• TOP
  • 芸能
  • フジテレビ 起死回生のカギは男子アナウンサーズにあり?

芸能

2018.06.27 07:00  NEWSポストセブン

フジテレビ 起死回生のカギは男子アナウンサーズにあり?

フジテレビは男子アナがカギ?(公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、フジテレビの男子アナに注目。

 * * *
 久しぶりにフジテレビらしい、お腹の底から笑える番組を見た気がする。6月23日オンエアの『さんまのお笑い向上委員会』だ。

 レギュラーであるネプチューンの“ホリケン”こと堀内健の発案で3週にわたってオンエアされることとなったのは、同局の山崎夕貴アナと、同番組の“モニター横芸人”でもおなじみだった、おばたのお兄さんの結婚式企画。

 山崎アナといえば、直近の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)において、フリーを除いてフジテレビトップの「第9位」。一方、おばたのお兄さんは、『日経エンタテインメント!』調べの「この一年で消えると思う芸能人」の「第9位」という“奇跡”が既に起きている。

 女子アナといえば、メジャーリーガーやヒット曲を出しまくる人気ミュージシャン、冠番組を複数もつような人気お笑い芸人と結婚するのが当たり前と指摘する同番組。なのに、「史上初の格差婚」となった山崎&おばたが「大丈夫?」ということに加え、交際発覚直後に浮気が発覚したおばたを本当に信じていいのか?というのが第一週の内容だった。

 上手(かみて)には件のホリケンや今田耕司、中川家ら、レギュラー陣がタキシードなどの正装で並び、下手(しもて)のゲスト席には、山崎アナの先輩や後輩のアナウンサーが勢揃いした。

 まず女子アナは、松村未央、永島優美、久慈暁子、新美有加アナ。男子アナは三宅正治、笠井信輔、伊藤利尋、立木信吾、倉田大誠、佐野瑞樹、木下康太郎、渡辺和洋アナ(順不同)と、華やかな面々が揃った。現在、“報道”を担当している倉田アナや松村アナをこの場に呼んでしまうのがフジテレビたる所以である(苦笑)。

 さらに、明石家さんまが残念そうな顔をしながら放った「生田アナ、休みやねん」の一言に、イヤイヤイヤ…というように顔の前で手のひらを横に振り、「生田を出すのは無理」という顔をする伊藤アナら。それでも「君らより、生田くんに会いたかったんや」と続けるさんまに、フジテレビ男子アナウンサーズはまた同じリアクションをとるのである。

 収録は、生田アナよりもさらに“離婚ホヤホヤ”の谷岡慎一アナのニュースには間に合わなかったと思われる。

 が、その谷岡アナも同局の夏のイベントの記者発表会見で、「カメラが怖い」と自虐コメントをして、キッチリ笑いをとったことがネットニュースになっていた。プライベートでタイヘンなことが続いてしまっているが、フジテレビ男子アナ、なんだか逞しい。

 また、同番組アシスタントの久代萌美アナが先輩勢に成長をアピールするという場面でも、明石家さんまに促され、全く顔色を変えず「淫郎新婦の入場です」アナウンスしたときも、男子アナの大半は立ち上がり、ひな壇からズッコケる…という芸人並みのリアクションをした。フジテレビのアナウンサーは、これでなくちゃ…と思ったのは私だけだろうか。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス