袴田吉彦一覧

【袴田吉彦】に関するニュースを集めたページです。

袴田吉彦と手をつなぐ女性
袴田吉彦の再婚相手はテキーラ大好き金髪美女 お互い酒好きで意気投合
 俳優の袴田吉彦(48)が、10月7日放送の『ダウンタウンDXDX 秋の2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演した際に、30代美容サロン経営者の女性と再婚したことを発表。同番組ではスマホの待ち受け画面が女性とのツーショットであることを共演者から暴露され、「これは本命ですよ。彼女です」と認め、さらに「テレビで初めて言うんですけど、先日入籍させていただいて」と告白した。9月に入籍したという。 袴田といえば、2017年1月にグラビアアイドルとの不倫が明るみに出た際、女性との逢瀬に「アパホテル」をたびたび使い、メンバーズカードにポイントまで貯めていたことが“アパ不倫”と報じられた。報道を受けて3か月の活動自粛となり、同年9月には妻でタレントの河中あい(36)とも離婚した。  同番組では、視聴者に向けて「もう二度とああいう事(不倫)はないので(笑)。是非応援していただけたらと思います」と訴えかけていた。  実はこの再婚相手は、本誌・週刊ポストが今年6月に袴田と同棲していることを報じた女性だった。 今年5月下旬、袴田と女性は、都内の大型スーパーで酎ハイやおつまみを大量に買い込み、仲良く同じマンションに入っていった。当時、袴田の知人はこう明かしている。「袴田さんは、前妻の河中さんやお子さんと暮らしていた部屋にそのまま彼女と同棲しています。周囲にも交際を公言しており、買い物に限らず2人でよく外出しています。 彼女とは、知人の紹介で出会い、交際に発展したようです。金髪のロングヘアとスタイルの良さが目立つ派手な女性で、袴田さんはお酒が大好きなのですが、彼女も『テキーラやシャンパンが大好き』という酒豪。そこから意気投合したようです。家事分担については、彼女のほうが『全部1人でやっちゃうタイプ』らしく、支えてもらっているようですよ」“アパ不倫”から早4年。やっと掴んだ幸せを大切にしてほしい。
2021.10.08 16:00
NEWSポストセブン
【動画】アパ不倫の袴田吉彦、新恋人と同棲 デート現場をキャッチ
【動画】アパ不倫の袴田吉彦、新恋人と同棲 デート現場をキャッチ
 2017年にアパホテル不倫が報じられた袴田吉彦さん。 新恋人とのデート姿をキャッチしました。 都内の大型スーパーで酎ハイやおつまみを大量に買い込んだ2人。 新恋人は、金髪のロングヘアでスタイルの良さが目立っていました。 2人はすでに同棲しているそうで、袴田さんの知人は「前妻の河中あいさんやお子さんと暮らしていた部屋にそのまま住んでいます。周囲にも交際を公言しており買い物に限らず2人でよく外出しています。今では結婚を視野に入れているとも聞いています」 と明かしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.06.09 07:00
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 五輪会議「仰天議事録」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 五輪会議「仰天議事録」公開ほか
 6月7日発売の「週刊ポスト」は、グラビアオールカラー&大増ページの合併・特大号。スクープ満載、必見の美女グラビア満載です。 グラビアでは1980年代アイドルがカラーで復刻、さらに迫りくる大地震と「富士山噴火」を最新データでカラー図解する。もちろんセクシーグラビアも超充実。特集では、オリンピックを強行しようとする組織委とスポンサーの非公開会議の議事録を公開。まさかの発言が飛び交っていた。今週の見どころ読みどころ◆<カラーグラビア>『Momoco』を飾った80年代アイドル写真館1980年代はアイドル全盛の時代だった。ファンたちに愛された雑誌『Momoco』の巻頭グラビアを飾った当時の貴重な写真をカラーで復刻した。その瞳に吸い込まれるような美しさの後藤久美子をはじめ、森尾由美、斉藤由貴、姫乃樹リカ、生稲晃子、本田理沙、松本典子、渡辺満里奈、伊藤麻衣子らがよみがえる。まだ10代の本田美奈子の初々しい水着姿も必見!◆<カラー大図解>富士山大噴火と南海トラフ大地震最新の観測データと専門家の分析で、迫りくる大地震と富士山噴火をシミュレーションする。富士山は、東日本大震災によって「マグマ溜まり」の天井が割れており、噴火スタンバイの状態に入っているという。そして、歴史的に富士山噴火と南海トラフ地震は連動してきた。富士山の溶岩流と火山灰がどのように拡散するかの分析では、信じたくない結果が示された。溶岩は新幹線を呑み込んで神奈川県まで達し、東京都心はもちろん、房総半島、茨城県まで火山灰に覆われる。◆<スクープ>五輪スポンサー&組織委「マル秘議事録」を公開する専門家の忠告も国民世論も無視して開催に突き進んでいる東京オリンピック。そのエンジンになっているのは、IOC、日本政府、組織委員会、そして五輪スポンサーたちだ。そのスポンサー各社と組織委の非公開会議の議事録を公開する。「なぜ今、無観客と言い始めるのか。驚愕している。釈然としない」「中止すべきだという世論を逆転させる必要がある」など、国民には聞かれない前提だからこその“本音”が飛び交っていた。◆「菅さまのNHK」が「五輪中止論」をまったく報じなくなっている5大全国紙を含む大手紙が揃いも揃って五輪スポンサーになっていることで、新聞もテレビも本気で中止論を打ち出そうとしない。ここまでは政府と組織委の“作戦勝ち”だ。国内大手メディアでスポンサーになっていないのはNHKくらいなのだが、最近のNHKは政権べったりの姿勢が批判の的になっているように、「みなさまのNHK」からはほど遠い。そのNHKの報道に異変が起きていることに視聴者は気付いているだろうか。緊急事態宣言の延長が決まったその日、民放各局は菅首相会見でのオリンピック開催の是非に関する質疑応答を詳しく報じたが、なぜかNHKニュースでは、そのやりとりが「一切なかった」ことにされていたのである。◆<検証リポート>ワクチン接種の4日後に25歳男性は「飛び降り死」したワクチンの副反応については、一部の例を恐れすぎることなく正しい知識とデータに目を向けるべきだが、この記事で紹介するケースは専門家も結論を出せずにいる。医療関係者として先行接種を受けた25歳の男性は、その4日後に突然、精神に異常をきたし、「何、やべえ、最悪、最高です。楽しい」などと意味のわからない言葉を発し始めた。その後、精神科に向かう途中で自ら命を絶った。ほかにも接種後の自殺は世界中で報告されているが、ワクチンとの因果関係はいまだはっきりしない。記事のなかで専門家は、インフルエンザにおける「せん妄」や異常行動との類似性を指摘した。◆コロナ収束後に上がる株25ワクチン接種の進むアメリカでは、経済の急回復を見込んで株価が急騰している。日本市場もいずれその流れが起きる。すでに相場のプロたちは株を仕込み始めている。機関投資家が大きく買い増した17銘柄と、有名個人投資家が買っている8銘柄を公開する。ニュー・ノーマルで業績を伸ばす企業あり、今はコロナで「どん底」にある企業あり。◆昭和のカリスマからの「金言」昭和の偉人を振り返るシリーズは「師弟関係」に注目。師から弟子に伝えられた金言を紹介する。川上哲治から森祇晶へ、古賀政男から小林幸子へ、中曽根康弘から島村宜伸へ、大鵬から大嶽親方へ、林家三平から林家ぺーへ。「とにかく頭の中を空っぽにしろ。それが教わるということだ」「悔しいだろう。辞めないで頑張れ」「しゃがんだ後、人は立ち上がるんだよ」は、さて誰の言葉でしょう?◆「免疫力アップ」を信じてはいけないコロナへの不安を背景に、世には「免疫力に効く」と称する食品や商品があふれている。しかし、騙されてはいけない。免疫に効果があると認められている商品は、今のところたった一つしかない。それ以外の商品は疑ってかかるべきなのだ。消費者庁はすでに167商品に警告を発している。宣伝文句に惑わされないため、免疫とは何か、どうすれば免疫力が高まるのか、やってはいけないことは何か、専門家がわかりやすく解説する。◆泉ピン子が語る橋田壽賀子さんの最期「私が『管を抜いてください』と言いました」今年4月に亡くなった脚本家・橋田壽賀子さんには家族がなかった。その橋田さんを「ママ」と慕って寄り添っていたのが女優・泉ピン子さんだ。橋田さんは生前、「安楽死で死にたい」と公言して注目された。その最期に立ち会って泉さんは難しい決断を迫られた。延命治療を止める決断に、後悔はなかったか――。ほかに呉智英、高田明、釜本邦茂らが「安楽死と尊厳死」に意見を述べた。◆アパ不倫・袴田吉彦が金髪新恋人と同棲ライフアパホテルで不倫を繰り返したことで離婚し、その後、「不倫芸」で復活した俳優の袴田吉彦が、かつて妻と暮した都内のマンションで新恋人と同棲していた。そのラブラブぶりを撮った本誌取材班に対し、所属事務所も交際を認めた。◆こんな死に方では家族がバラバラ巻頭特集は「家族・親族を困らせない人生の幕引き」を徹底検証する。自宅、預金、保険などの遺産をどうするか、遺された妻と自分の親族の関係はどうなるか。編集部に寄せられた多くの実例、エピソードをもとに、「なんて死に方してくれたの!」と遺族が恨み節を吐かずに済む方法を紹介する。※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!
2021.06.07 07:00
NEWSポストセブン
袴田吉彦と手をつなぐ女性
アパ不倫の袴田吉彦 前妻と住んだ家で金髪新恋人と幸せ同棲ライフ
 都内の大型スーパーで、酎ハイやおつまみを大量に買い込むカップルの姿があった。男性はラフな格好でも身長180センチのすらっとした体型が自然と目を惹く。俳優の袴田吉彦(47)である。隣にいる金髪のロングヘアとスタイルの良さが目立つ女性が、現在の交際相手のようだ。「30代半ばにして美容サロンを経営している彼女とは、知人の紹介で出会い、交際に発展したようです。袴田さんはお酒が大好きなのですが、彼女も『テキーラやシャンパンが大好き』という酒豪で、そこから意気投合したようです」(袴田の知人) 袴田といえば、2017年1月にグラビアアイドルとの不倫が明るみに出た際、女性との逢瀬に「アパホテル」をたびたび使い、メンバーズカードにポイントまで貯めていたことが“アパ不倫”と報じられた。 報道を受けて3か月の活動自粛となり、同年9月には妻でタレントの河中あい(36)とも離婚することになった。 反省の日々を送った袴田だが、その後はバラエティ番組で不倫をネタにした“開き直りキャラ”で人気が復活。俳優としても出演作が相次ぐ今、“プライベートの自粛生活”にもピリオドを打ったようだ。 2人はすでに都内のマンションで同棲しているという。「袴田さんが前妻の河中さんやお子さんと暮らしていた部屋にそのまま住んでいます。周囲にも交際を公言しており、買い物に限らず2人でよく外出しています。今では結婚を視野に入れているとも聞いています」(前出・袴田の知人) 袴田の所属事務所に聞くと、「おかげさまで良い関係でお付き合いしているとこちらも伺っています」とのこと。 2人で末長くスーパーのポイントカードを貯めていってほしい。※週刊ポスト2021年6月18・25日号
2021.06.04 16:00
週刊ポスト
『あな番』、盛り上がる黒幕予想 結末へ制作側への期待とは
『あな番』、盛り上がる黒幕予想 結末へ制作側への期待とは
 毎週、驚くべき展開によってSNS上などで盛り上がりを見せる連続ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)。終盤に突入し、「結末へのハードルは上がっている」と指摘するのがコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんだ。そんななかで、制作サイドに求められていることとは? 木村さんが解説する。 * * * 7月スタートの夏ドラマが佳境に入っている中、現在最も注目を集めているのは、4月から2クール連続放送している『あなたの番です』。放送前後にSNSへの書き込みが殺到しているほか、黒幕予想ページや「あなたの番です考察」ハッシュタグが飛び交い、ユーチューバーが考察トークライブを企画するなど、どの新作ドラマよりも盛り上がりを見せています。 あらためて4月のスタート時を振り返ると、「2クール連続放送」「30人超の俳優が出演」「毎週誰かが死ぬミステリー」という大がかりな仕掛けに、「無謀すぎる」「絶対に失敗する」という声があがっていました。 実際、序盤は視聴率6%台に低迷し、酷評も少なくありませんでしたが、中盤に入ると視聴率は10%前後を記録し、ネット上には熱狂的な声が続出。スタート時の大がかりな仕掛けに加えて、ダブル主人公の1人だった手塚菜奈(原田知世)が殺され、新たなイケメンバディ・二階堂忍(横浜流星)を投入するなどの思い切った策を次々に投入したことが功を奏しました。 終盤に突入した今、「どんな終わり方をするのか」という視聴者の期待感はピークに達しています。これ以上ないほどの大風呂敷を広げた結果、結末へのハードルは上がる一方。だからこそ制作サイドには、何が求められ、何をしてしまうと批判を受けるのでしょうか。◆ミステリーで「これだけはダメ」な5つの結末 まず何が求められているのか? ミステリーを手がける上で、「制作サイドに課せられる最低限のマナー」と言われているのは、最終回の放送終了後に、すべての謎が解けていること。 ここまで制作サイドは、30人超の主要キャラを用意し、全員に謎や問題行動などの怪しいところを入れました。つまり、黒幕はもちろん、それ以外の各キャラについても、謎や問題行動の理由を明らかにすることが求められています。 ただ、制作サイドにしてみれば、各キャラの謎や問題行動を早めに明かすと、黒幕ではないことがわかってしまい、黒幕候補が減ってしまうのがつらいところ。「ギリギリまで多くのキャラに怪しさをまとわせて視聴者に推理する楽しみを与えつつ、最終回が終わるまでに、謎や問題行動の理由を明かさなければいけない」という難しさを抱えているのです。 さらに制作サイドにしてみれば、「視聴者の考察合戦が想像以上に盛り上がった」という、うれしい誤算が発生しました。考察の中には、制作サイドが「驚かされる」と語っているように、用意していた脚本・演出にない説もあり、もはや「すべての説を回収しきれない」という状態になっているようです。それでもここまで考察合戦が盛り上がっている以上、「できるだけ視聴者の説を解明してモヤモヤを残さない」という努力が求められているのは間違いありません。 一方、何をすると批判を受けるのか? 現時点で最も危惧されているのは、ミステリードラマフリークの中で「これだけはダメ」とタブー視されている、「二重人格だった」「双子だった」「夢や妄想だった」「終盤まで未登場の人物が犯人だった」「続きは続編で」の5つ。 特に2年前に放送され、同じ秋元康さんが企画・原案として関わった『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)の「主人公が二重人格だった」という結末は、いまだに議論の対象となっているだけに、これだけは避けなければいけないでしょうし、幸いにも鈴間広枝プロデューサーはこの説を否定しています。 また、視聴者の考察合戦が盛り上がっているからこそ、「序盤、中盤の段階で最も浮上した“〇〇犯人説”が正解ではないほうがいい」のもセオリーのひとつ。ちなみに現在最も多く見られるのが、“黒島沙和(西野七瀬)犯人説”ですが、制作サイドにはこのような「多くの人々が序盤、中盤で分かってしまうような結末を避ける」ことが求められているのです。 その他で目立つのは、「“反撃編”のメインビジュアルに犯人がいる」という説。メインビジュアルには、手塚翔太、手塚菜奈、二階堂忍、黒島沙和、田宮淳一郎(生瀬勝久)、榎本早苗(木村多江)の6人が映されていますが、ここまで大風呂敷を広げてハードルを上げた以上、「この中に黒幕はいた」という単純な結末を上回ることが期待されています。◆長編ミステリーの今後を占う責任は重大 そもそも『あなたの番です』は、「連続殺人を起こしながら、数多くの怪しい人を終盤まで残しておかなければいけない」というジレンマを抱えた作品であり、それでいて「2クールに渡って視聴者を楽しませなければいけない」のですから、難易度は他ドラマの数倍高いと言っていいでしょう。 その点、当作は「毎週ラスト数分間で衝撃を与えて、次週への期待感を高める」という連ドラならではの魅力に加え、袴田吉彦さんを本人役で登場させて不倫ネタでイジる、清純派アイドルだった西野七瀬さんに「二階堂さんがしたいこと、されたいです」というセリフを言わせるなどのサービス精神が旺盛。 さらに、手塚翔太(田中圭)が歌う挿入歌『会いたいよ』に合わせて「殺された大切な人のことを思う」切ないシーンでホロリとさせるなど、緩急織り交ぜた構成で視聴者を飽きさせることなく終盤に持ち込むなど、スタッフの仕事ぶりが光っています。 本来、『あなたの番です』のような長編ミステリーは連ドラの華でした。しかし、2010年代に入ると、視聴率の取りやすい一話完結のミステリーばかりになって、視聴者の得られるカタルシスはスケールダウン。長編ミステリーのようなスケールの大きな物語は年2~3本程度まで激減していました。 それだけに「長編ミステリーの今後を左右する」という意味でも、『あなたの番です』にかかる期待は大きく、多くの視聴者を納得させる結末が待望されているのです。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2019.08.18 07:00
NEWSポストセブン
記者会見で不倫を素直に認める原田龍二
“愛車不倫”の原田龍二がケチったのは「誠意のコスト」
 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、複数のファンとの“マイカー不倫”が明らかになった俳優の原田龍二さんを分析。 * * *「原田アウト!」とよくできた妻に言われたというが、今回の車中不倫は完全にアウト。おそらく多くの女性ファンを失っただろう。 複数の女性ファンと愛車(4WD)の後部座席で不貞行為に及んでいたことを報じられ、謝罪会見を行った原田龍二さん。素直に全てを認め潔く謝罪し、「反省している」と視線を落として唇を噛みしめた。周りを囲んだレポーターから「男女関係にあったのは、今回の2人だけか」と聞かれると、口元を動かすがしばし沈黙。「今回の2人です」と小さな声で答えた。会見では、SNSでやり取りしているファンが他にもいることにも言及しただけに、その沈黙をどう受け取っていいのか微妙な感じがしてしまう。 不倫相手との密会に使っていた車について、「今後どうするのか」と聞かれると、「車ですか」とレポーターを見てから視線を落し、また沈黙。わずかな間ではあるが、即答しなかったところをみると、本人にとっては愛着のある車なのだろう。それでも、「早く買い替えなければいけないと思っています」と神妙な表情だ。 密会に車を使った理由を「コストか?」と問われると、「コストというよりも」と言葉を濁して考え込み、「申し訳ありません」と頭を下げた。「おこづかい制か」という問いには「お金は必要な時にもらっていた」と答え、密会していた女性たちと食事をしたことはないと言う。「プレゼントは」と聞かれると、首を小さく横に振って「申し訳ありません」と謝罪した。ホテルも使わず、関係を持つのは公園に停めた車内での10分ほど、食事もプレゼントもなしだ。 この事実に男性側からは、「愛人関係や長年の不倫ではなく単なる浮気だし、謝罪したからいいだろう」という意見が聞かれたが、テレビやネットを通して女性側から聞こえてきたのは、「女性の扱いが雑!」という意見だ。では、この違いは何なのか。男性は、男女関係におけるコストを単に金銭的、時間的なコストとして見ている一方で、女性はそれを、「誠意のコスト」として見ている違いだろう。 例えば、ある心理学の実験では、謝罪の場面において金銭的、時間的コストをかけた謝罪の方が、コストをかけない謝罪よりも誠意を感じる傾向が高くなるという結果がある。恋愛の場面においてもそれと同じで、金銭的、時間的コストだけでなく、手間や気遣い、気配りといった精神的コストをどれだけ費やすかが、そのまま恋愛における真剣度合いや想いの強さ、誠実さや誠意とみなされやすい。これが「誠意のコスト」というわけだ。 洗いざらい白状したし、妻や家族が許せばいいのではと思うところもあるが、どうやら話はそう簡単に終わらない。なにせ今回の場合は、酔っぱらった挙句の情事でも、1回限りの過ちでもない。ファンの女性相手に車中不倫を繰り返していたことから、彼がケチったのは、ホテル代や食事代、自分の時間だけでなく、自分を慕い、ファンでいてくれる女性たちへの誠意までもケチったとみなされているのだ。 ここが会見でも問われ、原田さん自身が「5時に夢中!」(TOKYO MX)でいじったこともある“アパ不倫”が発覚した俳優の袴田吉彦さんとは違うところ。アパホテルを密会に利用し、ポイントを貯めていた袴田さんは、「ケチくさい」とか「セコイ」と非難されたが、「誠意をケチった」とは思われなかった。だから袴田さんは今、いじられながらの自虐ネタも、単に「ケチな話」として笑い飛ばせてしまうのだ。「(袴田さんには)合わせる顔がないです」と苦い表情を浮かべ、「いじってもらったほうがいい」と話し、世話になっているという「ダウンタウンさんにもいじっていただくしかない」と苦笑いを浮かべて、レポーターたちの笑いを誘った原田さん。いじられて笑われることを禊にしたかったのなら、謝罪会見でこれは言わないほうがよかったのにと思うところだ。 彼のことを「バカな男」と見るか「雑な男」と見るかで会見の印象は違ってくるが、世の男性にとって、誠意のコストをケチると後が怖いという見本にはなるだろう。
2019.06.05 07:00
NEWSポストセブン
10年ぶりグラビアの河中あい「水着は恥ずかしい」の意味
10年ぶりグラビアの河中あい「水着は恥ずかしい」の意味
 2000年代に活躍した元グラドルの河中あいが10年ぶりに復活した。2001年にグラビアデビューして活躍した河中は、2010年8月に俳優・袴田吉彦と結婚し、翌2011年に女児を出産。2017年9月に離婚し、今後はグラビアやテレビを中心に活動していく予定だ。撮影を終えた河中は、こう語った。 * * * 10年ぶりのグラビア撮影に挑戦しました。いかがでしたか? 私が25歳で結婚・妊娠したのは、ちょうどAKB48などグループアイドルの方々がグラビアを席巻し始めた頃だったので、「いい時期にやめたな」と正直思っていました(笑い)。その後は娘の子育てに専念しましたが、1年半前に離婚したのを機にもう一度カメラの前に立ちたい気持ちになったんです。 撮影中は上手くやれているか不安でしたが、写真を見て安心しました。ただ、慣れないポーズで次の日は筋肉痛です(笑い)。かつては水着の撮影ばかりでしたが、年をとったからか、下着のほうがしっくりきますね。逆に水着だと恥ずかしいかも。下着専門グラドルになろうかな(笑い)。 同世代の山崎真実ちゃんや川村ゆきえちゃんはずっと現役で頑張っているので、私は「ママさんグラドル復帰組」の星として頑張っていきたいです。【プロフィール】かわなか・あい/1985年3月3日生まれ、岡山県出身。本誌で掲載できなかった大人のオンナの色香漂う下着写真満載のデジタル写真集『河中あい ただいま。』はネット書店で好評配信中。河中あいが10年ぶりのグラビア復帰と世間に注目された別離の真実を語るスペシャルインタビューはhttps://www.news-postseven.com/archives/20190408_1345227.htmlにて公開中。撮影■中山雅文※週刊ポスト2019年4月19日号
2019.04.11 16:00
週刊ポスト
元夫・袴田義彦との「アパ離婚」について赤裸々に語った河中あい
元グラドル・河中あいが語る「アパ離婚」と「シンママ生活」
 最近再び世を騒がせた「アパ不倫」の元祖である俳優・袴田吉彦(45)の不倫が報じられたのは2017年1月。その8か月後、元グラビアアイドルで妻の河中あい(34)は自身のブログで離婚を発表した。幼い娘を抱えた彼女は、夫の不倫騒動の風圧にどのように耐えたのか。そしてシングルマザーとしてどのように子育てに向きあっているのか。離婚から1年半を経て、メディアのインタビューに初めて語った。 * * *「去年、離婚して初めて迎えた母の日に、娘から小学校で作った小物入れをもらったのですが、父の日にもまたプレゼントをもらったんです。私が好きなタピオカミルクティーの絵を描いたカードに、『いつもおいしいごはんをありがとう』と書いてあって。思わず涙があふれてしまいました。女の子だからか、よく『一緒に料理したい』と言ってくれて、コロッケのタネをこねたりして手伝ってくれます」 2004年デビューの河中あいは、山崎真実や川村ゆきえ、佐野夏芽、夏目理緒、小阪由佳など同世代のグラビアアイドルとともに2000年代中盤~後半の雑誌グラビアを彩った一人として知られる。さらなる活躍が期待されていた2010年8月、25歳の時に俳優の袴田吉彦との結婚を発表。翌年2月に女児を出産した。その後は専業主婦として育児・家事に追われ、グラドルとしての活動は休止状態となった。「ちょうどAKB48などグループアイドルの方々がグラビアを席巻し始めた頃で、同期のグラドルたちは『仕事がない』といつもぼやいていました(笑)。正直、『いい時期にやめたな』と思いましたよ。いつしか雑誌のグラビアを見ることもなくなりました」 一人娘がすこやかに成長し、幼稚園の卒園を控えた2017年1月、週刊誌が夫の不倫スキャンダルを報じた。当時30歳のグラビアアイドルが袴田と約10回ホテルで逢瀬を重ね、そのうち7回はアパホテルだったと告白。袴田がメンバーズカードでポイントを貯めるヘビーユーザーだったことも暴露し、「アパホテル不倫」としてワイドショーも大きく取り上げた。夫婦はすでに別居中ではあったが、関係修復に向かって歩み始めた最中だった。「週刊誌が発売になる3日前に彼から電話がかかってきました。娘が熱を出して幼稚園を休んだ日の夜だったんです。自転車で病院に連れて行ったりして、やっと家に帰って娘を寝かしつけた直後でした。『謝らなきゃいけないことがある』ってLINEが入ったので、事故を起こしたのかなと思って急いでかけ直したら……。最初に聞いた時は疲れていたからか実感がなかったんですが、発売日の朝テレビをつけたらもう情報番組でやっていて、『大変なことになったかも』と事の重大さに気がつきました」 夫の記事を読んだ時は「手が震えて吐き気がした」と河中は語る。しかし、夫への怒り、不倫相手への憤りをどんなに抱えても、母として、娘を中心とした日常生活を守っていかなければならない。「つらかったのは幼稚園の送り迎えでした。自分が悪いことをしたわけではないのに何か言われたらどうしようと心配で、できるだけ知り合いに会わないように先生に事情を説明して登園やお迎えの時間をずらしました。本当に仲のいいママ友はそっとしておいてくれるのですが、それほど親しくない人に限って話しかけてきたりと、好奇の目にさらされました」 離婚に向けて話し合いを始めた河中は、娘が小学校に入学した同年4月から自立に向けてパートタイムで会社勤めを始めた。「私の実家は岡山で、頼れるのは近くに住む妹くらい。娘が風をひいて熱を出したら会社を休まなければならないし、私が倒れたらどうなるんだろうと何度も不安になりました。一時は心労でガリガリに痩せて体重が40キロ近くまで落ちてしまったんです。最近は娘の成長にも助けられて、少しずつ気持ちに余裕が出てきました。でも『お金がないから』という理由で娘の将来の可能性を狭めたくはないので、成人するまでは私が精一杯頑張ります」 昨年から始めたピラティスで次第に健康なカラダを取り戻した彼女は、本格的な芸能活動再開の第一弾として、週刊ポスト(2019年4月19日号)で10年ぶりのグラビアに挑戦した。「久しぶりの撮影でアドレナリンが出すぎたのか、家に帰っても興奮して朝の3時まで寝つけなかったんです(笑)。今後もグラビアのお仕事はやっていきたい。30代らしい肉づきになっていますし、経験値は無駄に高いので(笑)、いい方向で写真に表われているといいですね」 彼女にとって「夫の不倫」という衝撃は忘れられる記憶ではないが、過去への拘泥は未来への足枷でしかない。元夫に対するネガティブな感情はとっくに捨て去ったようだ。「袴田さんが『娘の父親』であることは変わりません。娘が自慢できるお父さんでいてほしいので、仕事は頑張ってほしいです。いい人がいたら再婚してほしいし、私もチャンスがあればもう一度結婚したいです。でも芸能界の人は懲りたので、一般の方がいいかな(笑)」 新米“ママさんグラドル”に春は訪れるのか──。◆撮影/内海裕之 
2019.04.08 07:00
NEWSポストセブン
石原さとみ「高嶺の花」で見せた浴衣オフショット2選
石原さとみ「高嶺の花」で見せた浴衣オフショット2選
7月21日に水曜ドラマ「高嶺の花」公式インスタグラムに主演を務めた女優の石原さとみさんが登場。共演した女優の笛木優子さん、俳優の袴田吉彦さんらとのオフショットが公開されています。https://www.instagram.com/p/Blfgc7slqwJ/?taken-by=takanehana_ntv浴衣姿が愛らしい石原さんに、ファンからは「可愛すぎる〜!」「最高に綺麗」「清楚で笑顔が溢れる浴衣姿、天使♡」と絶賛する声が寄せられています。別ショットも公式ツイッターにて公開されています。https://twitter.com/takanehana_ntv/status/1020633772356644864
2018.11.12 07:28
SNSのニュースメディア Insty
過去に不倫が報じられた袴田吉彦もこの顔相を持ち合わせている
アパ不倫でブレイクの袴田吉彦 役者としても新境地?
“アパ不倫”をきっかけにバラエティー番組に引っ張りだこの袴田吉彦(44)。最近、本業の役者としてもいい味を出している。俳優・袴田吉彦の新たな魅力について、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * いやいや、まさかこういう形の「ブレイク」があるとは思ってもいなかった袴田吉彦。2017年、浮気相手に密会現場のホテルのポイントを貯めていたなどと週刊誌に詳細を語られるという大変な事態。しかし、そこからがすごかった。 大みそか恒例の『笑ってはいけない』に突如出演。原田龍二とともに例の「変態仮面」に扮し、自ら「浮気相手に売られてしまった最強のだらしなさ」「不倫仮面!!」などと叫んだのだった。その後も『ダウンタウンDX』に出て「(ポイントは)貯めといたほうがいいかなと思って」と本音を言えば、松本人志に「番組的にポイントを稼いだ」と返される。『サンデー・ジャポン』でも爆笑問題太田に「おいしいところを全部持ってった」と言われる。不倫騒動で消えるどころか、存在感がめきめきと増していったのだ。 先日はドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に出演。超ロングまつげの奥から鋭い眼光で威嚇する眞子(菜々緒)が人事コンサルタントを務める保険会社の新部署リーダー甘露路役だった。仕事はできるがどこか感じが悪い甘露路は、こっそり「残業アジト」を設置し、「命をかけても!」と合言葉を言わせて部下に過激に仕事をさせていたのだ。その後、アジトに気づいた眞子と人事部長(木村佳乃)を縛り上げ、部下とともに鉄パイプで襲い掛かったものの、縄をほどいた眞子に、長い脚で思いっきり回し蹴りを食らい、「会社を辞めていただきます」と成敗される。袴田甘露路、撃沈。 保険会社内の話で毎回、菜々緒の回し蹴りが出るというのもすごいが、袴田はその悪役にぴったりおさまった感があった。そして、もうひとつ袴田のおさまった役が、BSプレミアム『鳴門秘帖』の関谷孫兵衛役。恋しい人を助けるため、「鳴門秘帖」という秘密文書を探す主人公法月弦之丞(山本耕史)の冒険を描くこの物語で、袴田孫兵衛は弦之丞に惚れて旅の供となった女スリの見返りお綱(野々すみ花)に横恋慕して何度も彼女を襲う。  お綱に跳ね返されても、鉄砲で撃たれても迫ってくる孫兵衛はほとんどストーカー。時には力で圧倒し、「もう逃げも隠れもしやしません」と連れ込み部屋で観念したかにみえたお綱とふたりっきりになったのに、彼女に眠り薬を飲まされてさっさと逃げられる。剣の達人のはずがとほほところは『ダウンタウンDX』で突っ込まれる袴田と被って面白いのだが、もっと面白いのは、この孫兵衛は「常にイカのような頭巾をかぶって絶対にはずさない男」ということだ。なにしろ、お綱といよいよベッドイン?というときにも頭巾は装着。てことは裸でも頭巾アリ? さすがにお綱も「なんで?」と思ったらしく、眠り薬で熟睡している 孫兵衛の頭巾にそっと手をかけるが、結局、めくれずじまい。いったい頭巾の下には何が…。「変態仮面」から「変態頭巾」になった袴田。ほかの俳優には出せない味ともいえる。拍手していいのかよくわからないが、新境地開拓である。
2018.06.01 07:00
NEWSポストセブン
袴田吉彦と「APA不倫」のグラドルは現在活動休止中
袴田吉彦と「APA不倫」のグラドルは現在活動休止中
〈もう暴露系のお話はできないのですがそれ以外の内容であれば〉──LINEで記者にそうメッセージを送ってきたのはグラビアアイドル・A(32)。今年1月に『週刊新潮』で報じられた俳優・袴田吉彦(44)の不倫の相手女性である。袴田がAとの逢瀬に「アパホテル」をたびたび使っていたことや、そこで毎回メンバーズカードにポイントを貯めていたことも報じられ、「アパ不倫」と称された。 不倫相手のAは、当初の記事では匿名の扱いになっていたが、その後、テレビ番組などで実名インタビューに応じた。そのなかで他の男性芸能人とも肉体関係があったことなどを告白してさらに話題となり、4月にはフルヌード写真集を発売──袴田とのアパ不倫をきっかけに、一躍メディアの注目を集めていた。 不倫報道から7か月以上が経っての活動ぶりを聞くべくAに改めてコンタクトした際の返信が冒頭の文言だ。暴露系の話はNGとしつつも、翌日に電話で連絡を取り合う約束となったが、当日になって〈今はお話できることはないと思いました…芸能活動は休止中でして、今はプライベートを大切にしたいと思っています〉とのメッセージが送られてきて、それ以降の連絡は途絶えた。 一体何があったのか。所属事務所に連絡すると「うーん、彼女は色々あって、6月に退社しているんですよ」と本当に活動休止状態のよう(袴田の所属事務所はAについて「一切連絡をとっていないので、現状でお話しできることはありません」と答えた)。 無名のタレントが俳優との不倫をきっかけに全国ネットの番組に引っ張りだことなり、さらに活動休止。その間、たった半年あまり。芸能界の世知辛さがよくわかる。※週刊ポスト2017年8月18・25日号
2017.08.08 07:00
週刊ポスト

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン