• TOP
  • 国内
  • 「逃げ恥」「君の名は。」「おそ松さん」共通するモテ男条件

国内

2017.01.03 16:00  NEWSポストセブン

「逃げ恥」「君の名は。」「おそ松さん」共通するモテ男条件

「恋愛に奥手な男性がモテる時代」と品田英雄氏

 昨年は年初から芸能人や政治家の“ゲス不倫”が世間をにぎわせるなど、改めて〈大人の男女関係〉が問われる1年となった。

 だが、「かつてはオジサンでも恋愛経験の豊富な男性がモテましたが、いまはむしろ逆。若い女性に支持される草食系男子の年齢が上がっています」と話すのは、日経BPヒット総合研究所・上席研究員の品田英雄氏。それは昨年大ヒットしたエンターテインメント作品からもうかがえるという。

 * * *
 昨年、一大ブームを巻き起こしたテレビアニメ『おそ松さん』、映画『君の名は。』、そしてドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』──。この3作品は何の共通点もないように見えますが、いずれも女性から人気の高かった男性の登場人物が“恋愛に奥手”で、いわば草食系でした。

 まず、赤塚不二夫の名作漫画『おそ松くん』たちのその後を描き、2015年10月~2016年3月まで放送された『おそ松さん』は、放送終了後もキャラクターを配したグッズなどが主に女性たちの心を掴み、大きな市場をつくりました。

 ヒットの秘密は、20代になった六つ子たちの人生が、現代の若者の共感を呼ぶようなリアルな設定になっていたことです。パチンコと競馬が大好きなおそ松をはじめ、ナルシストのカラ松、真面目でアイドルオタクのチョロ松……。皆ニートで恋愛経験が少なく、ハローワークでナンパするなんてストーリーも受けました。

 興行収入200億円を突破した青春ラブストーリーのアニメ映画『君の名は。』も、ピュアな高校生の日常生活をうまく再現していました。

 ストーリーは高校生の男女が夢の中で入れ替わる非現実的な作品ですが、イタリアンレストランのアルバイト中に同僚の先輩に秘かに好意を寄せる男子高校生の純粋さ、男女の会話がぎこちなく、微妙な距離を保つ高校生特有の恋愛観が幅広い世代からの共感を集めました。

“恋ダンス”の馴染みやすさも重なって高視聴率を叩き出したラブコメディの『逃げ恥』は、草食系男子の人気を裏付ける作品だったといえるでしょう。

 星野源扮する津崎平匡は、これまで恋愛経験がまったくなく、新垣結衣演じる森山みくりと「契約結婚」をするというストーリー。二人の初々しい関係性や駆け引きはもちろん、平匡の清潔感が視聴者の女性たちから「かわいい」「キュンとくる」などと話題を呼び、回を追うごとに、逃げ恥ファンの年齢層も広がっていきました。

 こうしてみると、ひと昔前にあった「恋愛に奥手な男性はイヤだ」という風潮は、いまや男女とも生涯未婚率が上がり、恋愛をしていない人が増えて変わってきた。そして、年齢を問わず草食系が珍しくなくなった──ということなのかもしれません。もちろん、草食系なら誰でもモテるとは思いませんが、自然に感じる人が多いのでしょう。

関連記事

トピックス