大原麗子一覧/4ページ

【大原麗子】に関するニュースを集めたページです。

浅丘ルリ子 「私の履歴書」に書かなかったTV局勤務の元恋人
浅丘ルリ子 「私の履歴書」に書かなかったTV局勤務の元恋人
《この連載も終盤に近づくと湿っぽい話が多くなる》 7月1日から始まった浅丘ルリ子(75才)による日本経済新聞の人気連載『私の履歴書』もいよいよ終了した。小林旭(76才)からのプロポーズ、石原裕次郎さん(享年52)との兄妹仲、石坂浩二(74才)との出会いと結婚、そして渥美清さん(享年68)との最後の共演…そんな赤裸々告白が高い関心を集めてきた。芸能関係者は語る。「これもルリ子さんならではのことでしょう。交流関係が広かったのはもちろんですが、ルリ子さんは相手の懐に入ったつきあいのできる人。たとえば大原麗子さん。彼女への弔辞でもわかりますが、ルリ子さんは30年間彼女と本当の姉妹のようにつきあっていました。 長門裕之さんや裕次郎さんとも本当の家族のようなつきあいだった。そんなルリ子さんの口から語られることは通り一遍の話ではなくいわば真実の芸能史。だからこそ、ここまで読者を惹きつけたんだと思います」 14才のデビュー以降浅丘が出演した映画は158本にのぼる。名だたる名優と時を過ごし、恋をして、友情の面倒は厭わず、先輩には妹のように後輩には姉のように慕われた。 浅丘と破局後の小林と結婚した美空ひばりさん(享年52)にも妹のように永くかわいがられた。ふたりの結婚後、浅丘にひょんな仕事が舞い込んだことがきっかけだったという。《私がリポーター役としてひばりさんと旭さんの新居を訪問し、お節介にも熱々な新婚生活をインタビューさせてもらうという特集記事だった》(『私の履歴書』7月11日) 派手なヒョウの毛皮で訪ねた浅丘をひばりさんはじっと見ていたという。《ひばりさんは、私と旭さんが恋人同士だったことをもちろん知っていた。だからこそ私に気を使っていたんだと思う》 その後、ひばりさんは浅丘のことを「のぶちゃん」と呼び、実家に泊まるまでの仲になった。 包み隠さず描かれた当時のエピソードだが、浅丘がこの『履歴書』に書かなかったある男性との恋があったという。芸能レポーターの石川敏夫氏がこう振り返る。「石坂さんとの結婚は詳細に描かれていてまるで当時を思い起こさせるようでしたが、“あの彼”のことは書かれていませんでした。実は当時、ルリ子さんにはテレビ局に勤める別の意中の男性がいたんです。周知の恋人でした。でもすれ違いが多く、ギクシャクしてしまっていた。その関係を清算しようという時、石坂さんから熱烈なアプローチを受け、ルリ子さんは結婚を決意したそうです」 まだまだ彼女の言葉は聞き足りない。※女性セブン2015年8月13日号
2015.08.03 16:00
女性セブン
大瀬良大地を獲得した広島・田村恵スカウトはどんな人物か?
大瀬良大地を獲得した広島・田村恵スカウトはどんな人物か?
 ドラフト会議でスカウトが注目を集めたのは、初めてかもしれない。プロ野球のドラフト会議が10月24日、東京都内のホテルで行われた。大学No.1の呼び声高い大瀬良大地投手(九州共立大)は、ヤクルト、広島、阪神の3球団が指名。ヤクルトと阪神は監督がクジに挑むなか、田村恵・九州担当スカウト(37)を送り出した広島が見事に交渉権を獲得した。 1990年代の広島ファンにとっては懐かしい名前だが、そうでない人にとってはあまり知名度の高くない、田村スカウトとはどんな人物なのだろうか。 1994年に樟南高校(旧・鹿児島商工高校)の捕手として夏の甲子園に出場。全5試合で742球を投げ抜いた福岡真一郎投手をリードし、準優勝。打っても、20打数8安打で5打点とチームを引っ張り、一躍甲子園のヒーローとなった。 その秋、広島がドラフト6位で指名し、契約金3000万円、年俸400万円で入団した。高校時代の盗塁阻止率が8割5分(60回中50回阻止)という強肩で、メガネをかけていたため、「古田2世」の呼び声もあったほどだ。 1995年版の『プロ野球選手写真名鑑』(日刊スポーツグラフ増刊)によれば、好きなタイプは当時ともに40代後半だった「大原麗子、篠ひろ子」と、およそ高卒ルーキーらしくない回答をしている。これは4年間変わらず、当時の田村は年上女性好きだったようだ。 だが、1999年版の選手名鑑になると、突如として「桜井幸子」と好みが変化。前年に桜井はNHK連続テレビ小説『天うらら』に出演しており、当時一軍と二軍を行ったり来たりしていた田村氏は、早起きを強いられるファーム生活時に、『天うらら』にハマったのかもしれない。 選手としては、1年目は二軍では57試合に出場。そのうち43試合にマスクを被り、高卒のルーキー捕手としては悪くないスタートを切った。 4年目に一軍初出場を果たし、28試合マスクを被り、4年間据え置きだった年俸が100万円アップの500万円に。5、6年目も控え捕手として一軍に帯同することもあったが、当時の広島は西山秀二、瀬戸輝信という捕手の2枚看板が存在し、その後は出場機会には恵まれなかった。 一軍通算で62試合に出場し、86打数12安打、8年目の2002年オフに26歳の若さでユニフォームを脱いだ。 引退後は、広島のスコアラーを経てスカウトに転身し、地元・鹿児島駐在の九州地区担当スカウトに。今村猛、安部友裕、中崎翔太、戸田隆矢らを担当した。そして今年、ドラフト会議で大瀬良の交渉権を獲得した。 クジ引き直後は、震えながら「頭が真っ白で……」と声を詰まらせた。高校時代に甲子園を沸かせたキャッチャーが、再び輝いた瞬間であった。
2013.10.28 07:00
NEWSポストセブン
一時心肺停止の中村うさぎ ギラン・バレー疑われるが原因不明
一時心肺停止の中村うさぎ ギラン・バレー疑われるが原因不明
 8月中旬に緊急入院し、9月15日に一時、心肺停止に陥っていた中村うさぎさん(55才)。現在は元気に話をする状態にまで回復したという。 うさぎさんが体調に異常を感じ始めたのは、7月下旬頃。7月23日、彼女はブログにこう綴っていた。<夏バテのダルさと体の重さに耐えかねたあたしは、深夜営業のアロママッサージに行ったの!(中略)体のあちこちが痛くてさー。原稿ひとつ書き上げたらベッドで2時間休む。みたいな状態よー> そして食欲がなくなり体重が減っていく。体重は41.8kg。<人生最低記録>(8月1日)、そう綴った。 やがて手足が痺れて歩くのも困難な状態になり、8月中旬に緊急入院。8月21日には『5時に夢中!』(MXテレビ)を欠席する。<手足が震えて立てなくなったのがピークだと思ってたら、まだまだ先があったわ。今度は顎と舌が震えてきて喋れなくなったの> 当初、原因として疑われたのは、ギラン・バレー症候群だった。筋肉を動かす運動神経の障害のために、急に手足に力が入らなくなる病気で、人口10万人あたり年間1~2人がかかるとされる非常に珍しい病気だ。かつて大原麗子さん(享年62)や安岡力也さん(享年64)もこの病気に苦しめられた。 大阪医科大学神経内科科長の木村文治医師が解説する。「ギラン・バレー症候群は国が定めた難病のひとつです。発症は20~30代と50~60代の2つのピークがありますが、50代、60代では重症化することも多い。 一般的には風邪のような症状を契機に、両足に力が入らなくなってきて、足先、太もも、手の力がどんどん弱ってきます。顔面の神経マヒが出たり、呂律が回らない、食べ物がのみ込めないという症状が出ることも。重症のタイプでは、呼吸器の筋肉が弱ってしまい、呼吸ができなくなって意識が低下、死に至るケースもあります」 うさぎさんのケースでは、ギラン・バレー症候群とは適合しない検査結果が判明し、原因はいまだに不明のまま。しかし、一時は死の淵に立ったうさぎさんはしっかと生還を果たした。 中高年女性が注意しなければならないのは、ギラン・バレー症候群だけではない。更年期症状とよく似ていて、実は別の重大な病気だったというケースもある。 成城松村クリニックの松村圭子院長の話。「ひとつには甲状腺の病気が挙げられます。汗が出たり、すごくイライラしたり、疲れやすくなったりして、“更年期だからかな”と思っていたら、甲状腺機能亢進症だったというケース。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることが原因で、ひどくなると、足や全身が震えたりして、日常生活に支障をきたします」 同じ甲状腺の病気でも、甲状腺機能低下症といって、甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気もある。亢進症とは逆に体のさまざまな機能が低下し、むくんだり、だるかったり、「しんどくて動けない」といった症状が表れる。やはり更年期症状によく似ているので、病気だと気づかれずに放置されてしまいやすい。※女性セブン2013年10月10日号
2013.09.29 07:00
女性セブン
今年も猛威振るう食中毒 カンピロバクター菌は少量でも発症
今年も猛威振るう食中毒 カンピロバクター菌は少量でも発症
 O―111(腸管出血性大腸菌)による“ユッケ事件”に端を発し、いまやユッケやレバ刺しといった生肉を食すことが難しくなった。ところが、食肉が原因とされる食中毒患者は後を絶たない。 今年の4月以降も、広島、兵庫、福岡、千葉、宮崎など全国各地の飲食店で、利用した複数の客が下痢や発熱症状を訴える事例が続発した。いずれも検出されたのは、「カンピロバクター」という菌だ。一体どんな菌なのか。東京顕微鏡院理事で獣医学博士の伊藤武氏が解説する。「鶏、牛、豚の腸管内をすみかとして、人に腸炎を起こさせる食中毒菌です。よく知られるサルモネラ菌など食中毒菌の多くが10万~100万個増殖してはじめて食中毒が発生するのに対し、カンピロバクターはたった数百個と少量でも食中毒を起こします。原因は食肉の加熱不足や、それを調理したまな板や手指を介しての二次汚染も疑われています」 そんな感染頻度の高さからか、カンピロバクター食中毒による患者数は一向に減る気配がない。 厚生労働省の統計によれば、毎年2000~3000人で推移。この数字だけ見てもノロウイルス患者の2倍以上になっているうえに、同省の研究班の中には軽症者も含めれば年間160万人以上の患者がいると推計するチームもあるというから驚きだ。 気になる症状は、下痢や発熱に加え、吐き気や頭痛など。通常は2~3日で快方に向かい、重篤事例は少ないというが、決して油断はできない。「抵抗力の弱い小児や高齢者に血便が見られたり、まれに数週間してから手足に軽いしびれやマヒが起きたりすることもあります。こうした症状は大原麗子さんが患っていたことで知られる『ギラン・バレー症候群』と呼ばれ、重症の場合は筋力低下など長く後遺症に悩まされる可能性だって否定できません」(前出・伊藤氏) 伊藤氏によれば、原因菌を体外に排出させているため市販の下痢止めを飲み続けるのは、かえって症状を悪くさせる場合もあるという。また、小さな町医者に駆け込んでも発熱の症状から、風邪の引き始めやインフルエンザと誤診されるケースが多いので、食中毒が疑わしいときは、専門医院での受診を勧めている。 では、カンピロバクターによる食中毒に感染しないためには、どのような予防法があるのだろうか。「まずは菌をつけない、増やさないが鉄則。家庭でも生肉は素手で取り扱わず、肉を切った包丁やまな板で他の食材を切ってはいけません。次に菌をやっつけるためには、十分な加熱がいちばん。カンピロバクターは中心温度75度で1分以上加熱すれば死滅します。焼き肉やハンバーグなどは中まで火を通したいところです。また、鶏肉のささみやレバーなどはさっと湯通しした程度では死滅しないので注意したいところです」(伊藤氏) これから気温や湿度が上がる5~7月がカンピロバクター菌増殖のピーク。少しでも食中毒の感染リスクを減らすためには、家庭だけでなく、外食メニューの調理方法や選び方にも目を配りたいところだ。
2013.05.16 07:00
NEWSポストセブン
孤独死で腐乱死体になりたくない人は新聞を取るべきとの指摘
孤独死で腐乱死体になりたくない人は新聞を取るべきとの指摘
 東京都の調査では、1世帯当たりの平均人数が1.99人となり、過去最少を更新(今年1月1日現在)。総人口に占める65才以上の人口の割合は20.76%で、こちらも過去最高を更新した。家族に囲まれて看取られることなく、ひとりで死ぬことは、いまや普通のことになりつつある。 人はなぜ、孤独死を恐れるのだろうか? 立教大学現代心理学部教授で精神科医の香山リカさんはこう分析する。「“孤独死するかも、と考えると不安で眠れない”とクリニックにいらっしゃる人もいます。特に日本人の場合、畳の上で死ぬとか、大往生を家族に看取られるという、ある種の理想の死に方が刷り込まれていますから、それ以外の死に方が人生そのものの失敗だと思いがちなんです」 特に女性の場合、自分の遺体が何日も発見されないことを心配する人も。「死に顔が美しいとか、眠っているような死に顔といわれるように、死んでからも美しくありたいという考えはあるでしょうね」(香山さん) ノンフィクション作家の松原惇子さんもこう話す。「ひとりで死ぬのは構わないけれど、腐乱死体になるのは避けたい、と本気で話す人はかなりいます。だったら、死後3日以内に発見される工夫をすればいいんです」 その工夫とはどのようなものなのか。「まずは、新聞をとること。ドアポストに3日も新聞がたまっていれば誰かがおかしいと思ってくれます。配食サービスを受けたり、サークルに参加したり、ヘルパーさんを頼むのも手。とにかく、定期的に自宅を訪れてくれる人を作ることです。人とのかかわりを絶やさないこと――これは楽しく生きることでもありますからね」(松原さん) 香山さんも孤独死を必要以上に恐れる必要はない、と話す。「死ぬ瞬間からさかのぼって人生を考えるのは間違っています。いまこそが人生なんだから、なるべくいまを楽しく生きるべき。以前診察したある女性は、“大原麗子さんがうらやましい”といっていました。“好きなように生きて、死ぬときでさえ自分で好きな時期に死んだわけでしょう。自由そのものじゃないですか”って。もしかすると孤独死こそ、何もしがみつかず、何もかも解放された、究極の“自由死”ではないでしょうか?」※女性セブン2012年5月3日号
2012.04.24 07:00
女性セブン
女性自立支援団体の共同墓 300体の納骨スペースが予約済み
女性自立支援団体の共同墓 300体の納骨スペースが予約済み
 元祖バイリンギャルとして知られた、タレントの山口美江さんが3月8日に自宅で亡くなっているのが発見された。51才、死因は心不全だった。2009年には女優の大原麗子さん(享年62)が、2008年にはタレントの飯島愛さん(享年36)が、それぞれひとり暮らしの自宅で死亡し、その後発見されている。 彼女たちに限らず、ひとりきりで亡くなって死後発見される“孤独死”の報道は昨今珍しくない。老人ホームに入居していても孤独死する事件があるほどだ。ノンフィクション作家の松原惇子さんはこう話す。「物事には何事にも、いい面と悪い面がある。家族がいることや孤独死だって同じ。私は“ひとりで死ねるなんてすごく幸せ!”って思っています。だから私は孤独死ではなく“おひとり死”って呼んでいます。ひとりなら楽に死ねたかもしれないのに、家族がいたばっかりに病院を連れ回されることもある。ひとりで死ぬことが必ずしも悪いとはまったく思えません」 松原さんは、結婚、離婚、転職、留学などを経て39才で『女が家を買うとき』(文春文庫)で作家デビュー。『クロワッサン症候群』(同前)はベストセラーとなり、流行語にもなった。松原さん自身、64才になる現在もおひとりさまだ。1998年に女性ひとりの老後を応援する『SSSネットワーク』を立ち上げ、呼びかけに集まった約10人のメンバーは、いまや約1000人の大所帯となった。 SSSとは、S(シングル)、S(スマイル)、S(シニアライフ)のこと。同会は女性の自立支援や地位保全を目指し、家族の有無にかかわらずひとりで生きる女性を応援する。会員になると、仲間作りのためのイベントや災害時のネットワークに参加できるほか、共同墓を契約すれば“墓友”を得ることもできる。 墓友とは、一緒に墓にはいる友達のこと。家族がなくひとり暮らしの人たちが、同じ境遇の人と出会い、新しい縁を結ぶ。Googleでこの言葉を検索すると、2360万件がヒットする。「最近の入会理由をみると、友達が欲しいって人ばっかり。みんな孤独なんですね」 辛辣でいて、どこか温かみのある口調で語る松原さん。「40代からこの活動を始めたんですが、老後は差し迫ってないし、みんな楽しくやっていました。でも、最近はシビアな人が多いんです。“不安”とか“心配”とか、暗い会になってきた。それがすごく嫌なんです(笑)。共同墓も、ひとり暮らしだと自分のお墓のことが心配だから、と軽いノリで作ることになってしまったんです」 2000年に完成した共同墓は花と緑に囲まれ、一見、お墓とは思えないようなしゃれた造り。300体が納骨できるように作ったが、既に予約でいっぱいだ。現在、二十数人がここに眠り、さらに100体分の納骨スペースを拡張中という。 設立当初は40代が中心だったメンバーもいまや60代。ネットワークにはいっていても、孤独死への不安を抱く人もいるという。そんなメンバーに対して、松原さんは歯に衣着せぬ言葉で応酬する。「死ぬときのことばかり意識しちゃってる人には、“死が趣味?”といってやりたい。家族がいてもいなくても、みんないつかひとりで死ぬんですよ。だから、それまでどう楽しく、いきいきと生きるかがいちばん大切。とにかく、人とのかかわりは欠かさないこと。人とかかわっていないと、心が冷たくなってしまいますよ」※女性セブン2012年5月3日号
2012.04.20 07:01
女性セブン
大原麗子、安岡力也も罹ったギラン・バレー症候群とは何か
大原麗子、安岡力也も罹ったギラン・バレー症候群とは何か
 風邪や、細菌性下痢が治った数日後に急に手足がしびれたり、力が入らなくなるのがギラン・バレー症候群だ。免疫システムの異常によって抗体やリンパ球が神経を攻撃するもので、急激に悪化して寝たきりになることもある。1か月程度で進行は治まるが、ときには呼吸不全などを起こすこともある。早い時期から血漿交換や、免疫グロブリン大量療法を実施する。 ギラン・バレー症候群は、手足を中心に身体が運動麻痺を起こす、急性の末梢神経の病気だ。カンピロバクター、マイコプラズマなどの細菌や、ウイルスによる呼吸器や消化器感染が起こった1週間から10日後程度で発症することが多い。 急に手足がしびれたり力が入らなくなり、日に日に症状が悪化して歩けなくなって寝たきりになったり、呼吸不全や自律神経の障害による不整脈を起こすこともある。地域、年齢を問わず、誰でも発症する可能性があるが、男性が女性よりもやや多い。近畿大学医学部附属病院神経内科の楠進教授に聞いた。「近年の研究で、急性期患者の血中の約60%に、神経系の細胞膜の構成成分であるガングリオシド(糖脂質)に対する抗体が検出されることがわかっています。細菌がガングリオシドに似た構造を持つために、細菌を攻撃する抗体が、間違って神経細胞を攻撃すると考えられています」 従来は末梢神経の周囲を覆う髄鞘(ミエリン)が障害される脱髄性多発神経炎と考えられてきたが、神経の軸索自体が障害される例もあることがわかってきた。全体的に前者の症例が多いが、欧米に比べると日本を含むアジア圏では後者の比率が多い。※週刊ポスト2011年4月8日号
2011.03.30 07:00
週刊ポスト

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン