国内

最新国内記事のRSS

山口組分裂で抗争本格化の可能性 ヤクザライター2氏が対談

2015.10.17 07:00

 山口組分裂で、ついに殺し合いが始まった。10月6日正午過ぎ、長野県飯田市のホテル前で暴力団関係者の男性が頭部を拳銃で撃たれ殺害される事件が発生、山口組系傘下団体の幹部が逮捕された。男性は新組織・神戸山口組へ移籍しようとしており、トラブルに

 山口組分裂で、ついに殺し合いが始まった。10月6日正午過ぎ、長野県飯田市のホテル前で暴力団関係者の男性が頭部を拳銃で撃たれ殺害される事件が発生、山口組系傘下団体の幹部が逮捕された。男性は新組織・神戸山口組へ移籍しようとしており、トラブルになったという。本格的な抗争勃発に備え緊張が高まるなか、溝口敦氏(ノンフィクション作家)と鈴木智彦氏(フリーライター)、当代ヤクザライターの2トップが緊急対談した。

──今回の射殺事件から本格的な抗争に発展する可能性はあるのか?

溝口:今回の件では、ないと思います。殺したのは同じ組の兄貴分だそうですが、神戸山口組の見解は、移籍が完了していたわけではないから、六代目山口組系の組織内での“内紛”であるということで、神戸側が報復することは考えられない。

鈴木:殺しにまでなったのだから、実際には神戸側と盃を交わすなどの重大なアクションがあったはずですが、今回の事件はあまりにも偶発的すぎるので、双方ともここから火がついたらまずいと思っているはず。ただ、偶発的にせよこういう事件が起きるのは、マスコミの騒ぎが沈静化して年をまたいでからと思っていたから、案外早く起きたなという印象です。

溝口:当面、お互いのシノギを侵食し合う「経済戦争」が起きて、その後に暴力による抗争になるはず。半年もすれば、何件か事件が起きるでしょう。

鈴木:よく「抗争になりますか?」と聞かれるんですが、今回のことで抗争にならなかったら、もう暴力団じゃないっていうくらい、あり得ない事態ですから。

──二人にとっても分裂は想定外の事態だった?

溝口:私は昨年6月の時点で、直系組長のひとりから「我々は立ち上がります」と聞いていましたから。ただその時点では、分裂しようとしても途中で圧殺されるんじゃないかと危惧していましたが、分裂する今年8月末に近づくにつれて詳細な情報が入ってきて、「ああ、やったのか」と。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP