国内

パパ活女子 貧困と貞操の間で揺れる乙女心

パパ活は経済的支援ばかりが目的とは限らない(写真:アフロ)

 NHK地方局の契約女子アナが愛人バンクに登録していたことでも話題を呼んだ“パパ活”──。ひと昔前の言葉を借りれば「若い女性のパトロン探し」ということになるが、近年、パパ活に励む女性たちの目的は曖昧なところもある。

 男女の恋愛問題に詳しく、近著に『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書)があるライターの亀山早苗氏が、当世パパ活女子の生態に迫った。

 * * *
 パパ活という言葉をちらほら聞くようになった。デートしたり、ときには一晩を一緒に過ごしたりすればお金をくれる……そんな「パパ」を求めている女性が増えているという。

「それって愛人になるということじゃないの?」と思う人も多いだろう。だがパパ活というように、男性に求められてそうなるというより、あくまでも女性側の視点で語られているところが肝である。

●性的な関係はないけれど

 では実態はどうなのだろうか。

「うちはあまり裕福ではないから仕送りがほとんどないんです。だから少しでも生活費を稼ぎたい。でもアルバイトでは追いつかなくて」

 そう言うのは、大学生のミカさん(21歳)。ごく普通のまじめそうな学生だ。1年ほど前、アルバイト先の社長から、「取引先との食事とお酒につきあってくれたら、特別手当として2万円払う」と言われたのがきっかけだった。

 場を盛り上げ、カラオケでは歌って踊った。取引先がいたく喜んだということで、社長が3万円くれた。それ以降、社長は仕事でも、そしてプライベートでも彼女を呼び出すようになった。

「気づいたら、社長とふたりきりで食事ということが多くなっていた。帰り道などで求められれば手をつなぐことはあるけど、社長はそれ以上は要求しない。これって案外、いいバイトだと思ったんです。友だちに言わせれば『肉体関係をともなわない愛人みたいなもの』だと。ただ、それでお金がもらえるならむしろありがたいとさえ思っていました」

 社長の友人と3人で食事に行ったこともある。そんなときは手当が増える。割りのいいバイトだと彼女は割り切っている。もしも社長が性的な関係を要求してきたら、そのときに考えると笑顔を見せた。「恋愛」とは異なっていても、彼女の中にも何かしらの「情」がわいてきているのかもしれない。

 今の時代、女性は非正規で雇用されているケースが多い。契約や派遣でどんなにがんばって働いても、生活は潤わず、将来への不安は常につきまとう。

 そんな状態で、“パパ”を求める女性がいても不思議はない。その昔、友人が「愛人バンク」に登録していて、「週一で彼がやってきて月に20万もらえる」と聞いたとき、それはそれで羨ましいと別の友人たちと話したものだ。

 普通の「不倫」ときっちりお手当をもらっての「愛人」と何が違うのだろう。恋だの愛だのと精神論を振りかざすより、女性の生活のめんどうを見ようとするだけ男として潔いのではないか。もっといえば女性が生活をめんどうみてもらおうと考えた上での結婚だって似たようなものではないか。

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン