• TOP
  • 芸能
  • 福山雅治 ライブで7万人の大観衆に投げキッスを繰り返した

芸能

2015.08.20 07:00  女性セブン

福山雅治 ライブで7万人の大観衆に投げキッスを繰り返した

デビュー25周年ツアーで24万人を動員した福山雅治

 ライブはもう終わっていた。だが、福山雅治(46才)はなかなかステージの袖に下がろうとしない。午後8時30分すぎ。開演からもう3時間以上が過ぎていた。

 最後のアンコール曲の『家族になろうよ』(2011年)を歌い終え、7万人の万雷の拍手が鳴り止んでも、福山はステージ上で何度も何度も頭を下げ、大きく手を振り続けた。中継カメラにマジックペンでサインを書くと、巨大スクリーンに大映しになった。帰途につこうと動き出すファンの背中に、照れ屋の福山にしてはめずらしく、投げキスを繰り返した──。

 8月1日、2日の大阪『ヤンマースタジアム長居』からスタートした福山のデビュー25周年野外ライブツアー『福山☆夏の大創業祭2015』。8日、9日には神奈川『日産スタジアム』で2夜連続のライブを実施し、観客動員数は4公演で24万人に達した。

 ライブでは今クール絶好調のドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の主題歌で、25周年記念シングルに収録された新曲『I am a HERO』など全30曲を熱唱。笑いが巻き起こったり全員総立ちでスウィングしながらの大合唱があるなど大盛り上がりのステージとなった。

 しかし8月9日は、長崎に原爆が落ちてちょうど70年目の節目の日。被爆二世であることを明かしている福山が『クスノキ』(2014年)を切々と歌い上げる場面もあった。

 これは、長崎の山王神社の境内にそびえ立つ高さ10m、東西40m、南北25mに伸びる巨大な楠。樹齢700年を誇り、黒焦げになりながらも70年前の原爆投下を生き延び、地元民からは「被爆大楠」と呼ばれる神聖な巨木のことだ。

《我が魂はこの土に根差し決して朽ちずに決して倒れずに》

 そんなクスノキの歌詞。苦しい時もつらい時も、つねに前を向いて走り続けた福山の生き様とも重なり、ファンは静かに耳を傾けていた。

「俳優業でブレークしたけどもともと、福山さんがなりたかったのはミュージシャン。彼はライブをとても大切にしていて、コンサートの前に必ずいちばん後ろの席からステージをじっと眺めるんです。どうすれば最後尾のファンにも楽しんでもらえるかを考えるためです。今回は場内に500mに及ぶ回廊を設置し、そこを福山さんが走り回ったので、どの席に座ったファンも楽しめたと思います」(福山を知る音楽関係者)

 冒頭のスタジアムライブ最終日、福山と親しい多くの著名人も駆けつけた。ドラマ『ガリレオ』(2007年、フジテレビ系)で初共演してから大のファンになったという天海祐希(48才)、NHKのドキュメンタリー番組や雑誌で対談した滝川クリステル(37才)、同じ九州出身で映画『そして父になる』(2013年)でも共演した親友のリリー・フランキー(51才)らがステージ上の福山に熱視線を送っていた。

 女性人気が抜群の福山だが、ラジオでの下ネタ満載のぶっちゃけトークなど、飾らない言動で男性ファンからも多く愛されている。今回のライブでも、福山が「男性の皆さん、『フクヤマ』って声をかけてもらっていいですか?」と聞くと、「フクヤマ~!!」という野太い声が大きくこだましたほどだった。

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス