国際情報

最新国際情報記事のRSS

中国・台湾「反日同盟」結成で暗躍する「星雲大師」の正体は

2015.11.16 07:00

 中国の習近平国家主席と、台湾の馬英九総統が11月7日、シンガポールで首脳会談を行なった。この中台首脳会談の日本への影響は、計り知れない。中国の膨張を手前で食い止めてきた台湾が、もし中国に呑み込まれれば、日本は危機的状況に追い込まれることに

 中国の習近平国家主席と、台湾の馬英九総統が11月7日、シンガポールで首脳会談を行なった。この中台首脳会談の日本への影響は、計り知れない。中国の膨張を手前で食い止めてきた台湾が、もし中国に呑み込まれれば、日本は危機的状況に追い込まれることになるからだ。その歴史的事件の“仕掛け人”が、台湾で知らぬ者はない「超大物宗教家」だという。

 この人物こそ台湾の高雄市に総本山を置く佛光山寺の開祖である李国深氏、通称“星雲大師”である。

 彼は1927年に中国江蘇省揚州に生まれ、12歳で仏門に入り、1949年に蒋介石軍とともに台湾に渡った典型的な外省人である。1967年に佛光山寺を開山し、1992年に教団組織として「国際佛光会」を発足。ここ10数年で教団は急激に成長し、公称信徒は日本を含め約300万人、教団所属の僧侶は世界中に1500人いるとされる。台湾でも有数の巨大教団で、星雲大師は88歳となった今もトップに君臨している。

 星雲大師は国民党の党員で、党の顧問や中央評議員も務めた経験があり、中台双方の政治家に幅広い人脈をもつ。中国にも講演などで頻繁に渡り、両岸交流にも非常に熱心だ。

 中国国営メディアの人民網(2013年2月28日付)では、大師と習氏が会談したことを大きく報じ、〈大師は「浙江省で2006年に習総書記にお会いして以来、私たちは古い友人同士なのです」と笑顔で答えた〉と伝えている。

 彼が会談の仕掛け人と目される理由について、元警視庁通訳捜査官(北京語担当)で中国情勢に詳しい坂東忠信氏はこう語る。

「僧侶なのに非常に政治的な発言が多く、台湾では“政治和尚”というあだ名もつけられているほど。馬総統とも親しく、習主席とも何度も会談している。両者に歩調を合わせるように『中台統一』を主張し、中台首脳会談についても、馬総統に『ぜひ行なうように』と後押しする発言を繰り返してきました」

 星雲大師は、かつて「台湾に台湾人はいない。みな中国人だ」と発言している。そうした考えを背景に、馬総統と習主席の両者と直接的な人脈をもつからこそ、中台の要人たちがこぞって彼を頼ることになるのだ。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP