• TOP
  • 国内
  • 「すぐにげて!」や「TSUNAMI」NHK津波警報の変化と狙い

国内

2016.11.28 16:00  週刊ポスト

「すぐにげて!」や「TSUNAMI」NHK津波警報の変化と狙い

画面だけで危機感が伝わる(NHK)

 11月22日の早朝、マグニチュード7.3、震度5弱を記録する大地震が福島県沖で起きた。福島の沿岸部では3.11の東日本大震災以来となった津波警報が発令され、福島県内だけで3000人以上が避難した。

 首都圏でもかなりの揺れに見舞われ、慌ててテレビを付けた人も多かったことだろう。そこで目に飛び込んできたのは、これまで聞いたことがないアナウンサーたちの“叫び声”だった。

 NHKでは6時を告げる「おはよう日本」のタイトルコール直後に、「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」という第一報が流れ、福島第一原発の映像に切り替わった。各地の震度を伝えるなか、気象庁が津波警報を発令。その瞬間、落ち着いた口調で定評のある芳川隆一アナの声のトーンが一変した。

「津波警報が出ました。今すぐ逃げてください! 皆さん、東日本大震災を思い出してください。命を守るため、今すぐ逃げ……」

 一時音声が乱れるなか、「津波到達予想時間」が画面に出る。「宮城県6:20」、「岩手県6:30」などとあるなか、福島県だけは「すぐ来る 3m」の表示。

 画面上部には赤い囲みで「すぐにげて!」という巨大なテロップが出た。「すぐ避難を!」と何度かスイッチし、いざ津波が到達すると「つなみ! にげて!」の表記に変わった。

 その間の芳川アナの呼びかけは、どんどん語気を強めていった。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス