• TOP
  • 芸能
  • 坂上忍 子役養成学校生徒の活躍に「自分の事以上に嬉しい」

芸能

2016.02.07 07:00  週刊ポスト

坂上忍 子役養成学校生徒の活躍に「自分の事以上に嬉しい」

仕事漬けの日々を送る坂上忍に密着

 昨年1年間のテレビの出演本数455本は、全タレントの中で5位となった坂上忍(48)。現在、レギュラー8本、準レギュラー2本に加え、単発の番組出演や雑誌の連載を抱えるなど、かつて天才子役と呼ばれた芸歴45年の男は、仕事漬けの日々を送っている。

 現在、生活の中心となっているのが『バイキング』(フジテレビ系)。31年余続いた『笑っていいとも!』を引き継いだ当初は月曜のみの司会だったが、昨年3月から月曜から金曜まで総合司会を任されることになった。

「帯になると感覚が全く違いますね。ホント、大変なんです。これまで視聴率なんて気にしたことがなかったけど、『バイキング』だけは別。ドラマなら主役、バラエティなら司会者が番組全体の責任を持たねばならないと思っているので、レギュラー陣やゲストの方が楽しめる場をいかに作り上げるかということを、スタッフと一緒に毎日角突き合わせてやっています」

 仕事はこれで終わりではない。週末の土日も、40歳を過ぎて後世に残すべきことは自らの経験であると気づき、2009年に開校した子役養成学校「アヴァンセ」で170人以上の子供たちに演技指導する。月に1回、親を交えた三者面談も行ない、指導用の台本も坂上自身が書く。

「生徒は自分の養子だと思っています。『休みがなくなるのに、よくやりますね』といわれますが、バラエティ番組に出始める前から始めているので、僕にとってのベースはこっちなんです。最近はテレビに出る子も増えてきて、画面に映った姿を見ると、自分のこと以上に嬉しくなってしまうんです」

 ただし、演技指導は厳しく、子供だからといって容赦はしない。ある日のこと、3人一組で芝居の稽古をした後、坂上が1人に「リズムが悪い」とダメ出しをした。すると、別の1人が「うん、うん」と声に出して何度も頷いたという。

関連記事

トピックス