芸能

TBS朝の顔夏目三久 一人『めざまし』エースアナ軍団と勝負

 夏目三久アナが、4月から『朝ズバッ!』(TBS系)の後番組のキャスターを務めること決まった。現在、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)などの人気番組を担当している夏目アナだが、朝のニュース情報番組の司会は初めてとなる。この夏目アナの大抜擢を喜んでいるのは、何といっても所属事務所だろう。

「同じ事務所のタモリさんの『笑っていいとも!』が3月で終わってしまう。一説には1本200万円といわれるギャラが入ってこなくなるわけですから、事務所としては相当な打撃になるわけです。月に直せば、4000万円ほど。仮に事務所に入る金額が4割としても、1600万円。年単位だと、約2億円近い損失になるわけです。

 そこに、夏目アナの帯番組が決まった。事務所にとっては救世主の誕生です。夏目アナのギャラは、最初は1本数十万円だと思います。しかし、視聴率が好調であれば、徐々に上乗せされていくでしょう」(芸能関係者)

 現在、同時間帯のニュース情報番組では、『めざましテレビ』(フジテレビ系)がトップを走っているが、夏目アナを起用するTBSに勝算はあるのか。芸能記者はこう分析する。

「TBSとしては、予期せぬ出来事でみのもんたさんが降板。高額ギャラのタレントが去り、さほど金のかからない夏目アナと明治大学教授の齋藤孝氏のコンビになり、コストカットにも成功。あとは、いかに視聴者を引っ張れるかでしょう。

 やはり、朝はサラリーマン男性の心をつかむ爽やかな女性が画面を飾ったほうが数字にも結びつきやすい。だからこそ、『めざましテレビ』は生野陽子アナ、加藤綾子アナ、三田友梨佳アナといったフジテレビの誇るエース女子アナを送り込んでいる。そう考えると、朝の顔として、夏目アナを起用するTBSの意図は十分に読み取れます」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン