• TOP
  • 芸能
  • 注目の日テレ・笹崎アナ タダモノじゃないワイプ芸に要注目

芸能

2015.07.01 07:00  NEWSポストセブン

注目の日テレ・笹崎アナ タダモノじゃないワイプ芸に要注目

 笹崎アナに話を戻そう。非常に美しいルックスでスタイルも良く、「華がある」ということでは、フジテレビの加藤綾子アナ並みとも言われている笹崎アナが、同期の平松修造アナ、尾崎里紗アナと『スッキリ!!』に生出演した。

 当然、あのネタでイジッたのはMCの加藤浩次。「いろいろあったから…」と切り出したのである。それでも笹崎アナは顔色を変えず、「頑張ります!」と。さすがにハートの強いところをみせていた。

 実は日テレ社内でも、「とりあえず、最初はイジらないワケにはいかないだろう」と、ずっと言われていて、「まず、さんまさんにイジッてもらえれば…」という声も出ていたと聞いたことがある。が、『踊る!さんま御殿!!』の女子アナ特集に彼女の名前はまだ入っていない。

 彼女と同期のアナは気の毒だと思う。長身で華のある笹崎アナと並んでいるからなのか、尾崎アナは見るからにフツーのお嬢さんというカンジだったし、平松アナは松岡修造と一字違いということぐらいしか特徴はなかった。

 そんな彼らが出演したコーナーは、最新グルメを紹介するVTRコーナーだったのだが、驚いたのは、ワイプで抜かれているときの笹崎アナの顔だった。

 平松アナが小さく驚いたり、頷いたり、尾崎アナがただニコニコ笑っているだけだったのに対し、笹崎アナは、目を大きく見開いたり、読唇術ができなくても何て言っているかわかるように口を大きく動かし続けて感想を言ったり…と、VTR中ずっとリアクションをしていたのである。

 さらに、自分がワイプの中に居るのをわかっていて平松アナに話しかけたりしているのだ。これは、かなり上級者のワイプ芸とみた。

 この大物ぶり。誰に似ているかといえば、やはりカトパン=加藤綾子だろう。『めざましテレビ』(フジテレビ系)オンエア中、顔芸ともいうべき、さまざまなリアクションをとる加藤アナ。アラサーアナならではの自信と余裕の結果でもあるが、新人アナなのに、それをやれちゃう笹崎里菜アナ。やはりタダモノではなかったのである。

関連記事

トピックス