• TOP
  • ライフ
  • 「歯舞」よりレベル高い「ニュース難読漢字」をテスト

ライフ

2016.02.13 16:00  NEWSポストセブン

「歯舞」よりレベル高い「ニュース難読漢字」をテスト

この漢字、どう読むかわかる?

 島尻安伊子・沖縄北方担当相が「歯舞諸島」が読めずに話題になった。だがニュースには難読漢字が山ほどある。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が、みなさんが恥をかかないようチェック問題を作ってみた。

 * * *
「ハボ、ええっと、なんだっけ……」のひと言は、日本中を驚愕と苦笑の渦に巻き込みました。「歯舞」の漢字が読めずに言葉に詰まったのは、よりによって北方領土問題を担当する島尻安伊子・沖縄北方担当相。正解はもちろん「ハボマイ」です。

 かつては麻生太郎元首相が「未曽有」を「ミゾウユ」、「踏襲」を「フシュウ」など大胆な読み間違えを連発して、日本国民を不安に陥れました。大人にとって漢字の読み間違えは、一気に評価を下げたり「なるほど、そういう人だったのか」というレッテルを貼られたりする極めて恐ろしいアクシデントです。

 事情通を気取ったつもりが大恥をかいてしまうなんてことにならないように、「読みづらいニュースな固有名詞」の読み方を押さえておきましょう。というわけで、あなたの「大人の漢字力」をチェック。次の10の固有名詞はなんて読むでしょうか。

1.野村空生
2.平昌オリンピック
3.東倉里
4.志発島
5.有安杏果
6.川谷絵音
7.川内原発
8.菅義偉
9.忽那汐里
10.楚辺通信所

 はい、お疲れさまでした。では答え合わせです。

 1の野村空生の読みは「ノムラタカキ」。現在「清原の元同僚」として大ブレイク中の野村貴仁氏が、巨人在籍中の2000~2001年に使っていた登録名です。2は2018年に開催される冬季オリンピックで、平昌は「ピョンチャン」と読みます。3の東倉里は「トンチャンリ」。今月7日に北朝鮮がミサイルを発射したとされる発射場がある場所です。

 島尻沖縄北方担当相にもぜひご記憶いただきたいのが、4の志発島。読みは「シボツトウ」で歯舞群島を構成する島のひとつ。同じ歯舞群島仲間では「秋勇留島(アキユリトウ)」や「勇留島(ユリトウ)」も覚えておくと、何かのとき(何のとき?)に威張れます。

 5の有安杏果は、人気絶頂のアイドルグループ・ももいろクローバーZの一員で「アリヤスモモカ」と読みます。担当はグリーン。6の川谷絵音は復習問題。そもそものグループ名のせいもあって、さんざんゲス呼ばわりされたこの男性の名前の読み方は「カワタニエノン」です。

関連記事

トピックス