• TOP
  • 国内
  • 「北海道」と「駅ナカ」が幸運! 宝くじ高額当せん売り場

国内

2016.07.01 16:00  女性セブン

「北海道」と「駅ナカ」が幸運! 宝くじ高額当せん売り場

「ホラ見てくださいよ! 予想的中です!」。ドヤ顔の女性セブン宝くじ担当K記者は、周囲の視線もかまわず声を張り上げた。

「本誌が今年取り上げた『北海道』『駅ナカ』の売り場で、高額当せんが続出したんです。ココもココもココも、7億円ですよ!」

 K記者が担当した記事は『駅ナカ売り場が狙いです!』(女性セブン2月18日号)、『北海道の“新幹線パワー”で当てる!』(女性セブン5月26日号)の2つ。今回のドリームジャンボでは1等5億円が15本、前後賞1億円が30本の計45本の億当せんが発生したが、そのうち15本、実に35億円が「北海道」「駅ナカ」売り場から出たのだ。風水師の伊藤夢海(ゆみ)さんが解説する。

「北海道は、今年3月に北海道新幹線が開通し大フィーバー。往来が増えると、運気も人の波に乗って集まってくるんです。駅ナカ売り場も同じで、多くの人が集まる場所に金運が集まります。加えて今年は申年。猿が群れをなして暮らすことから、人の集団に幸運が寄ってくる年です。北海道や駅ナカに高額当せんがたくさん出たのは当然の結果といえます」

 それでは、具体的に「億当せん売り場」の幸運の秘訣をひもといていこう。

 まずは、北海道旭川市の『旭川駅前チャンスセンター』。1972年に始まった日本初の恒久的歩行者天国である「平和通買物公園」という大通りの目の前で、多くの観光客が行き交う場所にこの売り場はある。

「2014年に約16年間続いた駅周辺の再開発プロジェクトが完了したとたん、地域医療等振興自治宝くじの2等1000万円が出ました。さらに昨年ドリームジャンボミニで1等7000万円。今回のドリーム7億円で3年連続の高額当せんですから、この先もどんどん大当たりを出していきたいですね」(豊田店長)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス