芸能

二宮和也と交際の伊藤綾子アナ さんまも舌を巻く「魔性」

さんまいわく「魔性の女」(事務所HPより)

 嵐・二宮和也(33才)との交際が報じられたフリーアナの伊藤綾子(35才)。事情を知る関係者は、こう話す。

「伊藤さんは彼との交際を家族や本当に身近な人にしか明かしていません。ただ“名前は言えないんだけど、有名な俳優さんとおつきあいしている”という話を嬉しそうにすることはある。確かに二宮くんなら、アイドルや歌手ではなく、『俳優』というのもわかりますよね」

 メンバーのなかでも二宮はアイドルという枠にとらわれず、俳優としても確固とした評価を得ている。この3月、第39回日本アカデミー賞では『母と暮せば』(山田洋次監督)で吉永小百合(71才)の亡き一人息子を演じて、最優秀主演男優賞に輝いた。これなら確かに「アイドル」ではなく、「俳優」といえるだろう。

 現在、夕方のニュース番組『news every.』(日本テレビ系)で、「カルチャー&スポーツ」などを担当する伊藤アナ。もともとは大学卒業後、2003年に地元の秋田放送に局アナとして入社。2007年9月にフリーに転じると、翌月から『news every.』の前身のニュース番組に抜擢され、現在も出演を続ける。

 地方局出身の女子アナというと「上昇志向が強く、野心がある」(テレビ局関係者)というが、彼女はひと味もふた味も上手だという。

「女性キャスターの中でいちばん大物の恋人を掴むのは彼女だといわれていました。自らを全面に押し出す厚かましさはないのに、いつのまにか中心にいる。優等生なことを話していても、隠しきれないフェロモンが香ります。自分に気があるんじゃないかと勘違いする男性スタッフが多いのは、とにかく会話するときの距離が近いからですね。

 それでいて、プロ野球選手やIT経営者が言い寄っても“私は田舎者だからそういうノリについていけないんです”と控えめで、合コンに行くこともない。だから、今まで浮いた話が一つもなかったんです」(伊藤アナを知る芸能関係者)

 2012年末に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際も目を引いた。言葉遣いは美しく、背筋をピンと伸ばし、後列にもかかわらず斜めに揃えた脚が崩れることはない。伊藤アナは「私は人のことをなかなか好きにならないんです。『好きになるスイッチ』を(誰かに)押してほしいな」と告白し、司会の明石家さんま(61才)をして「おれの目を見ていいよんねん。“魔性の女”やなァ」と言わしめた。

※女性セブン2016年7月21日号

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン