芸能

倖田來未 中居正広に尽くしてエロ路線変更するも結局、破局

12月13日、公式ホームページでBACK-ONのKENJI03(ケンジスリー・27)との電撃婚を発表した倖田來未(29)だが、これまで交際してきたカレのなかで、いちばん結婚を意識したのがSMAPの中居正広(39)だろう。

2007年夏、スポーツ紙で報じられたふたりの恋。同年12月には、本誌が中居のマンションに通う倖田の姿をスクープした。その年の紅白歌合戦のリハーサルには、おそろいのキャップをかぶって出てきたり、その後『FRIDAY』に温泉旅行がキャッチされるなど、順調に愛を育んできた。音楽関係者は語る。

「交際が始まったとき、倖田さんは24才。彼女のなかでは、結婚にもリーチがかかった状態だったから、いままで以上に恋に全力投球でした。“中居さんと結婚できたら仕事は辞める!”とまでいってましたから。

同じ歌姫のあゆとかとは全然違いますよ。結婚したって、家庭と仕事は別。周りにはたくさんのスタッフもいるし責任も大きい。逆にいえば倖田さんは、恋愛至上主義みたいな感じですよね。エロかっこいいで大ブレイクしたのに、中居さんの好みじゃないと知って、路線変更したぐらいでしたから…」

あるとき、中居がMCを務める歌番組に、倖田がナチュラルメイクで登場すると、中居はこういった。

「絶対にこっちのほうがいいって!」

その言葉を受け、倖田はトレードマークだったばさばさまつげも、太く濃いアイラインもあっさりやめた。

白系のファッションが好きだと中居がいえば、黒や赤、紫の露出度が高いセクシーな衣装も一転。PVでもふわふわモヘアの白ニットなどを好んで着るようになった。

倖田はインタビューでこんな話もしていた。

<わたしにとって恋愛とは、身も心も投げ出す「全身恋愛」>  <恋愛は、寝る時間を惜しんでも大切なもの。だから本当に何でもできる>

例えば、深夜3時に電話で呼び出されても、いつも2秒後には会いに行く気持ちだし、「お弁当つくって」といわれたら、「まかせて」とふたつ返事。周りからは「尽くす女」といわれるが、倖田自身は無理など全然してなかったという。

実際、どんなに忙しい時期でも、倖田は中居の自宅を訪れるときは、昼でも夜でもスーパーで袋いっぱいに食材を買い込んでいった。

一方の中居は、そんな倖田とは随分対照的だった。

「中居さんは、仕事への責任感が強い、古き良き時代の男。恋愛に振り回されるタイプじゃありません。もちろん彼女のことは大切にしていましたけどね…」(テレビ局関係者)

倖田の知人はこう語る。

「つきあったり別れたりを繰り返した3年だったんですが、倖田さんはきっちりけじめをつけることに決めたんです。大好きで仕方なかったけど、中居さんの家から荷物を運び出したんです」

それは2011年2月のことで、都内でもトップクラスの高級マンションで新生活を始めた。そして7月には、KENJI03との同棲をスタートさせた。

※女性セブン2012年1月1日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン