• TOP
  • 国内
  • 高齢出産の時代 乳がん発見治療と妊娠出産の両立が課題

国内

2016.06.24 16:00  女性セブン

高齢出産の時代 乳がん発見治療と妊娠出産の両立が課題

小林麻央の乳がん治療は女性たちに衝撃を与えた

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)は、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33才)が、1年8か月前から乳がんの治療中であることを明らかにした。このニュースは、ママたちに大きな衝撃を与えているという。

 小林麻央は第1子を2011年7月に29才で出産、続いて2013年3月に第2子を出産している。つまり麻央は、2011~2013年まで妊娠と出産が続いた。それゆえママたちの衝撃は一層大きい。2人の子供を持つ菅野綾香さん(32才・主婦)もそのひとり。

「これまでも乳がんにかかった芸能人が話題になっていましたが、みんな年齢が自分より上だしなって思って、どこか他人事というか…。だけど、麻央さんのように子供を2人産んで、若くて、それでも乳がんになるんだと思いました」

 乳がんにかかるリスクは出産経験がない女性や高齢出産の女性のほうが高いというのが定説。女性ホルモンにさらされる時間・時期が多いほど乳がんリスクは高まると考えられている。つまり、生理周期を繰り返す人が乳がんになりやすいということだ。しかし半面、妊娠、出産、授乳中は、乳がんが見つかりづらい状況でもある。かまくら乳がんセンター長・土井卓子先生が説明する。

「一般的に妊娠・授乳期は、乳腺が張っていたり硬かったりするから異常が見つかりにくいんです。また、乳がんは一般的にいわれるように、確かに45才以上に多い病気ですが、多くの女性が20代で出産していた昔と違い、今は35才以降で出産する人も多い。30代で乳がんにかかって妊娠・出産期と重なることも増えてきました。たとえば30才でがんが見つかったとしましょう。その人が早く子供がほしいと望んでいても、ホルモン治療を何年も続ければその間の出産が難しくなります。ですから最近は、妊娠・出産と乳がんの発見治療をどう両立させていくかが大きな課題です」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス