• TOP
  • 話題の本 BOOK WONDERLAND

話題の本 BOOK WONDERLAND一覧

日本近代史家・渡辺京二氏が「奇人であり聖者」と評す人物は

日本近代史家・渡辺京二氏が「奇人であり聖者」と評す人…

【書評】『宿命の戦記 笹川陽平、ハンセン病制圧の記録』高山文彦・著/小学館/1900円+税 故・笹川良一氏の三男、笹川陽平・日本財団会…

2018.02.11 07:00  NEWSポストセブン

【著者に訊け】中山七里氏 『護られなかった者たちへ』

【著者に訊け】中山七里氏 『護られなかった者たちへ』

【著者に訊け】中山七里氏/『護られなかった者たちへ』/NHK出版/1600円+税 舞台は仙台。市の福祉保健事務所職員と現役県議が、全身を縛…

2018.02.09 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】銀色夏生氏 団体ツアーに参加した旅エッセイ

【著者に訊け】銀色夏生氏 団体ツアーに参加した旅エッ…

【著者に訊け】銀色夏生氏/『こういう旅はもう二度としないだろう』/幻冬舎/1300円+税 詩人・銀色夏生が旅に出た。それも一般の団体ツ…

2018.02.02 16:00  週刊ポスト

【池内紀氏書評】時代背景を熟読して描く1853年の音楽家達

【池内紀氏書評】時代背景を熟読して描く1853年の音楽家達

【書評】『巡り逢う才能 音楽家たちの1853年』ヒュー・マクドナルド・著 森内薫・訳/春秋社/3000円+税【評者】池内紀(ドイツ文学者・…

2018.02.01 16:00  週刊ポスト

【大塚英志氏書評】保守を語る西部邁氏の最後の書

【大塚英志氏書評】保守を語る西部邁氏の最後の書

【書評】『保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱』/西部邁・著/講談社現代新書/840円+税【評者】大塚英志(まんが原作者)「保守」の人々…

2018.02.01 07:00  週刊ポスト

【井上章一氏書評】京都学派の大家たちの酒場の自己演出

【井上章一氏書評】京都学派の大家たちの酒場の自己演出

【書評】『京都学派 酔故伝』/櫻井正一郎・著/京都大学学術出版会/2000円+税【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授) 京都…

2018.01.28 16:00  週刊ポスト

【川本三郎氏書評】静かな、豊かな小説『光の犬』

【川本三郎氏書評】静かな、豊かな小説『光の犬』

【書評】『光の犬』松家仁之・著/新潮社/2000円+税【評者】川本三郎 第一作『火山のふもとで』で多くの読者を魅了した松家仁之の新作『…

2018.01.27 07:00  SAPIO

【著者に訊け】旗手啓介氏 PKOは「右」か「左」ではない

【著者に訊け】旗手啓介氏 PKOは「右」か「左」ではない

【著者に訊け】旗手啓介氏/『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』/講談社/1800円+税 本来、23年という歳月は決して無為に過ごしてい…

2018.01.26 07:00  週刊ポスト

小学館ノンフィクション大賞著者 キリスト信仰を描いた理由

小学館ノンフィクション大賞著者 キリスト信仰を描いた…

 第24回「小学館ノンフィクション大賞」の選考会が昨年12月中旬に開催された。「終活」の最新事情や海外潜入ルポなど力作揃いの最終候補5作…

2018.01.25 16:00  週刊ポスト

【川本三郎氏書評】仏文学者が描く女性達との幽艶な現代奇譚

【川本三郎氏書評】仏文学者が描く女性達との幽艶な現代…

【書評】『老愛小説』/古屋健三・著/論創社/2200円+税【評者】川本三郎(評論家) 恋愛なんて青臭い若者に任せればいい。老年になれば…

2018.01.24 16:00  週刊ポスト

【香山リカ氏書評】バブル世代が右肩上がり幻想捨てるには…

【香山リカ氏書評】バブル世代が右肩上がり幻想捨てるに…

【書評】『バブル入社組の憂鬱』/相原孝夫・著/日経プレミアシリーズ/850円+税【評者】香山リカ(精神科医)「バブル世代」とは、バブル…

2018.01.19 16:00  週刊ポスト

【著者に訊け】内藤啓子氏 父・阪田寛夫を綴るエッセイ

【著者に訊け】内藤啓子氏 父・阪田寛夫を綴るエッセイ

【著者に訊け】内藤啓子氏/『枕詞はサッちゃん 照れやな詩人、父・阪田寛夫の人生』/新潮社/1600円+税 父は芥川賞作家で詩人の阪田寛…

2018.01.19 16:00  週刊ポスト

【坪内祐三氏書評】フクちゃん以前、挿絵画家だった横山隆一

【坪内祐三氏書評】フクちゃん以前、挿絵画家だった横山…

【書評】『横山隆一』/末永昭二・編/皓星社/2800円+税【評者】坪内祐三(評論家) 横山隆一といえば「フクちゃん」だが、私は「フクち…

2018.01.17 07:00  週刊ポスト

【与那原恵氏書評】「タケダアワー」を17年支えた理念

【与那原恵氏書評】「タケダアワー」を17年支えた理念

【書評】『タケダアワーの時代』/友井健人他・著/洋泉社/1400円+税【評者】与那原恵(ノンフィクションライター) 一九五八年から七四…

2018.01.11 16:00  週刊ポスト

外山滋比古氏 「AIを使う側で老人が知恵を生かす出番」

外山滋比古氏 「AIを使う側で老人が知恵を生かす出番」

【著者に訊け】外山滋比古氏/『老いの整理学』/扶桑社文庫/600円+税 大正12年生まれの94歳。空前のロングセラー『思考の整理学』(1983…

2018.01.05 11:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス