芸能

最新芸能記事のRSS

阿部寛 3年間のパチプロ生活を経て『あの人は今』で再起

2012.10.19 07:00

 今年だけでも3本の映画で主演を務め、新ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(フジテレビ系)もスタートした阿部寛(48才)。今年5月に発表された『日経エンタテインメント!』のタレントパワーランキングの男優部門では、2年連続1位の嵐・櫻井翔(3

 今年だけでも3本の映画で主演を務め、新ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(フジテレビ系)もスタートした阿部寛(48才)。今年5月に発表された『日経エンタテインメント!』のタレントパワーランキングの男優部門では、2年連続1位の嵐・櫻井翔(30才)を破り、初めて1位に輝き、ついに“国民的俳優”の座を射止めた。

 中央大学理工学部在学中に、ファッション誌『non-no』主催の第3回ノンノボーイフレンド大賞をきっかけにモデルデビュー。1986年に創刊された『MEN’S NON-NO』の表紙を43号連続で飾り、トップモデルにのし上がった。阿部自身、当時は“王子様扱い”だったと振り返るほどの人気ぶりで、1か月に4000通ものファンレターが届いたこともあったという。

 大学卒業後、阿部は俳優へと転身する。1987年、映画『はいからさんが通る』で、デビューを果たした阿部を待ち受けていたのは、“モデル上がりという差別”だった。阿部はあるインタビューで、当時をこう振り返っている。

<あの頃は今と違って、モデルから俳優になる例はあまりなかったようです。そこに、雑誌で名前ばかり売れたオレが現れた。芸能界にとってはハヤリものですよね。(中略)でも、役柄といえば、典型的な二枚目ばかりで、役の幅がまったく広がっていかなくて、悩みました>

 モデル時代の武器だった189cmという身長もコンプレックスになっていったという。

「相手役の女性との身長差から、役を降ろされることも少なくなかったようです」(芸能関係者)

 こうして次第に仕事が少なくなっていった阿部は、今の人気からは想像もできないが3年間ほど、パチンコで生計を立てていたという。

 そんな阿部だったが、バラエティー番組『あの人は今!?』(日本テレビ系)に取り上げられたことで、一念発起し再び役者への道へと舞い戻る。

「尊敬する高倉健さんが出演するドラマに自ら“名前の付かない役でもいいから出してほしい”と願い出て、演技の勉強をしたこともあったそうです」(前出・芸能関係者)

 そして、1993年につかこうへいさんの舞台でバイセクシュアルの主人公を好演、それまでの長身二枚目俳優から、実力派俳優への足がかりを掴んだ。

 それ以降は『TRICK』(テレビ朝日系)、『HERO』(フジテレビ系)といった話題作に次々と出演を果たし、表舞台に舞い戻る。そして、その人気を決定付けたのが、2004年の『アットホーム・ダッド』(フジテレビ系)や2006年の『結婚できない男』(同)だった。ともにルックスはいいのに冴えない主人公を演じて、お茶の間の人気者になっていった。

※女性セブン2012年11月1日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP