は量より質。授業に集中すればいいんです。それにどっちかというと、野球を頑張ってきました」 大学に進学しても野球を続けるつもり、という。「高校でレギュラーを取れなかったのが悔しいです。大学では絶対、レギュラーを取りたいです」 さて、文武両道とは、有名大学に進学する進学校の生徒のためだけにある言葉ではない。 商業、工業のような実業系学校、学科で勉強を頑張っている選手も多い。 北北海道代表の滝川西は、元は私立の滝川商として創立された。1973年に滝川市に移管されて現在の校名で公立校となった。現在も普通科と商業科系の会計ビジネス科と情報ビジネス科を置いている。 背番号「4」の三上竜輝は会計ビジネス科に通う選手のひとり。「僕、野球と同じくらい勉強も好きなんです」 と笑う。 商業科系の生徒は在校中にさまざまな資格試験の獲得に挑戦する。三上は日商簿記2級以外にも、全商(全国商業高校協会)の検定で1級を4つ持っている。「全商1級を3つ以上持っていると、卒業式に協会の方から表彰されます」(佐藤健部長) 滝川西では三上以外にも、多くの資格を取得した選手たちが他にもたくさんいる。秘訣は冬季の「勉強特訓」だ。 北北海道は冬季になると雪が積もってグラウンドでの練習ができなくなる。その期間、室内でウエイトトレーニングの一方、自習室で野球部員たちは資格試験の勉強に集中する。「冬休みの期間の勉強は野球の試合時間を想定して、2時間インターバルで、朝から夕方まで毎日やっています」(佐藤部長) 選手によると、先輩が後輩に教えたり、チームの結束力を高める効果もあるそうだ。 三上は右ひじの故障から、「4」のレギュラー背番号ながら北北海道大会でも十分な出場機会がなかった。初戦の仙台育英戦でも、途中からの出場になった。 試合後、それまで落ち着いて取材に答えていた三上が、自分の野球について触れたとき、初めて声を震わせた。「大会前に背番号の移動とかある中で、小野寺大樹監督は自分にずっと4番を付けさせてくれた……なんとか監督の恩返ししたかったです……」 三上は「僕の野球は高校で終わりです」という。甲子園を去ったあと、英語の検定試験に向けてさらに勉強を頑張る。「僕には上で野球を続ける実力がないことがわかりました。だからもうひとつ好きな勉強の道に行きます」「公立大学のAO入試を狙っています。資格取得はその試験に有利なるから頑張っていました。大学に行って、将来は銀行員になるのが夢です」「銀行員になって野球をやらせてくれた親に恩返しして、過疎化に悩む北海道の街に貢献したいです」 部活をやって、勉強もやる。甲子園はスター選手ばかりでなく、ごく当たり前の高校生もプレーしている。
2019.03.11 14:42

トピックス

2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
(写真/村山康文)
【現地レポート】ベトナム戦争中の民間人殺害事件で新証言「韓国軍は味方側の村を焼き払った」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
安倍晋三元首相の国葬が行われた日本武道館[代表撮影](時事通信フォト)
安倍元首相の国葬前にも「自粛」通達 暴力団が国家的な行事に「協力」する狙い
NEWSポストセブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン