スポーツ

【プロ野球順位予測】村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」

「マッシー」こと村上雅則氏の2017年順位予想

 二刀流で躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 日本人初のメジャーリーガー「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏が注目するのは、古巣であり、MLB挑戦間近の大谷のいる日本ハムだ。

 * * *
 2016年シーズン、開幕から首位を独走していたソフトバンクとの11.5ゲーム差をひっくり返した日本ハム。勢いそのままに、2017年も期待できると思う。

 外野の要でセンターを守る陽岱鋼(29)がFAで抜けたが、その穴を埋める選手に事欠かない。走攻守と三拍子揃った岡大海(25)を筆頭に、谷口雄也(24)、浅間大基(20)ら生きのいい若手が揃っている。巨人からトレード移籍した大田泰示(26)の存在も面白い。外野ポジションのレギュラー争いが、チームに活気をもたらすのは間違いない。

 そして何よりも、ついに“本物の二刀流”になった感のある大谷翔平だ。米大リーグで、25歳未満の海外選手との契約金額に制限が設けられ、2017年オフにメジャー移籍するかは不透明になったが、球団は移籍容認を明確にしたのでモチベーションは高い。メジャー移籍の準備でローテーションを守ることを重視するのか、打撃にも重きを置くのかはわからないが、2016年の「投手で10勝、野手で22本」のラインは間違いなく超えてくる。

 その日本ハムと優勝を争うのはやはりソフトバンクだろう。ただ、セットアッパー・森福允彦(30)が抜けたのは痛い。9回の頭からと決まっているクローザーよりも、得点圏にランナーを置いたピンチでマウンドに上がるセットアッパーのほうが実力が必要。森福離脱の影響で落とすゲームが増えてくるのではないか。2強状態でペナントレースが始まっても、早い時点で日本ハムが抜け出すだろう。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン