芸能

「逃げ恥」で好調TBS 豪華布陣の冬ドラマでもブーム続くか

TBSの冬ドラマの注目作『カルテット』(公式HPより)

 冬ドラマがこれからいよいよ本格的にスタートする。昨年は“ドラマのTBS”が見事、復活。数多くの話題作を提供してきたが、今クールも木村拓哉主演の『A LIFE』など注目作が多い。果たしてTBSは、このブームを維持できるのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、ドラマの見どころと併せて解説する。

 * * *
 昨秋から年末にかけて巻き起こった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ブームがようやく落ち着きつつありますが、1月スタートの冬ドラマでもTBSの勢いが止まりそうにありません。特に15日スタートの『A LIFE~愛しき人~』、17日スタートの『カルテット』は相当な意欲作です。

 まず『A LIFE』。「SMAP解散後の木村拓哉主演作」「キムタクが初の医者役に挑戦」という2点ばかりがクローズアップされていますが、むしろ見どころは、それ以外のところにあります。

 脚本の橋部敦子さんは、僕シリーズ(フジテレビ系)、『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)、『僕のいた時間』(フジテレビ系)などで知られるヒューマン作の第一人者で、医療ドラマの経験も豊富。演出の平川雄一朗さんは、『JIN-仁-』(TBS系)、『とんび』(TBS系)、『天皇の料理番』(TBS系)などを手がけたこれまたヒューマン作の名手であり、TBSドラマのエース格。さらに、プロデューサーの瀬戸口克陽さんは、『華麗なる一族』(TBS系)、『99.9% -刑事専門弁護士-』(TBS系)などで豪華キャスティングを実現させたやり手として知られています。

 そのキャスティングも、ヒロインの竹内結子さん、木村文乃さん、菜々緒さんが“華”を、浅野忠信さん、及川光博さん、松山ケンイチさんが“熱さ”を、柄本明さん、田中泯さん、小林隆さんが“重さ”をもたらすなど盤石。木村拓哉さん演じる沖田一光が「心臓血管、小児の専門外科医」だけに、緊急度の高い患者をめぐって緊張感あふれるやり取りが見られそうです。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン