• TOP
  • 芸能
  • 「パンツ7枚」発言のフジ・山崎夕貴アナ その性格で高評価

芸能

2013.10.03 07:00  週刊ポスト

「パンツ7枚」発言のフジ・山崎夕貴アナ その性格で高評価

 今や押しも押されもせぬ「女子アナ界の女王」であるフジテレビ・加藤綾子アナ(28)。だが、虎視眈々とポスト加藤を狙っているといわれるのが、情報番組『ノンストップ!』で、バナナマンの設楽統とともにMCを務める山崎夕貴アナ(26)である。

「『めざましテレビ』と『ノンストップ!』という2つの朝番組に同時に出演しており、フジでは加藤アナに次ぐ売れっ子。『ノンストップ!』は堅調ですし、とんねるずの番組などバラエティ班からのオファーも多い。

 最近では局内を歩く姿も堂々としていて、少しオーラが出てきた。実は加藤アナと大の仲良しで、よく一緒にお寿司を食べにいってアドバイスを受けているらしい」(フジ関係者)

 都内私大のミスコン出身者が多いフジの中で、山崎アナは異例の地方国立大学(岡山大)出身。就職活動の時に初めて東京に来て人の多さに面食らったという「純朴キャラ」だ。情報番組スタッフの話。

「とにかく開けっぴろげな性格で、番組の中でも“(下着の)パンツは7枚しか持っていないんです!”なんて平気でいってしまう。そんなあけすけな性格がスタッフから愛されている。

 家では晩酌が欠かせないらしく、部屋にはビールの空きカンが散乱していると自分でネタにしていました」

※週刊ポスト2013年10月11日号

関連記事

トピックス