• TOP
  • 芸能
  • 橋本マナミに下着を貸した長澤まさみの「気配り力」

芸能

2016.08.06 07:00  週刊ポスト

橋本マナミに下着を貸した長澤まさみの「気配り力」

長澤まさみが気配り力を発揮

“国民の愛人”こと、Gカップグラドルの橋本マナミ(31)から飛び出した「パンティ発言」が、世の男性を悶々とさせている。

〈「下に何かはいてますか?」と言われたけど、何もはいていなかったので、長澤(まさみ)さんが自分の下着を脱いで貸してくれました〉

 バラエティ番組などで人気の橋本は、最近では女優としても活躍しており、大河ドラマ『真田丸』(NHK)には細川忠興の正妻・細川ガラシャ役で出演中。「“国民の愛人”が正妻を演じられるのか」と話題になった。NHK関係者がいう。

「橋本さんは、大河出演が決まってから熱心にガラシャについて調べていて、“絶世の美女”と呼ばれていたことを知って大喜びしていた。エステの回数を増やしたり、すごく気合いを入れているそうです」

 そんな橋本がウェブマガジンのインタビューで、共演者の長澤まさみ(29)との関係を聞かれたときに答えたのが冒頭のエピソードだ。

 長澤がパンティを脱いで、橋本が、その脱ぎたてのパンティをはく──。この生唾モノのやり取りは、リハーサル時に長澤が、橋本の衣装のお尻部分が破けているのを見つけたことで生まれたという。

「ちょっとお尻が破けただけでそこまで?」と疑問に思うかもしれないが、橋本は「ノーパン派」として有名なタレント。テレビ番組では、「普段も露出癖が……。私服の時、ノーパン・ノーブラでいるとドキドキする」と告白し、視聴者を興奮させてきた。長澤もその“性癖”を知っていたから「はいてますか?」と尋ねたのだろう。

 にわかには信じがたい長澤の“気配り力”だが、序盤から出演シーンが多かった彼女は、『真田丸』女優陣の間で「座長」のような役割を担っているという。

「橋本さんより年齢は下ですが、女優歴では大先輩。暑くなってきた今の時期は、ロケ弁を避けてNHKの食堂で食事を摂ることが多いが、その際も彼女が中心に座って、松岡(茉優)さん、橋本さんら若手女優陣のテーブルを率先して盛り上げている。撮影の合間も他のキャストのことを凄く気にかけています」(前出・NHK関係者)

 パンティを貸すのも「先輩の務め」のようです。

※週刊ポスト2016年8月12日号

関連記事

トピックス