• TOP
  • 芸能
  • 沢尻エリカ“新恋人” 「自分の仕事は大麻インストラクター」

芸能

2011.02.15 10:00  週刊ポスト

沢尻エリカ“新恋人” 「自分の仕事は大麻インストラクター」

「離婚合意」発表後も、離婚時期などをめぐって憶測が飛び交う沢尻エリカ(24)。彼女が日本での仕事復帰を切望しながらも、夫・高城剛氏と過ごしたスペインを拠点にすると明言したのはなぜか。

 取材をすると、バルセロナに親密なスペイン人男性がいることがわかった。仮に彼の名前をガルシアとしよう。ガルシア氏は現在29歳、沢尻とは8か月前に知り合ったという。本誌はバルセロナでガルシア氏を直撃した。

――あなたの仕事は何か?

「仕事は、マリファナ(大麻)栽培のインストラクター。弟がこの町で一番最初にマリファナ栽培の店を開いたんだ。そこで僕は、栽培法や使用法を教えている」

 確かに、氏のフェイスブックや他のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のページには、大麻栽培工場の写真や、大麻に囲まれながら友人とキメている写真が無数にアップされていた。

 日本の薬物事件の捜査関係者に、その部分を見せたところ、「大麻やハシシ(大麻樹脂)を吸う吸引具と、大麻を巻くペーパーのように見えます」とのこと。また、2人が屋根に座って映っている写真もあったが、そこはガルシア氏の自宅のようで、“大麻製造工場”になっていた。
 
 ちなみにスペインでは、売買は禁じられているが、個人による大麻の少量の保持や使用、栽培は処罰されることはない。少量とはおよそ50グラム程度といわれる。

 客観的に見て、沢尻とガルシア氏が親密な関係であることは疑いようがない。ただ、男女の関係かどうか、知り得るのは当人だけだ。

 沢尻の友人は彼女のことをこう評している。

「エリカはとても情熱的で、相手との距離感がすごく近い。だから知り合った男にすぐに“俺の女”と思い込まれてしまうんですよ」

 沢尻のこの感覚ゆえ、彼女のような有名人と知り合った男が一方的に恋人だと思い込んでいる可能性も、完全には否定できない。残念ながら沢尻とは連絡が取れなかったため、代わりに母親のリラさんに話を聞いた。

――エリカさんの新しい交際相手がバルセロナにいると聞いていますか?

「そんなの、ありえません」

――男はマリファナ栽培のインストラクターといっているのですが。

「そんなことないです」

 しかし男女問題とは別の疑問は大きい。スペイン国内では実質的に合法とはいえ、大麻インストラクターと交際し、写真を撮らせ、さらに自分のフェイスブックにもそれを載せていることは、多くのファンやスタッフ、スポンサーに支えられた芸能人としての立場に、あまりにも無自覚と感じられて仕方ない。

 本誌は沢尻自身の言葉を聞くべく取材を続ける。

※週刊ポスト2011年2月25日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス