• TOP
  • スポーツ
  • 大谷翔平の父 会社員との二刀流断念、野球チーム監督に専念

スポーツ

2017.02.06 07:00  週刊ポスト

大谷翔平の父 会社員との二刀流断念、野球チーム監督に専念

“チーム翔平”結成か

 右足首のケガでWBC出場を断念した日本ハム・大谷翔平(22)は悔しさをにじませる。

「出たいと思う大会ですし、投げたいと思う大会。残念な気持ちはある」

 侍ジャパンにとっては大きな痛手となった。小久保裕紀監督(45)にとっても当初の構想を変更せざるを得ないだろう。

 日本中の野球ファンの落胆とは裏腹に、ほくそえんでいるのがメジャーのスカウトたちだ。某メジャー球団のアジア担当者がいう。

「大谷がメジャーで常に2ケタ勝てる素材であることは確信している。怖いのは、酷使によるヒジや肩の状態だけだ。WBCで投げないことは、かえって好評価につながるだろう」

 メジャー移籍への期待は、過熱の一途だ。そんななか、大谷の故郷・岩手県奥州市から気になる情報がもたらされた。地元の大谷ファンがいう。

「昨年末、大谷選手のお父さんが長年勤めていた会社を辞めたんです。近くメジャーへ行く大谷選手をサポートするためではないか、と噂になっている。一緒に渡米するのではないかという話も出ている」

 プロゴルファー・石川遼が米国ツアーに初挑戦した際には、父・勝美氏を中心とした「チーム遼」が帯同してサポートしたように、独身の大谷にとって家族が近くにいることは何より心強いだろう。

関連記事

トピックス