黄昏流星群一覧

【黄昏流星群】に関するニュースを集めたページです。

『黄昏流星群』を始めたきっかけは?(C)弘兼憲史
弘兼憲史氏が語る『黄昏流星群』の着想と長期連載となったポイント 「決してマイノリティの話ではない」
 1995年に連載が始まった『黄昏流星群』は、先駆的に「中高年の性」というテーマに斬り込んだ作品だ。連載28年目、コミックス68集を数える同作には、“男女の名シーン”も多い。 いくつものヒット作で知られる弘兼…
2023.04.05 19:00
週刊ポスト
ノンフィクションライターの宇都宮直子さん
ベストセラー作家・橘玲「年収1千万円、大学准教授でも結婚できない」出会いに不自由しないSNS時代の「不都合な真実」
 日本を取り巻く分断の正体や、自由で平等な社会がかえって不自由さを生む皮肉さを脳科学や進化論、遺伝学をもって読み解くベストセラー作家の橘玲さん。新刊『シンプルで合理的な人生設計』も話題の彼が、最近関…
2023.03.31 06:59
NEWSポストセブン
これからの目標などについて語る弘兼憲史氏
弘兼憲史氏、団塊世代に向けて「歳をとっても、この先も恋愛できる」とエール
 1947~1949年生まれの団塊の世代が、「後期高齢者」となる。社会保障費の負担増などを懸念する声が多いが、“当事者”はどう捉えているのか。今年、75歳を迎える江本孟紀氏(野球解説者)、弘兼憲史氏(漫画家)、…
2022.06.09 07:00
週刊ポスト
男女の交際に厳しかった日本社会で初めて自由に「デート」を楽しんだ世代ともいわれる(イメージ)
団塊世代が後期高齢者入目前 老人ホームでの“自由恋愛”の光と影
 2025年に日本社会は大きな転換点を迎える。「団塊の世代」の約800万人が後期高齢者となり、国民の「5人に1人」が75歳以上、65歳以上は人口の3割を超える“超超”高齢化社会に突入するのだ。 団塊世代はそれまで男…
2022.02.22 07:00
週刊ポスト
弘兼憲史氏が語る 友人関係の「友好的な終わらせ方」とは
弘兼憲史氏が語る 友人関係の「友好的な終わらせ方」とは
『黄昏流星群』『島耕作シリーズ』などで知られる漫画家の弘兼憲史氏(72)は、定年後の生き方として「持ち物を半分にしよう運動」を実践している。 吟味して減らすもののなかには「友人」もある。「友人が多いほ…
2020.02.23 16:00
週刊ポスト
ドラマ『黄昏流星群』以上の熱演が期待されている
中山美穂「R18映画」関係者が明かした「体当たり演技」
 俳優で、劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキが監督・脚本・主演を務める映画『108~海馬五郎の復讐と冒険』。その中で「不貞を働く妻」を、中山美穂(49)が演じることが発表された。その内容が、映画関係者の…
2019.06.04 07:00
NEWSポストセブン
弘兼憲史氏「日本でキャッシュレス化が進まないことは誇っていい」
弘兼憲史氏「日本でキャッシュレス化が進まないことは誇っていい」
 日本はキャッシュレス決済後進国だから、普及を促進したいという狙いがあるのか。現金以外のクレジットカードや電子マネーなどで決済した場合にポイント還元するという政府による増税負担軽減策が検討されている…
2019.01.14 13:00
マネーポストWEB
月9『SUITS』の巧みな新戦略、織田裕二にぶつける新旧共演者
月9『SUITS』の巧みな新戦略、織田裕二にぶつける新旧共演者
 織田裕二主演で好調な月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)。10日の最終話・前編放送を直前に控え、が然注目度は高まっている。このドラマで毎回、注目を集めるのは、織田と週替わりゲストとの共演だ。そ…
2018.12.09 07:00
NEWSポストセブン
佐々木蔵之介の『黄昏流星群』 中年のときめき爆発に違和感
佐々木蔵之介の『黄昏流星群』 中年のときめき爆発に違和感
 興味を持ってチャンネルを合わせたはずのドラマに対して“違和感”を抱いてしまった経験は誰しもあるだろう。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析する。 * * * 中年にさしかかった人生の悲哀と偶然…
2018.12.01 16:00
NEWSポストセブン
鈴木保奈美、中山美穂らリバイバル女優百花繚乱 勝者は誰か
鈴木保奈美、中山美穂らリバイバル女優百花繚乱 勝者は誰か
 テレビ界が美熟女優ブームに沸いている。10月クールのドラマでは、『SUITS』(フジテレビ系)で27年ぶりに織田裕二(50)と共演した鈴木保奈美(52)や、『黄昏流星群』(フジテレビ系)で20年ぶりに木曜劇場に出…
2018.11.20 07:00
週刊ポスト
秋ドラマの珍現象 “アンダー7”4作に熱烈なファンが続出
秋ドラマの珍現象 “アンダー7”4作に熱烈なファンが続出
 視聴スタイルが多様化するなかで、視聴率はドラマの評価を決める指標ではもはやないのかもしれない。それを示す珍現象が今期のドラマで起きている。いったいどういうことか? コラムニストでテレビ解説者の木村…
2018.11.18 07:00
NEWSポストセブン
ドラマ化『黄昏流星群』も話題に、不倫マンガが増えた理由
ドラマ化『黄昏流星群』も話題に、不倫マンガが増えた理由
 現在放送中のドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系)が、「ドロドロすぎる!」と話題になっている。 物語は、出世頭とみられていた銀行マンが一転、出向を命じられ、旅先のスイスである女性と出会い、恋に落ちて…
2018.11.17 16:00
女性セブン
恋愛モノが多数、10月期ドラマを楽しむための秘訣
恋愛モノが多数、10月期ドラマを楽しむための秘訣
 様々なタイプの恋愛ドラマがラインナップされている今年の10月期。なかでも、禁断の恋を描くのは『中学聖日記』(TBS系、火曜22時)。教師・有村架純(25才)と教え子である中学3年生で、新人の岡田健史(19才)…
2018.11.04 16:00
女性セブン
ムロツヨシ
『大恋愛』で注目ムロツヨシ なぜ美女の相手役に選ばれる?
 戸田恵梨香(30才)主演、その恋人役をムロツヨシ(42才)が演じるドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が好調だ。平均視聴率は第1話10.4%、第2話10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2桁台をキープ…
2018.10.28 07:00
NEWSポストセブン
戸田&ムロ、石原&峯田、なぜ「美女と野獣」ドラマが続く?
戸田&ムロ、石原&峯田、なぜ「美女と野獣」ドラマが続く?
 ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)が戸田恵梨香とムロツヨシによる恋愛ものとして話題を集めているが、最近、美男美女の組み合わせではなく、このドラマのように「美女と野獣」カップルによる恋愛ドラマ…
2018.10.21 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン