• TOP
  • ライフ
  • 酒とダイエット むくみ気になるならビールより白ワイン

ライフ

2016.01.03 07:00  女性セブン

酒とダイエット むくみ気になるならビールより白ワイン

「正月太り」なんていう言葉があるが、食べては寝てを繰り返した結果、見事に数キロ体重を増やしてしまう人も多いだろう。そして、正月は酒を飲む機会も多く、その酒もまたやはり太る原因となる。

 正月に酒を飲む場合、ビールや日本酒を選びがちだが、糖質が多いので控えたい。糖質とは、炭水化物や甘いものに多く含まれるエネルギー源で、摂りすぎると、皮下脂肪のもとになる。糖質を気にして手に取ってしまうのが、ノンアルコールや糖類オフのドリンク。実はこれも選び方を間違えると太る原因に。管理栄養士の平原あさみさんはこう話す。

「糖類オフとは、ブドウ糖、果糖といった単糖類、二糖類が入っていないだけで、それ以外の糖は含まれています。選ぶなら、糖質が一切入っていない糖質ゼロを。ノンアルコールドリンクにも糖質が多く入っています」

 とにかく、成分表示のチェックは忘れないようにしよう。

 ちなみに、ダイエットやむくみが気になるなら、日本酒やビールより白ワインを飲むとよい。AGE牧田クリニック院長の牧田善二さんはこう説明する。

「白ワインは余分な水分を排出するカリウムが豊富なので、むくみ対策にピッタリ。さらに、代謝に必要な有機酸が多い。つまり、食べすぎても、白ワインが代謝を活性化し、ぜい肉を作るのを阻止してくれるのです」

 また、1回の食事につき一緒に約1リットルの水を飲むと、代謝をよりアップさせるのでおすすめだ。

 酒を飲む際、肝機能を助けるためにウコンを摂取することも多いだろうが、実はウコンにダイエット効果があるという。

「ウコンは中性脂肪の増加を抑え、コレステロールを低下させます」(平原さん)

 ウコンというとドリンク剤を選びがちだが、糖類が多いので、やせたいなら錠剤やパウダータイプがおすすめ。

「カレー粉にはウコンが豊富。なますや煮しめに加え、正月料理をリメイクするのも手。市販のカレールウは糖質が多いので避けて」(平原さん)

※女性セブン2016年1月7・14日号

関連記事

トピックス