• TOP
  • 国内
  • 50過ぎでの結婚 出産や親の不介入などのメリットあり

国内

2016.11.27 16:00  女性セブン

50過ぎでの結婚 出産や親の不介入などのメリットあり

“結婚報道”で世間を驚かせた阿川佐和子さん(63才)

 11月15日発売の『FLASH』がタレント、エッセイスト、小説家などマルチに活躍する阿川佐和子さん(63才)の熟年ロマンスを報じた。

 お相手は阿川さんより6才年上の慶応大学元教授・Aさん。阿川さんはもともとAさんの妻と友人で、Aさん自身とも30年以上の友人関係にあったという。

 最近は芸能界でも、50代、60代での「熟年大人婚」は珍しくなくなった。桃井かおり(65才)は昨年、年上の音楽プロデューサーと63才で結婚。夏木マリ(64才)は59才、小林幸子(62才)は57才、根本りつ子(57才)は56才で初婚だった。

 阿川さんは20代、30代でお見合いを30回も経験したほど、結婚願望が強かった。あるインタビューで彼女はこう語っている。

《私は、子供の頃から、お嫁さんになって、子供を産むことが、いちばん自分の身の丈に合っているだろうと思っていました》

 しかし、いい出会いは訪れない。彼女は48才の頃、女性セブンのインタビューにこう答えていた。

《35才ぐらいまでは、“結婚こそわが人生”と思っていました。(中略)だけど、だんだん“そもそも私、本当に結婚したかったのか?”って思い始めたんです》

 そして「出産」の年齢的なリミットが近づいてくると、阿川さんに“心境の変化”が起こり始めたという。

《「独身で、子供のいない人生が不幸とは限らないだろう」って思ったら前向きになれて…。一種の“開き直り”のようなものが芽生えてきたんでしょうかね》

 週刊誌のレギュラー対談など連載を数多く抱え、人気エッセイストとしてベストセラーを連発。阿川さんは「働くシングル女性」の理想的存在でもあった。天海祐希(49才)、石田ゆり子(47才)、中谷美紀(40才)など独身で輝き続ける彼女たちは、多くの若い女性たちにとって憧れだ。彼女たちが「結婚できない女」というマイナスイメージで捉えられることは少なくなってきた。

 50才を超えてから恋愛、結婚をするメリットも多い。

「まずは出産で悩まずに済むこと。30、40代で結婚したカップルで、不妊治療の壁にぶち当たってギクシャクするケースは最近、本当に多い。次に親が介入しないこと。阿川さんも20代前半に交際していた男性との結婚を作家の父・弘之さんに反対されたと語っていますが、“ウチの子にはもっといい人がいる”“こんな家柄ではダメだ”と親の口出しは若い男女にとって、意外に高いハードルです。

関連記事

トピックス