国内

最新国内記事のRSS

引退した「かわいすぎる海女」 月給7万円だったと地元民

2010.09.28 14:57

 NHKの番組で取り上げられるや、“かわいすぎる海女”としてネット上を中心に大人気となった岩手県久慈市の「小袖海女センター」で働く大向美咲さん(20)。同市内の小袖海岸で海女として活躍していたが、だが、7月28日で大向さん、そして別の新人海

 NHKの番組で取り上げられるや、“かわいすぎる海女”としてネット上を中心に大人気となった岩手県久慈市の「小袖海女センター」で働く大向美咲さん(20)。同市内の小袖海岸で海女として活躍していたが、だが、7月28日で大向さん、そして別の新人海女のふたり(20才と19才)も同時に姿を消した。その裏には、カネの問題があったと地元関係者は語る。

 同市産業振興部商工課担当者に話を聞くと「新人のかたたちに“戻っていただきたい”と話し合いを進めているところです。微妙な時期ですので、コメントは控えさせていただきます」というのみ。また、小袖海女センターを運営する「小袖北限海女の会」を訪ねると、会長の村塚繁好氏が神妙な顔つきで答えた。

「あちらを立でればこちらが立たずっていう感じで。もちろん戻ってくれだらうれしいわけだけど…」

 さらに関係各所に話を聞こうとするも、みな一様に表情を曇らせ、固く口を閉ざすばかりで、まるで“かわいすぎる海女”に関して、市内中にかん口令が敷かれているかのよう。そんななか、ようやく一人の漁港関係者が、周囲の視線を気にしながら、声をひそめて話し始めた。

「あんだ、そんだらこと聞いだって、誰も話さないべ。ここはほとんどが漁業やってるし、親戚だったり、知らねぇ顔がいねぇ」

 彼女たちが辞めた理由について聞くと、その人物はさらに小さな声で囁いた。「やっぱり金のことだべ?」

 大向さんは地元の高校を卒業後、いったん就職するも、先輩海女に誘われ昨年8月にアルバイトとして同センターに所属した。“25年ぶりの新人”として海女デビューするや注目の的になり、久慈市は彼女を“観光大使”に任命もした。

 海女の会関係者が証言する。「東京がら大学生の男の子たちとかさ、カメラぶらさげた男の人とか、いつもの倍以上の観光客が来てたべ。それもあの娘たちがいなぐなってから、客も少なぐなってよ…」

 海女の主な仕事は、約30年ほど前から観光事業として始まったうに漁の実演。7月1日から9月30日まで、土日祝日、1日1回午前10時半から行われる。観光客は1人500円のチケットを購入し、岸辺から海女たちが潜るのを見学。30分ほどでカゴいっぱいのうにを採ってくると観光客の前で殻むきを披露。実演の見学と、採れたてのうにが1人2分の1-1個食べられる。土日祝日以外は完全予約制で、海女1人に対して1回5000円で見学と試食が可能だ。

「上がさ、どんだけもらってるかわがんねけど、海女の1日の報酬は6000円。それで1回潜るとお客さんからは5000円だげど、いろいろ(諸経費が)引かれて、海女さんたちの手には4500円だって。見る人もさ、潜る子にわけぇ子がはいってくれたらうれしいべ(笑い)。それがさあ…なかなか大変だよ。(大向さんは)1日10回潜ったこともあったみたいだけど、金は変わらねがった。人気だったからほとんど休みなぐ平日も働いで、1か月27日働いで7万円だってよ。それはやっぱり納得がいがないよなぁ」(前出・漁港関係者)

と、「電撃引退」の陰には、「安過ぎる報酬」があったのでは?と指摘する向きもあるのだ。

※女性セブン2010年9月16日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP