芸能

渡辺えり 年下イケメン俳優にセクハラ騒動「腰揉んで」と依頼

 1月17日発売の『週刊文春』で、27才年下の俳優・吉田侑生(31才)を“飼育”し、10年にわたって不倫関係にあったと報じられた渡辺えり(58才)。

 劇団関係者はこう証言する。

「吉田くんのことは噂にはなっていましたよ。だいたいご主人だって、最初は劇団の座長と一劇団員。彼女の恋愛はいつも職場なんですから」

 渡辺の夫の土屋良太(45才)は1993年、『劇団3○○(さんじゅうまる)』に入団した。しばらくは劇団仲間だったが、ある日、酔った勢いでエッチしたことから交際が始まり、半年の交際期間を経て、1996年に結婚した。

「当時、劇団員同士の恋愛はご法度だったんです。もちろん渡辺さんが作った規則ですけど、それを自ら破った。渡辺さんに言わせれば、恋愛はNGだけど、結婚すればいいんでしょ? って感じだったんです。でも、はっきり言って、土屋さんが渡辺さんの特別な人だというのはバレバレでしたからね」(前出・劇団関係者)

 それはいつもこんな風に始まるんだという。

「昔から彼女は、稽古の合間とかに“あ~疲れた”と大げさに言って、お気に入りのイケメンに“腰揉んで”と言うんです。明らかにセクハラですが、ご指名を受けたほうは断れないし、誰も注意できないんです」(前出・劇団関係者)

 新婚生活で、夫は渡辺に言われなくとも自然に肩揉みなどマッサージをするようになった。すでにベッドに入った夜遅くに渡辺が帰宅し、風呂上がりに全裸でフラダンスをしながら「土屋くん、土屋くん」と言って起こされても、夫は「こんなに太っている人見たことない」と言って笑った。

 しかしそんな結婚生活は長くは続かなかった。渡辺が“愛人”の吉田に入れ込むようになると、夫とは家庭内別居状態になっていったからだ。

 東京都心部から車で40分ほどのところにある夫妻の豪邸には現在も「渡辺」「土屋」の表札がかかっている。

 しかし複数の地元住民の証言によれば、ふたりがそろって商店街に出かけることや、犬の散歩をする姿はもう見なくなったという。

※女性セブン2013年2月7日号

関連記事

トピックス

不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
今年、ともに50才の節目を迎える
【スクープ】復活する反町隆史主演『GTO』に松嶋菜々子が出演! 子育てが一段落して「夫婦共演」決断
女性セブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
会津若松市で歓声を浴びた綾瀬
綾瀬はるか、“会津まつり”に登場 『八重の桜』ゆかりの地で「ありがとなし!」藩公行列にいざ出陣
女性セブン
別居と離婚を認めた降谷建志とMEGUMI
《不倫報道で実母が複雑胸中》MEGUMIとの別居に「Dragon Ash」降谷建志の母が語った「とにかく円満に」
NEWSポストセブン
元プロ野球選手、2019年3月6日撮影、東京都内
立浪ドラゴンズ、飛び交う「清原入閣説」 球団・監督・本人…いずれにもメリット、「薬物」「刺青」の壁は越えられるか
NEWSポストセブン
加藤茶の妻・綾菜さんが考案した「減塩レシピ」とは?
加藤茶の血圧が「200→130」に 妻・綾菜さんが栄養士と共同開発した作り置き「万能氷だし」レシピ
週刊ポスト
広瀬アリス、注目ドラマのロケ現場をいち早くキャッチ
10月ドラマで主演の広瀬アリス 新橋のサラリーマンが驚いた「絶叫」ロケ現場、変顔にスタッフは笑顔
週刊ポスト
別居を認めたMEGUMI
《不倫→離婚の裏で》MEGUMIはなぜこのタイミングで降谷建志との別れを決断したのか「インスタで起きていた異変」
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
入閣に意欲を見せていた石破茂氏(時事通信フォト)
【内閣改造に党内の不満】大恥をかかされた石破茂・元幹事長、首相との会談で入閣に意欲みせるも肩透かし
週刊ポスト
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦と結婚の末延麻裕子さんの関係は“憧れのプルシェンコ”にリンクする 「スケーターとバイオリニストの相性はいい」
NEWSポストセブン