• TOP
  • 芸能
  • 青木崇高 優香の新居からご近所スタイルで登場

芸能

2016.06.15 16:00  女性セブン

青木崇高 優香の新居からご近所スタイルで登場

優香と暮らす新居から出てきた青木崇高

 都心にあって緑多い閑静な住宅街の一角、淡いピンク色の低層マンション──優香(35才)が1年ほど前から住む“新居”だ。150平方メートルの広さに、30畳を超えるゆったりしたリビングでくつろぐのが最近の休日の過ごし方。その風景に、最近カレが加わった。自らのマンションを解約して、優香の自宅に引っ越してきたのがこの春のこと。そして…。

《生命力にあふれ、思いやりのある彼との日々はとても穏やかで、幸せを感じながら過ごしています。お互いを支え合い、ずっと笑っていられる家庭を築けるよう、努力していきます》

 6月13日、優香は結婚をそう報告した。交際半年でのスピード婚。「長い春」を繰り返してきた彼女の最終決断は早かった。

 お相手の青木崇高(36才)は『99.9 —刑事専門弁護士—』(TBS系)や『トットてれび』(NHK)など今クールも話題のドラマを掛け持ちする、185cmの長身にほりの深い顔が印象的な人気上昇中のワイルド系俳優だ。きっかけは今年1~3月に放送されたドラマ『ちかえもん』(NHK)での共演だった。

「6年前に共演したことがあって、このドラマで再会。青木さんが猛アタックしたそうです。当初優香さんはすごく戸惑っていたんですが、彼の方はお構いなしにガンガン押しまくった。結局、優香さんが根負け。交際をスタートさせたそうです」(ドラマ関係者)

 交際当初は慎重なそぶりを見せていた優香だったが、彼に一気に引き込まれていった。

「青木さんは本当にオープンなんです。ドラマの打ち上げではスタッフの一部に“実は優香さんとつきあっています!”って発表していたくらい。主演の松尾スズキさん(53才)も知るところで、“優香ちゃんのことタイプだったのに!”って悔しそうにしてましたから」(前出・ドラマ関係者)

 結婚報告の数日前、冒頭のマンションを後にする青木の姿があった。黒いTシャツにスエットパンツ、足元はビーサンのすっかり“ご近所スタイル”。友人の平岳大(41才)と合流すると中華料理店へ。その後、銀座や原宿をブラブラし、再びふたりの“新居”に戻っていった。

「過去の恋愛はなにかと制約があったり、我慢を強いられることも多かった優香ちゃんにとって、青木さんのあまりの堂々っぷりは新鮮に映ったようです」(優香の知人)

※女性セブン2016年6月30日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス