• TOP
  • 国内
  • 【追悼2019】金田正一さんや内田裕也さんら歴史を刻んだ人々

国内

2019.12.14 07:00  週刊ポスト

【追悼2019】金田正一さんや内田裕也さんら歴史を刻んだ人々

行政改革で歴史に名を残した(撮影/太田真三)

 令和という新たな時代の始まりとなった2019年。今年も多くの人が永遠の眠りについた。政治家、スポーツ選手、ミュージシャンなど、多くの人の記憶に残る人たちだった。(男性編)

■中曽根康弘(元首相、享年101)

 1947年、衆院議員に初当選。1982年、第71代内閣総理大臣に就任。在職中に国鉄、電電公社、専売公社を民営化。1997年、大勲位菊花大綬章を受章。11月29日死去。

■金田正一(元プロ野球選手、享年86)

カネやんの愛称で親しまれた(撮影/太田真三)

 カネやんの愛称で親しまれた前人未踏の400勝投手。1951年から14年連続20勝を記録。1955年には来日したヤンキースのミッキー・マントルから3三振を奪う快投。1965年に巨人に移籍、1969年通算400勝を達成し引退。1974年にはロッテ監督で日本一に。10月6日死去。

■萩原健一(歌手・俳優、享年68)

 ザ・テンプターズのボーカルとしてGSブームを牽引。ドラマ『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』で俳優としても人気に。3月26日消化管間質腫瘍により永眠。

■内田裕也(ロック歌手・俳優、享年79)

 1966年のビートルズ来日公演では特別編成のバンドで前座を務め、「ザ・タイガース」生みの親だった。昨年9月15日に没した妻・樹木希林を追うように3月17日肺炎で永眠。

関連記事

トピックス