• TOP
  • ビジネス
  • AKB卒業の松井咲子 今後ラジオやイベントを積極的にしたい

ビジネス

2015.09.23 07:00

AKB卒業の松井咲子 今後ラジオやイベントを積極的にしたい

AKB48卒業後の抱負について語る松井咲子

 この8月、晴れてAKB48を卒業した松井咲子。将来のために投資を学ぶシリーズ「松井咲子のFXバイエル」でFX取引の講師役を務めるセントラル短資FX代表取締役社長の松田邦夫さんが、卒業についてとこれからの抱負を松井に聞いた。

松田邦夫(以下、松田):このたびは、ご卒業おめでとうございます。

松井咲子(以下、咲子):ありがとうございます(笑)

松田:AKB48には、何年間在籍しておられたのですか?

咲子:ほぼ7年間です。

松田:小学校の6年より長い期間在籍した場からの卒業になるわけですね。感慨もひとしおだったのではないですか?

咲子:はい。ただ、AKB劇場で卒業公演をやってもらって分かったのですが、卒業する方はあまり悲しくならないんですね。見送る方が悲しい気持ちになっちゃう。私も見送るときには何度も泣いてしまいましたが、自分のときは泣くこともなく、笑顔で終われました(笑)。

松田:確かに、私も30年以上に及ぶ日銀勤めを卒業して当社に入ったときは新しい分野へのチャレンジということで、感慨より期待が大きかったですね。泣いて送ってくれた人はいませんでしたけど(笑)。おっと、松井さんの卒業と一緒にしてはいけないですね。ところで、いつごろから卒業を考えておられたのでしょうか?

咲子:いつかは卒業するということは、少し前から頭の中にはありました。きちんと考えたのは、今年の3月にチームのメンバーをシャッフルすることになって、別のチームになる可能性があったときです。別のチームに入ったら、そこで活動しているうちに、きっといろいろと愛着が沸いてしまって、卒業するタイミングがかなり先になるな、と思ったんです。

 また、4月から新しい大学に編入することになっていましたので、学校もかなり忙しくなる。学業もAKBも中途半端にはしたくなかったので、それなら、卒業を決めた方がスッキリすると考えました。

関連記事

トピックス