• TOP
  • 芸能
  • 佐々木蔵之介の『黄昏流星群』 中年のときめき爆発に違和感

芸能

2018.12.01 16:00  NEWSポストセブン

佐々木蔵之介の『黄昏流星群』 中年のときめき爆発に違和感

中年の複雑な恋愛模様を描くはずが…

 興味を持ってチャンネルを合わせたはずのドラマに対して“違和感”を抱いてしまった経験は誰しもあるだろう。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析する。

 * * *
 中年にさしかかった人生の悲哀と偶然の出会いを描き出すドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系木曜午後10時)。原作は同名の弘兼憲史マンガ作品(小学館)の第1集「不惑の星」です。

 漫画の方は1995年から現在まで続き広い世代に愛読されている人気作。しかし、ドラマを見ていると、どことなく漂ってくる不思議な違和感。チグハグな感じが気になって仕方がないのですが、それはいったい何処から発しているのでしょうか?

 主人公は、エリートサラリーマンの滝沢完治(佐々木蔵之介)。成功への道を邁進し仕事一筋、部下の女性からの色っぽいモーションにも「キャリアに傷が付く」と拒絶し銀行の支店長まで上り詰めた。専業主婦の真璃子(中山美穂)はそんな夫を献身的に支えてきた。ところがある日、完治は予想外の左遷宣告を受け、子会社の倉庫へ出向に。受け入れ難い試練に直面して……。

 プライドの高いエリート中年サラリーマンの挫折物語です。銀行の支店長が子会社へ出向、の悲哀は大きい。人生の全てかけて獲得してきた成果が一瞬にして崩壊していくのですから、喪失感、強い挫折感に包まれるはず。

 ところが。スイス旅行へ出かけて偶然出会った目黒栞(黒木瞳)に一目惚れ。その栞が、何と出向先の倉庫会社の食堂で働いていることを知って嬉々とし、ときめきを爆発させる完治。

 そう、完治役の佐々木蔵之介さんが枯れていない。栞演じる黒木瞳さんをイキイキと追いかけていく。その姿がどこか楽しげ。中年の舞い上がりぶりを見せつけられるようで、視聴者はとまどう。

「たそがれ」は何処に行った?

 まあドラマですからストーリーは単純でもいいのですが、行間から染み出てくるようなわりきれなさ、仕事に生きることができなくなったエリートサラリーマンのわびしさ、葛藤といったものが十分に見えてこない中、「偶然の恋愛」がトントン拍子で展開していくあたりに肩すかし感が。

関連記事

トピックス