• TOP
  • ライフ
  • 【晩婚考現学】44歳香織 慶應卒より英会話講師選んだ理由

ライフ

2016.11.12 16:00  NEWSポストセブン

【晩婚考現学】44歳香織 慶應卒より英会話講師選んだ理由

人生を楽しみたい気持ちが勝った(写真:アフロ)

 40代で結婚した女性たちの実情リポートする【晩婚考現学】シリーズ。第2回は、10歳下の外国人男性と結婚した「44歳 香織の場合」をお届けする。晩婚化、非婚化が進むいま、40代男性の未婚率は約3割となり、女性も2割に迫ろうとしている(平成27年国勢調査速報値より)。一方で、結婚願望を抱き続ける人もいる。結婚相談所や婚活サイトの利用者は3年連続で増加しており(「婚活実態調査2016」)、「結婚」したい男女の奮闘は続いている。そんな中、40代で結婚を果たした女性たちは幸運なのか、必然なのか。44歳、香織の決断とは。

* * *
■映画のワンシーンみたい

 結婚して半年になります。それまでの生活と180度変わりましたね。彼は料理が得意で、毎日、朝食を作ってくれるんです。みそ汁や卵焼きの匂いに誘われて目を覚ますなんて、それまでの生活では考えられませんでした。ええ、幸せですよ。喧嘩も多いけど(笑)。歳も離れているし、歩んできた国も人生も違うから、それは織り込みずみですけどね。

 彼はオーストラリア人の34歳で、英会話講師をしながら、レストランでアルバイトもしています。独身時代、私はほぼ毎日、外食をしていたのですが、結婚してから、できるだけ家で彼と食卓を囲むようになりました。おかげで健康になった気がするし、節約もできています。彼の生活は安定していないから、「節約」は二人の合言葉なんです。これも、独身時代には考えられなかったこと。

 出会いは英会話学校ですね。彼の生徒ではなかったのですが、学校が主催するサマーパーティーに参加して、出会いました。その日、私は仕事帰りだったんです。顧客とのハードな会議の後で、疲れきっていました。そんな私を見かねたのでしょう。彼が声をかけてくれたんです。「リラックス、カオリ! 仕事より、人生を楽しまなくちゃ」と、英語で。映画のワンシーンみたいだなと思いました(笑)。

 前日は会議の準備でほぼ徹夜で、へとへとだった私の体に、彼の言葉がしみわたりました。その後、「今日はどんな仕事をしてきたの?」と聞いてくれて、私は、その日あったことをまくしたてた記憶があります。当時の私の生活は、ほんとうに、仕事一色でしたから。

 私が44歳で結婚、それも外国人と結婚するなんて、両親も周りの友人も驚きました。でも、私自身は、40歳を過ぎた頃から、そういうことがあったらいいなという漠然とした願望を抱いていたような気がします。外国人と結婚したい、というより、何か生活を大きく変えるきっかけを求めていたんです。

関連記事

トピックス