新着ニュース一覧/6925ページ

『NEWSポストセブン』の記事を新着順に紹介するページです。『週刊ポスト』『女性セブン』の話題記事をはじめ、最新のニュースはこちらでご確認いただけます。

警察権力の陰謀に立ち向かうチーム・バチスタ・コンビの最新作
警察権力の陰謀に立ち向かうチーム・バチスタ・コンビの最新作
【書評】『アリアドネの弾丸』(海堂尊・著/宝島社/1500円) 医師の田口公平は、東城大学医学部付属病院に新設されるAi(死後画像診断)センターのセンター長に任命された。その矢先に院内で銃殺事件が発生、犯…
2010.10.07 11:00
週刊ポスト
石原都知事 金くれと言った娘に「援交しろ」発言の母批判
石原都知事 金くれと言った娘に「援交しろ」発言の母批判
「消費税増税反対の根っこにあるのは、金銭欲。親が亡くなっても弔いもせず、年金を不正に受給するのも、金銭欲」そう語ったのは、石原慎太郎東京都知事。知事曰く、物欲や金銭欲が日本人にとっての価値の基軸にな…
2010.10.07 11:00
SAPIO
田母神俊雄氏「日本にもF15凌ぐ国産戦闘機を作る能力ある」 
田母神俊雄氏「日本にもF15凌ぐ国産戦闘機を作る能力ある」 
 北朝鮮有事の際、敵地へ切り込んで行きミサイル基地爆撃などの重要な役目を果たすのが戦闘機だ。しかし、日本の自衛隊が持つ主力戦闘機F15ではベストではないと田母神俊雄・前航空幕僚長は指摘する。以下、田母…
2010.10.07 11:00
SAPIO
お龍・真木よう子がシースルーワンピからうっすらボディ露出
お龍・真木よう子がシースルーワンピからうっすらボディ露出
 お龍役を演じる大河ドラマ『龍馬伝』での和服姿が、すっかりおなじみとなった女優の真木よう子(27)。 だがそんな折に、洋服姿でのウレシイ登場が続いた。9月16日の『お龍 真木よう子写真集』の発売会見では、…
2010.10.07 11:00
週刊ポスト
押尾学被告 保釈直後に弁護士と朝までホテルで熱い作戦会議
押尾学被告 保釈直後に弁護士と朝までホテルで熱い作戦会議
 10月4日、午後7時35分過ぎ、東京拘置所から保釈された押尾学被告(32才)。東京・新宿の弁護士事務所に向かった後、支援者らと新宿のホテルの一室へ移動したという。「その部屋で弁護士たちと簡単な“出所”祝いの…
2010.10.07 11:00
女性セブン
たけし 都知事狙いと噂の東国原知事に「性の大開放」期待
たけし 都知事狙いと噂の東国原知事に「性の大開放」期待
 東国原英夫・宮崎県知事が来年4月の東京都知事選に出馬するのでは? と囁かれているが、「師匠」にあたるビートたけしが東国原氏の知事選出馬について意見を述べている。*******************…
2010.10.07 11:00
週刊ポスト
創業99年の老舗たばこ店 9月の売り上げはいつもの6倍だった
創業99年の老舗たばこ店 9月の売り上げはいつもの6倍だった
「今日で、しばらく会わなくなるねぇ。さみしいねぇ…」 たばこ1箱あたり60-140円の大幅値上げが行われた10月1日の前日、9月30日の午後3時すぎ、東京・神田にある創業99年目の老舗たばこ店で、82才の女性店主と50…
2010.10.07 11:00
女性セブン
日本人が「自分は才能ない」と思いたがることに仏作曲家疑問
日本人が「自分は才能ない」と思いたがることに仏作曲家疑問
 <日本人はなぜ、才能がないと思いたがるのか?> 来日して12年。世界的マリンバ奏者にして作曲家、近年は武術家や教育者としても活躍し、『運命を変える才能の見つけ方 デュボワ・メソッド』(マガジンハウス…
2010.10.06 17:00
週刊ポスト
ユニクロ柳井氏 「理念共有できればトップは外国人でいい」
ユニクロ柳井氏 「理念共有できればトップは外国人でいい」
 経営コンサルタントの大前研一氏とファーストリテイリングCEOの柳井正氏が上梓した共著『この国を出よ』(小学館刊)。同書がテーマとする日本経済再生の処方箋とは。 * * * 優れた戦略があっても実行する…
2010.10.06 17:00
週刊ポスト
今井舞 ネットから動画拾って流すだけのTVは退化している
今井舞 ネットから動画拾って流すだけのTVは退化している
 秋のテレビ番組改編期。視聴率ジリ貧で、青息吐息のテレビ局であるが、何か面白い物を作って現状を打破しようという真っ当な考えは各局とも皆無のようだ。「というか、より退化してる」と語るのはテレビに詳しい…
2010.10.06 17:00
週刊ポスト
落合信彦氏 なぜ「脱北者はウソをつく」がわからないのか
落合信彦氏 なぜ「脱北者はウソをつく」がわからないのか
 なんの成果もなく「税金の無駄遣い」と批判を浴びた7月の金賢姫の訪日。日本政府は、なぜこんな愚行に及んでしまったのか。それは、日本政府が「北朝鮮で生活していた人物たち」の特性を理解していないからだと落…
2010.10.06 17:00
SAPIO
母の介護で降板の田丸キャスターに早くも復活の噂出る
母の介護で降板の田丸キャスターに早くも復活の噂出る
 田丸美寿々(58)も例外ではなかった―そんな嘆息と“やっぱり”という声がTBS報道局に広がった。 16年間務めた『報道特集』のメインキャスターの座を9月25日をもって降板した田丸は、その理由を「母親の介護にもっ…
2010.10.06 17:00
週刊ポスト
佐々淳行氏「菅氏は学生運動時代攻撃に弱く逃げ足速かった」
佐々淳行氏「菅氏は学生運動時代攻撃に弱く逃げ足速かった」
 作家・佐々淳行氏は1930年生まれ。54年東大法学部卒業後、現在の警察庁に入庁。あさま山荘事件、よど号事件などを指揮。防衛施設庁長官、内閣安全保障室長を歴任し、89年昭和天皇大喪の礼を最後に退官した。以下…
2010.10.06 17:00
週刊ポスト
掃除機は、腕全体を使い肩甲骨を動かすとバストアップ効果
掃除機は、腕全体を使い肩甲骨を動かすとバストアップ効果
 テレビを見ながら、家事の合間やお風呂上がりに…。ちょっとした時間にすぐできるエクササイズで、たるみ知らずの“美胸”メイク法を紹介します!   間接を動かすことで筋肉に刺激を与え、体全体のゆがみをリセッ…
2010.10.06 17:00
女性セブン
自分が死んだ後の希望を書いておく“もしものとき”ノート
自分が死んだ後の希望を書いておく“もしものとき”ノート
 生前に財産分与などについての意向を記しておく「遺言書」にも関心が集まっているが、より気軽に、“もしものとき”に備えてのメモ帳として使えるのが「エンディングノート」だ。 介護、葬式、お墓についての希望…
2010.10.06 11:00
女性セブン

トピックス

櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン