• TOP
  • ライフ
  • ブスが輝く社会到来 美人はむしろ損することが多い

ライフ

2016.06.02 16:00  女性セブン

ブスが輝く社会到来 美人はむしろ損することが多い

高畑充希らと「ブス会」を結成

 美人とブスの経済格差は生涯賃金で3600万円――。こんな数字を導き出したのはアメリカの経済学者、ダニエル・ハマーメッシュ。多くの男女の見た目を5段階評価したうえで、それぞれの収入を調べると、平均点(3点)の女性を基準にした場合、4~5点の女性は、平均女性よりも8%収入が多く、1~2点の女性は4%少ない、という結果に。

 これを大卒のサラリーマンの生涯賃金(平均約3億円)にあてはめると、美人は約2400万円トクして、ブスは約1200万円の損をして、その格差が3600万円になるというのだ。

「美人ってだけで、あの人、トクしてるわよね」

 誰もが、きっとどこかで一度は見聞きしたこのせりふは、確かに根拠があったというわけだ。しかし今、美人よりブスの方が輝く社会になっているといっても過言ではない現象が起きている。

 芸能界に数ある友達の輪の中でも、今もっとも熱視線を集めているのが「ブス会」。メンバーの前田敦子(24才)は元AKB48の絶対的エース。そして高畑充希(24才)は、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロイン。放送開始から視聴率20%超えをキープするという記録を更新し続けている。

 一方で蜷川幸雄さん(享年80)の急逝に、寺島しのぶ(43才)が「お前はブスだから、誰もが黙る演技を身につけろ」と言われた過去を明かし話題になった。今や世界が認める大女優になった原動力が「ブス」という言葉だったようだ。

 東京・高田馬場の駅前の雑居ビルにある『BAR信』は、飲み屋がひしめく地元でも有名な老舗だ。そして同店の看板には『美人半額ブス無料』という文字がはっきり書かれている。

「美人の方がトクをする」という、これまでの常識を覆すこの文句の意図はなんなのか? 店長の本多俊昭さんに話を聞いた。

関連記事

トピックス