昭和天皇一覧/6ページ

【昭和天皇】に関するニュースを集めたページです。

『明仁天皇物語』より
『明仁天皇物語』原作者が語る明仁天皇の「孤独」と「迫力」
 今年5月1日、皇位継承が行われ、令和の時代が始まった。平成の時代を国民に寄り添いながら、“象徴”として生きてこられた明仁天皇は、上皇陛下となられた。 戦時下で少年時代を過ごされ、史上初の民間出身のプリ…
2019.06.29 07:00
NEWSポストセブン
婚約発表の記者会見を終え、安堵の表情で向かい合うおふたり(1989年9月、代表取材)
秋篠宮さま、紀子さまとの出会いと婚約時の世間の反応
 6月21日、ポーランドとフィンランドへの公式訪問(6月27日~7月6日)にあたっての記者会見で、秋篠宮さま(53才)は長女・眞子さま(27才)の結婚問題について、こう語られた。「それについては、私は娘から話を…
2019.06.29 07:00
女性セブン
上皇・上皇后両陛下の半生がドキュメントコミックに
原作・永福一成氏が明かす『明仁天皇物語』を漫画化した理由
 2016年8月に「譲位」のお気持ちを発表された明仁天皇は、今年5月1日の皇位継承によって上皇陛下となられた。戦時下で過ごされた少年時代、史上初の民間出身のプリンセスとなる美智子さまとの出会い、戦争被害者の…
2019.06.28 07:00
NEWSポストセブン
明治神宮に来ていた「御朱印ガール」3人組。「マナーを守ってほしいです」と3人は訴える
御朱印集めがブームに 上皇陛下ゆかりの17の神社
 新時代・令和を迎えて早くもひと月半が経った今、上皇上皇后両陛下が訪れた神社をめぐり、「令和元年」の御朱印を集める人が増えている。神社仏閣専門家の坂原弘康さんはこう話す。「全国にはおよそ8万社の神社が…
2019.06.16 07:00
女性セブン
明治神宮に来ていた「御朱印ガール」3人組。「マナーを守ってほしいです」と3人は訴える
ブームの令和元年「御朱印集め」のルールとマナー、そして嘆き
 2000年代から広まった「パワースポット」ブームがきっかけとなり、集める人が増え始めた「御朱印」。さらに、2013年に伊勢神宮の「式年遷宮」と出雲大社の「平成の大遷宮」が重なると、「御朱印ガール」という言…
2019.06.15 07:00
女性セブン
天覧試合60年の証言、長嶋のHRに隠れた広岡&藤田の重要局面
天覧試合60年の証言、長嶋のHRに隠れた広岡&藤田の重要局面
 令和元年はプロ野球界にとっても節目の年となる。歴史上唯一、天皇が球場でプロ野球公式戦を観戦し、プロ野球が国民的娯楽となった1959年6月25日の「天覧試合」から、ちょうど60年となるからだ。 昭和天皇が皇居…
2019.06.12 11:00
週刊ポスト
「人格否定発言」以降、家族をしっかり守られている印象も定着した(写真・JMPA)
人格否定発言は皇室に何をもたらしたのか 片山杜秀氏の解説
 国民に微笑み、雅子皇后を労る新天皇に人間的な親しみを覚える人も多いのではないか。昭和天皇が戦後行った「人間宣言」以降、天皇と国民の距離は近づき続けている。そして、その流れを決定づけたのは、新天皇の…
2019.05.14 07:00
NEWSポストセブン
国民との距離が近くなった背景は(写真/JMPA)
天皇と国民の距離を縮めた神社の「すごい仕掛け」
 国民は、明治以降はじめての「生前退位」に伴う改元を熱狂とともに受け入れた。上皇・上皇后両陛下が国民に寄り添った平成時代を経て、日本人にとって「天皇」はより身近な存在となりつつある。一体なぜか。 天…
2019.05.10 07:00
NEWSポストセブン
【池内紀氏書評】「おことば」の分析から浮かび上がるもの
【池内紀氏書評】「おことば」の分析から浮かび上がるもの
【書評】『平成の終焉 退位と天皇・皇后』/原武史・著/岩波新書/840円+税【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト) 元号フィーバーといった騒ぎようだが、それ以上は何も知ろうとしない。天皇制とは空気…
2019.05.03 07:00
週刊ポスト
天皇皇后両陛下 御成婚60年の歩みと共に歩んだ日本人の幸福
天皇皇后両陛下 御成婚60年の歩みと共に歩んだ日本人の幸福
 天皇御即位満30年、御成婚満60年、そして、約200年ぶりの譲位による御代替わりという節目を迎える。天皇皇后両陛下が国民に思いを寄せて辿られた足跡は、人々の幸せと安寧を祈る、長く慈愛に満ちた旅であり、それ…
2019.04.30 07:00
週刊ポスト
在位中最後の地方訪問となった三重県訪問(撮影/JMPA)
改元10連休 絶対に見逃せない「天皇陛下最後のおことば」
 日本で「10連休」というと、祝日法が定められた1948年以来初めてのこと。まさに今年のGWは前代未聞の連休だ。そんな特大GWの最大のイベントが「改元」である。 昭和天皇が崩御されたのは、1989年1月7日午前6時33…
2019.04.29 07:00
女性セブン
平成最後の4月30日、テレビ各局の肝入り番組の楽しみ方
平成最後の4月30日、テレビ各局の肝入り番組の楽しみ方
 お祭りムード一色で、「令和」が華々しく幕を開ける。しかも、改元にあわせて、前代未聞の10連休となるのだ。この歴史的な瞬間に、テレビ界も盛り上がりを見せる。「ネット動画の普及など、メディアの多様化で現…
2019.04.26 16:00
女性セブン
結婚60年の祝賀行事を終えた天皇皇后両陛下(時事通信フォト)
美智子様の側で過ごした内掌典が生前明かした知られざる1日
 天皇皇后のご在位30年は、お二人のご成婚60年でもある。その長い年月の出発からの道程を、宮中で間近に見ていた人物がいた。昨年5月に94歳で亡くなった元内掌典の高谷朝子氏である。生前の彼女を数度にわたり取材…
2019.04.22 16:00
週刊ポスト
小沢一郎氏「平成の元号案は竹下さん小渕さんと僕で決めた」
小沢一郎氏「平成の元号案は竹下さん小渕さんと僕で決めた」
 小沢一郎。47歳で自民党幹事長に就任、政治改革を掲げて党を飛び出すと、自民党と対決して細川連立政権、民主党政権と2回の政権交代の立役者となった。これまで決して政治史の舞台裏を語ることがなかった小沢が、…
2019.04.22 07:00
週刊ポスト
雅子さまとのご成婚パレードでは、皇居から東宮仮御所までの沿道に約19万人が詰めかけた(時事通信フォト)
雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る
「平成」も残すところあとわずか。父である天皇陛下から時代を受け継ぐ徳仁皇太子殿下の胸中には、今、どのような思いが秘められているだろうか──。“令和の象徴”である新天皇となる皇太子さまの結婚と、その後を振…
2019.04.14 07:00
女性セブン

トピックス

幅広い世代を魅了する綾瀬はるか(時事通信フォト)
《SixTONESジェシーと真剣交際》綾瀬はるかの「塩への熱いこだわり」2人をつなぐ“食” 相性ぴったりでゴールインは「そういう方向に気持ちが動いた時」
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン