芸能

最新芸能記事のRSS

江角マキコ 落書き騒動で真っ先に謝った夫と「今も週4回」発言

2014.12.13 07:00

《勝手にどうぞ、としか…》 《公共の電波で言うこと?》 《この人最近、どうしちゃったんだろうなぁ…》

《勝手にどうぞ、としか…》
《公共の電波で言うこと?》
《この人最近、どうしちゃったんだろうなぁ…》

 ネット上でこんな辛辣な声を浴びているのは、江角マキコ(47才)だ。その原因は12月1日放送の『私の何がイケないの?』(TBS系)での爆弾発言だった。

《週3~4回以上夜の営みがある夫婦は収入が高い》という話題に「ウフフ」と反応した江角は、「ちょっと、私を映さないで!」と照れながらも、嬉しそうに、頻繁な夜の営みの秘訣について、こう続けたのだった。

「キスとか胸を触るとか、そういうことから始めないで…。意外と、足をコチョコチョしながら上に行くとか…」

 夫のHの“手順”まで暴露したこの江角の発言には、スタジオの有田哲平(43才)や千秋(43才)もボー然だった。

 江角といえば、9月に「ママ友いじめ問題」で世間を騒がせたばかり。その後、江角の命令で、マネジャーが長嶋一茂宅に「バカ息子」「アホ」などと落書きしていたことを『週刊文春』に報じられ、世間から激しいバッシングの嵐にさらされていた。

 その余韻も冷めやらぬうちに、今度は「週4H」発言で騒動を起こすなんて、《どうしちゃったの?》という声が上がるのも無理はない。

 一方で、少子化が深刻な問題になり、「週1回以上セックスをする夫婦」がわずか25%という“セックスレス大国”の日本にあって、結婚11年目にして、テレビでこんな発言ができる江角の夫婦仲の円満さは、見習うべきところもあるのかも。

 江角の夫は、彼女の出世ドラマ『ショムニ』を手がけたフジテレビの名プロデューサーで、公私にわたって支え合ったふたりだけに、その絆は非常に強い。

「近所のスーパー行くのにも、いまだに肩組んで歩いてるくらい、とにかくラブラブなんですよ。“落書き事件”の発覚後、長嶋宅にまっ先に謝りに行ったのも旦那さんですし、江角さんは彼の支えがあったからこそ、今でも芸能生活が続けられるという感謝の気持ちが大きいんですよね。そんな旦那さんへの愛が溢れて、ああいう発言をしちゃったのかもしれません」(江角の知人)

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP